ページ

2009年2月27日金曜日

Pandora Menu

Pandoraの最小メニュー試作版。作者はCpasjuste氏。私はPSP界隈について全然詳しくないのですがCpasjuste氏はPSPでは結構有名な開発者みたいですね。特にメニュー周り? 調べてみたらMyPspMenuやCustom Firmware Extenderというアプリを製作しているみたいです。ちなみに、このメニューは「Simple&fast」を前提に設計されているものですから、余計な機能はついていません。というかアプリランチャーですね。以前書いたGmenuの代替版らしいです。

詳細ははっきりしていませんが、Gmenuの改良版も製作しているみたい? ただ、このランチャーよりも高機能なものなので、移植に時間がかかっているみたいです。まぁGmenuは必要性自体が多少問われている気がしないでもないです。何故かというと、中途半端さがあるからです。機能性重視なら、現状のMatchboxでいいですし、軽快さなら今回のようなシンプルなランチャーで十分な気がしていますから。個人的にはですけど。

ただ皆さんに言っておきたい事は、Pandoraのベースシステムはまだまだ発展途上段階という事です。うろ覚えですが、Pandoraのライフサイクル(コミュニティ含めての開発期間)は3-5年くらいと考えられています(個人的見解をだいぶ含んでいます)。ですから、初っ端の完成度はそんなに高くないです。多分。

勿論、発売当初から完成したシステムであるのが一番良いのでしょうが、それが無理な事はマイクロソフトやアップルを見ていれば容易に想像出来ますしね。彼らのような一流メーカーでさえ、発売当初はボロクソに言われていますから。まぁアップルのiPhoneはそこまで叩かれていなかったかな。興味無かったので記憶ないですが。WMなんて未だに叩かれてますからね。かわいそうに。

というかですね。OS含めたバージョンアップがOSS系の華なんだと私は考えています。コツコツとレベル上げていくみたいな。最初はスライムにすら勝てるかわからないみたいな(笑)。レベルアップも楽しみの一つだと考えないと、こういったガジェットは楽しめませんからね。ファームウェアのアップグレード上等ですよ。途中から訳解らない事書いてしまった……。

#YouTube
Pandora Menu - YouTube
http://youtu.be/6BI9c6Mna_k



#外部リンク
Projects
http://mydedibox.fr/

2009年2月26日木曜日

深海魚デメニギス

どういうことなの……。

#YouTube
Macropinna microstoma: A deep-sea fish with a transparent head and tubular eyes - YouTube
http://youtu.be/RM9o4VnfHJU

2009年2月25日水曜日

イー・モバイルのおまけADSL終了?

こちらも発表。間違っていなければ、今までより値上げされますね。残念。
2月まで
ADSL(タイプ1) 1500円/月 - 1500円/月の割引 = 0円
3月から
ADSL(タイプ1) 1500円/月 - 520円/月の割引 = 980円/月
しかもキャンペーン扱いだから2009年9月30日までの期間限定だし。まぁこちらは様子見だから、延長もありえますが……。これじゃイー・モバイルの魅力半減だなぁ。ADSL単体なら安くて1500円。価格コムとかのキャンペーン併用すれば実質更に安いのがあるからなぁ。って、上の計算であっているのか微妙ですけど(笑)。こうなると、やっぱりイー・モバイル本家じゃなくて、MVNOの方がいいかな。ビッグローブなら縛りないし。それにしても残念だ。

#追記
ビッグローブも縛りありました……。しかも、キャンペーン終わって、ショボいキャンペーンになってるし……。残念。

#外部リンク
イー・モバイルご契約者向け「ADSLサービス」の月額基本料を割引3月1日より 「ADSLセット割キャンペーン」を実施|2011年3月31日以前の(旧)イー・モバイル報道発表資料|イー・アクセス
http://www.emobile.jp/cgi-bin/press.cgi?id=629e.co.jp/ig?hl=ja

ご利用料金|セットサービス「ADSLサービス」 | イー・モバイル
http://emobile.jp/service/adslservice/price.html

