ページ

2009年11月10日火曜日

Pandora 1.5

なんかiControlPadの新デザイン見てたら、以前私が書いた戯れ言に近いデザインになったなぁなんて思っちゃいました。
それにコントロールパッドを追加するだけではなく、例えば大容量のバッテリーも搭載できたりしたら、それだけでも需要あるかもなと思ったり。まぁiPod 系が持っているデザインのクールさは損なわれてしまいますけどね。でも、これなら充分PSPの代わりとか務まりそう……。

というか、基本的にiPod touchみたいにキーボードもボタンもなしで、タッチスクリーンのみの本体に、もう少しキレイな形でのはめ込み型ガジェット(ゲームパッドだったり、無茶してクラムシェル型のケースだったり)との統合ができると、かなりいい感じの次世代携帯電話になりそうな気が……。

補足しておくと、新しいiControlPadは大容量の予備バッテリーも内蔵されるらしいです。明言はされていませんが、もしかしたらPandoraのバッテリーをそのまま流用するのかもしれませんね。で、やっぱり下部のコントロール部分はそのままで、上部のiPhone接続部分だけを取り替え可能になるらしい。確証はありませんが、おそらくアタッチメントみたいなので、新型に対応出来るタイプになるんじゃないかなぁなんて思います。以前書いた戯れ言の続き。
ぶっちゃけ、この考えを元にしたPandoraも見てみたかったり……。正直、キーボードはBTで繋げた方がスマートだなぁなんて思っている訳で(苦笑)。中途半端なキーボードになっちゃいますからね。どうしても。
昨日のフォーラムのやりとりを眺めていたら「現状は物理的にケーブルで接続しているけど、Bluetoothで無線接続できた方がいいよね」みたいなやりとりがありました。詳しく無いですが、iPhone OS 3.0からBluetooth利用可能になった? らしいというやり取りがあり、MWeston氏も色々と調べているらしいのですが、確証がとれなかったらしいので取りやめたとか何とか。何か出来るには出来るけど、アップルが認可したメーカーしか許可が降りないとかなんとか。詳細はわかりませんけど。

でも、もしBTでも接続出来るようになったら、おもしろいですよね。もしかしたら、Pandoraの次世代機とか、改良版とかは、本体とキーボード or コントローラー部分に分離したタイプになったりして。ちょっと馬鹿げて見えますが、意外とメリットもあるのではないかと思っています。

まずは本体と分離する事によって、キーボード(コントローラー)のライフサイクルが大幅に延長される事。将来的にも、現在のキーボード配列、あるいは、コントローラーのボタン類が大きく変化する事は無いと思いますからね。わざわざ次世代機用に作り替える必要は無いと思います。

本体の可動部分(ヒンジ部等)を無くす事によって、故障率が低下すると思います。分離する事によって比較的故障率が高いキーボードやコントローラー部のみを交換すれば済みますからね。壊れたら新しいのに交換みたいな感じで。本体とは別に予備バッテリーを内蔵する事によって、可動時間を延長可能。キーボード部分のみでの充電が可能になれば、予備バッテリー充電器としても使用可能。

デザインにもよるが、持ち運び時はキーボードで本体カバー(折りたたむ感じ?)。単純にBluetooth接続出来るモバイルキーボード or コントローラーとしても使用可能。他のデバイス用のコントローラーとしても使える。あるいは、多人数プレイ用のコントローラーとして本体とBluetooth接続。

何か思いつくままにダラダラと書いてしまいましたが、案外メリットある気がしませんか(笑)。まぁかなりダサい感じにはなりそうですが、腕のいいデザイナーに頼めば、そこそこダサい感じまでは引き上げてくれそうな気がします。何もアップル製品レベルにしなくても、実用主義のオタクなら気にしませんて。

#追記
書き忘れましたが本体の設置位置も自由度が上がりますね。レトロゲーム好きには課題だった、縦画面表示とか。見た目は悪いですが再現できないよりはマシでしょうし。

0 件のコメント:

コメントを投稿