ページ

2009年10月18日日曜日

Pandora情報更新 #10.18

久しぶりにPandora情報更新。まずはCE(模擬)テストから。どうやら無事にテストに合格した模様。といってもLCDケーブル部分が微妙に怪しいのでケーブルにシールドを施すみたいです。ただし基板部分は修正無しでOKみたいなので、予定通り、残りの約4000個も発注したらしいです。良かったですね。これで基板作り直しだと余計なお金と時間が更に掛かってしまうところでしたし。

ただケーブルにシールドを取り付ける事で余計なコストが掛かってしまうのが気掛かりです。よく分かりませんが既に4000個分のケーブルも手配済みだったからケーブル自体を遮断出来るタイプに変更しなかったのかな? だとしたらセカンドバッチからはケーブル自体が新しくなるのかも? でも、そうなるとCEテスト自体を受けなおさないといけなくなって、余計にコストが掛かったりして? CEテストに数十万円は掛かるみたいですしね。まぁわかりませんけど。

ちなみに今回のテストはCEテストそのものではありませんが、CEテストと同じレベルの検査結果が得られるテストなので、ほぼ間違いなく本番も合格するらしいです。本番は検査以外の書類等に時間が掛かるだけみたいで検査内容自体は(ほぼ)同じもののようですし。一安心ですね。

次に以前書いた任天堂64のエミュレーターの続報。Pickle氏が最新版のMupen64PlusのPandora移植版のビデオを公開しています。ビデオを見ると、サウンド無しでも実機レベルのスピードには達していないみたいですが、まだ開発が始まったばかりであり、いくらかの改善の余地が残されているらしいので、将来的には遊べるレベルまで到達出来るかもしれません。特にOpenGL ES関係はまだまだ伸びる可能性があるらしい? といっても、そう簡単には最適化出来なさそうな雰囲気ですけど。ちなみにビデオに入っている可愛らしい喋り声ですが、Pickle氏の娘さんらしいです(笑)。可愛いですね。

最後にケースの話題。どうやらまだ完成していないらしい。間に長期休暇が入っていたとはいえ、思ったより時間掛かりますね。まぁお金の面で妥協しなくちゃいけない部分だから、時間的ロスは仕方ないのかな……。一度出来上がっちゃえば品質だけが問題になる訳ですけど。

そんなケースですが、どうやら今月の25日辺りにいくつかのサンプルが完成するらしいです。その後サンプルをMWeston氏に発送するので、カナダにいるMWeston氏が手にするのが2、3日後になるでしょうね。と言う事でケースで何らかのアクションが起こるのは来週? の半ばから週末にかけてって感じですかね。まぁ月末って感じです。思ったよりケースは長引きますねぇ。とりあえずこんなところかな。

#YouTube
mupen64plus on pandora - YouTube
http://youtu.be/BNHUvR-sKZE

0 件のコメント:

コメントを投稿