イー・モバイル新プラン記念キャンペーン:BIGLOBE高速モバイルEM
http://join.biglobe.ne.jp/mobile/hsdpa/campaign/index.html

2009年2月24日火曜日

PandoraとUSB #08

昨日はOTG中心だったので今日はEHCI。おさらいですがPandoraのEHCIは480Mbpsの「HI-SPEED」モード「のみ」しか対応していません。ですのでUSBマウスやUSBキーボード、あるいは「HI-SPEED」モード非対応のUSBモデム、GPS等はそのままでは使用出来ません。それらを使用する為には「HI-SPEED」モード対応のUSBハブが必要です。このUSBハブですが基本的に「バスパワー」と「セルフパワー」という2つがあります。

バスパワーとは、自前の電源を必要としないUSBハブで、モバイル用途にはもってこいなのですが、1ポートに流せる電流が制限されます。普通は1ポートにつき、100mA程度ですね。これではマウスやキーボードは使用できても、USBモデムやGPS、有線LANアダプタ等は使用不可です。

一方のセルフパワーとは、いわゆる電源付きのハブですね。こちらは電源が必要ですが、それぞれのポートにUSB規格最大の500mAを流すことが出来ます。先ほど書いたUSBモデム等が使用可能になる訳です。その代わりに、モバイル用途としては致命的な「コンセント」が必要になってしまいますが……。と、ここまではこの前も書きました。今回は、この辺りをもう少し掘り進めてみます。

結論から書きますが、このPandoraのEHCI問題を解決するUSBハブというのがありました。今回は適当に探したので、もう少し詳しく探せば更にベストなアイテムが見つかるかもしれません。とりあえず紹介しておきます。

1つ目は、OTGの時にも紹介した補助電源タイプのバスパワーUSBハブ。これは別途補助電源、昨日説明したエネループの外部バッテリー「KBC-L2S」や「PowerBank slim 2.0」を必要としますが、4ポート合計で850mA程度、1ポートあたりの最大消費電流は500mA。ですので、規格通りならば、ほぼ全てのUSB機器を動作させる事が可能です。勿論、コンセント無しでOKです。

2つ目は、コンパクトタイプのバスパワーUSBハブ。こちらは2ポートしか使用可能にはなりませんが、接続する機器の消費電流の合計が400mAまで使用可能みたいです。USBモデムの最大値が500mAなので、これだと使えない可能性もありますが……。少し調べた限りだと、E220でだいたい300-400mAらしいです。まぁUSBモデムは駄目だとしても、GPSや有線LANくらいならいけるかも。どうやら、USBハブ自体も電力を消費してしまうので、500mAを丸々供給する事は無理みたいです。仕方がないですね。

ここまで、長々とUSBについて駄文を書いてきましたが、結論から言うと、やっぱりBluetoothを使用した方がスマートだという事ですね。特に通信に関しては……。ただ、イー・モバイルだと上位機種にしか、BT2.0+EDRが搭載されていませんからねぇ。おまけにスマートフォンだからバッテリー消費でかい上に、バッテリー小さいし……。

USBモデムに関しては、新しめの機種ならEHCIに直挿し可能かもしれないので、それにかけてみるのがいいのかも。ただD02HWは、イー・モバイルのMVNO先で使われているから、そちらを使用する場合には必須なんですよね。もしかしたら、来月からイー・モバイルのおまけADSL無くなるみたいだし。そうなったら、イー・モバイルの直接加入の魅力半減ですし。

まぁUSBモデムくらい消費電力が大きい場合は、やっぱり外付けUSB電源を併用した方がいいのかもしれません。サンヨーの大容量タイプだと、500mAで使用しても、240分持つらしいですし。見栄え的にあんまり良くないし、モバイル的にも本末転倒っぽいですけどね。実はPandoraをPHS300みたいに使いたいなぁていう妄想もありますし。USBモデムと無線LANの併用はかなり厳しいですけどね。どちらもゆゆ様並みに大食いキャラですし(電力的な意味で)。USBモデムとBTの組み合わせなら、PHS300系には無いメリットが見出せるかもしれませんけど。

#Amazon


#外部リンク
USB-HUB227BK3【USB2.0ハブ(ブラック・4ポート)】パワフルダブル電源タイプのバスパワー4ポートUSBハブ。ブラック。 - サンワサプライ株式会社
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=USB-HUB227BK3

USB-HEX206BK【手元延長用2ポートUSB2.0ハブ(ブラック)】ワイヤレスキーボード・マウスのレシーバーやUSBフラッシュの使用に最適な手元延長用2ポートUSBハブ。ブラック・0.6m。 - サンワサプライ株式会社
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=USB-HEX206BK&cate=1

2009年2月22日日曜日

PandoraとUSB #07

BeagleBoardのWikiを見ていたら気になる記述を発見。何やらUSB OTGをホストモードで使用する為にはUSB Mini Aで繋がなければいけないみたい。
To operate the Beagle as an OTG Host, you need a special cable -- plus you will need a power brick to power the Beagle, because it is now the host and must supply power to the peripherals. The key is that the cable needs to have a USB Mini-A-male (NOT a Mini-B) to connect to the Beagle. If you have cables with USB male mini connectors, the overwhelming chance is that they are Mini-B. While both Mini-A and Mini-B fit in the Mini-AB connector on the BeagleBoard, there is an internal wiring difference in the Mini-A and Mini-B connectors that allows the BeagleBoard to sense the type; Mini-A have pin 4 connected to GND, whereas Mini-B leave the pin unconnected.
あんまり詳しくないのですが、PandoraやBBのUSB OTGの端子ってMini ABという奴でMini A、Bどちらでも繋げる事が出来るタイプの端子らしいのですが、Hostとして機能するのはMini Aだけらしい(Mini Bとは内部の配線が違うらしい)。これはBBだけでPandoraと関係しているのかはわかりませんが、多分OMAP3全体の仕様だと思うので、そのまま当てはまりそうです。要チェックですな。ちなみに先ほど紹介した「PL-USB-Y01」はMini Aなので大丈夫だと思います。

#追記
多分この説明文が当てはまりますね。何だかややこしい規格だなぁ。
 現時点では、USBを使ったPCとの接続以外についてはシャープから何も公開されていないが、SL-C3000のUSBコネクタは、「ミニAB」と呼ばれるものになっている。ミニABは、OTGで規定されたコネクタで、ミニA、ミニBのオス(Plug)コネクタを装着できるもの。USB OTGに対応したDual-role Deviceが持つ唯一のコネクタであると規定されている。OTGでは、ミニABコネクタに接続されたケーブルは、4番ピンのID信号で区別する。この端子とグランド(GND、5番ピン)の間の抵抗値が10Ω以下の場合にはミニAと判断されホスト動作を行ない、100kΩ以上の場合には、ミニBであると判断しクライアント動作を行なう。したがって、OTGによるホスト機能を使うには、ミニAプラグを持つケーブルが必要となる。

#外部リンク
BeagleBoardBeginners - eLinux.org
http://elinux.org/BeagleBoardBeginners#Important_USB_Cable_Information

塩田紳二のPDAレポート
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/1115/pda38.htm

PandoraとUSB #06

暇なのでまたUSBについて考えてみます。具体的にUSBで何をしたいかという話なのですが第一目標としてはUSBモデムを使いたいという事です。他にもGPSやワンセグ等も考えていますが、そちらは代替手段や実用度からみてUSBモデムより優先度は下がりますからね。今までの調査で日本でポピュラーであろうイー・モバイルの「D02HW」は、すんなりとPandoraで使用できないと言うことが判明しました。具体的には以下の手順が必要らしい。
PandoraのEHCIに、セルフパワーUSBハブを接続し、更にそこからD02HWを接続する。ソフトウェア的には、自動認識して、いわゆるプラグアンドプレイが可能らしい。
一見かなり楽な印象を受けますがPandoraがモバイル用途な事を考えると、この縛りは結構面倒ですね。いちいちセルフパワーUSBハブを持ち歩かねばならない訳ですから。セルフパワーと言う事はコンセントがある場所か、かなりの大容量な外部電源を用意しなければいけませんし。ちなみにバッテリー内蔵のUSBハブというのも存在しているみたいです。日本でも数年前までは発売していた模様。ただバッテリー容量が少ないらしく500mAで使用すると1時間くらいしか持たなかったみたいですね。これじゃ緊急用くらいしか使えませんね。残念。

ここでもう一方のUSBであるUSB OTGについて考えてみます。ドキュメント等によると一応OTGならば現在流通している全てのUSBスピード規格に対応しているらしいのです。ただしOTGでは100mAしか通電出来ず、USBモデム等に必要な500mAは自力では供給出来ません。そこで登場するのが、二股のUSBケーブル。片方を通常の使用方法として使い、もう片方を電力供給のみに使うという、苦肉の策です。

これについて調べてみたのですが、意外とポピュラーな解決方法な模様。現にウィルコムのW-ZERO3系や、イー・モバイルのスマートフォン等では対応製品として売られているみたいですから。それと、USB規格を逸脱しているデバイスでの補助用としても使われているみたいですね。日頃USBデバイスを使っていないので、全然知りませんでした。

今のところPandoraでも使えそうかなと思っている製品として2つ程紹介しておきます。1つはPLANEXの「PL-USB-Y01」。これはW-ZERO3用のオプションとしてウィルコムショップでも紹介されているくらいですから、OTG用途として使用可能かなと思っています。具体的な使い方としては、PandoraのOTGポートにデータ通信用ケーブルを挿して、補助電源用ケーブルを外部電源、例えばモバイルクルーザーや、エネループの外部バッテリー「KBC-L2S」、定番の「PowerBank slim 2.0」辺りに挿して使用するパターンですね。多分これらは安全なのではないかと思います。

もう一つの使用法としては、OTGにデータ通信ケーブル、PandoraのEHCIに補助電源ケーブルを挿して使用する方法。こちらは全てをPandora内で完結できるので、外部電源を持ち歩かなくて済むというメリットがあります。ただ、以前も書いたように、このやり方だとOMAP3の通常の使用法から逸脱する行為なので、使用出来ないか、長期使用時に何らかの不具合が発生する可能性も考えられなくは無いです。多分大丈夫だとは思うのですけどね。

それにこの方法だと、全ての電力をPandoraが負う事になりますので、かなりの勢いでバッテリーが底を付くと思います。大雑把な計算ですが、500mAを全力で使用した場合は持続時間が約半分くらいになるのではないかと思っています。普通の使用法で約8時間(多分)くらいなので、4時間くらいになるのかな? この辺りは実際に使用しないとわかりませんけどね。

「PL-USB-Y01」以外で、使えそうなケーブルとしてエレコムの「USB-M5DPBK」というのがありました。何が違うのかというと差込口の形状。どちらも一長一短ですので、使用したいUSB機器によって選択するのがいいかも。まぁ一番良いのは、自分で二股ケーブルを製作する事かもしれませんね。私は知識が無いので出来ませんけど。長くなりましたが一応ご参考までに。例によって素人の考察ですので内容的に間違いがあるかもしれません。お察し下さい……。

#Amazon





2009年2月18日水曜日

Assembled in TX?

これといって情報もないのですけど、小ネタを一つ。何やらPandoraの組み立てはアメリカで行われる模様。しかもテキサスの工場らしい。何か新鮮な響きですね。テキサス。私の中ではテリーマンか、マイケル・デルの印象しかないのですけど(笑)。多分ですけど、TI関係で工場を紹介してもらったのかもしれませんね。そうだったら、組み立て品質については合格点が出そうですね。ちなみに、ケースは中国の工場に発注しているらしい。CNCケースと同じ工場なので、CNCケースの出来が良ければ、そのままゴーサインが出せるので、MP用のケースの品質も心配する程でもないみたい。

本当はケースだけじゃなくて、組み立てまで中国に発注しようと思っていたらしいですけど(その方がコスト的にはだいぶ安いらしい)、品質的に問題があるので止めたそうです。勿論、全ての中国企業が粗悪品を造る訳ではないですが、Pandoraの製作チームみたいに、素人に毛が生えたような企業だと、相手も足元を見る場合が多く、結果的に「掴まされる」可能性が高いと判断したのかもしれません。個人的な見解ですけどね。こういった製品にしては珍しくPandoraは「アメリカ製品」になる見通しみたいです。正確には「Manufactured in China, Assembled in USA」みたいな感じですかね。多分ですけど。

2009年2月17日火曜日

PowerVR SGX demo

そういえば、Pandora実機上でのPowerVR SGXのデモも公開されていました。関係ないですけど、以前書いたBeagleBoardでのデモの辺りで、BBコミュニティとPandoraコミュニティとで一悶着あったみたいですね。どうも、BB側からするとPandora(特にCraig氏)は情報がいい加減すぎると思われているみたい。確かにそういった印象は無きにしも非ず(苦笑)。

というか、BBのコミュニティに比べると、PandoraのコミュニティはFLOSSに対して認識不足であると感じる部分はありますね。まぁPandoraの成り立ちを考えれば、無理からぬ事だとは思いますけど。もともとは携帯ゲーム機でのエミュ・自家製ゲームのコミュニティですからね。最近はだいぶFLOSS系も流入してきてはいますけど(笑)。

話がだいぶ脱線しました。まぁそんな感じで微妙な感じの両プロジェクトですが、着々と成果物の融合が進んできているみたいです。このOpenGL/ESのドライバーもそうですね。もう少し時間が経てば、今度はPandora側からのエミュレーター・ゲーム系ライブラリ等での成果物がBB、ひいてはOMAP/ARM系のコミュニティ全体へ還元されると思います。早くそうなるといいですね。

余談ですが、ビデオ中に出てくるマウス(なんか豚っぽいけど)のデモに見覚えがありました。どこかで見たなぁと思っていたのですが、遙か昔にMWeston氏が製作していた自分用ゲーム機(笑)でのデモでした。同じデモかは解りませんが、だいぶスムーズな動きしてますね。Pandoraの方。楽しみだなぁ。

#YouTube
PowerVR SGX demos running on a Pandora dev board. - YouTube
http://youtu.be/xeEZq1-AH5I



More PowerVR SGX demos running on a Pandora devboard. - YouTube
http://youtu.be/wnr4HCIoFlk

2009年2月16日月曜日

PandoraとUSB #05

この前書いたPandoraとUSBモデムですが、フォーラムの方でも話題になっていました。結論から言うと、「使える」という事らしいです。

使えるといっても、予想通り「D02HW」(海外ではE220)はFULL-SPEEDまでしか対応しておらず、EHCIに直接挿して使う事は出来ない模様。今回検証を行った、主要デベロッパーの一人であるDJWillis氏は、EHCIにHI-SPEED対応のセルフパワーUSBハブを挟んで使用したみたいですね。残念。

今回はOTGでの使用は行われませんでしたので、そちらでの使用が可能なのかはわかりませんでした。まぁこちらの場合、二股USBケーブルの使用が可能なのかが知りたいので、実験してくれるかわかりませんけどね。話の流れてきに、「自己責任」による使用ならば、理論上は可能というのが大半の見方らしいですが。ただ、推奨は出来ないとの事らしい。

朗報としては、E220よりも新しいUSBモデムである、Huawei E160では、USBハブを経由しないEHCI直挿しで、USBモデムとして認識は出来たそうです。実際の通信までは確認していないそうですけど。

これはかなり嬉しい情報です。Huawei E160がいけると言う事は、同じ系統であるHuaweiのイー・モバイル端末にも可能性が残されているとみて良いと思います。具体的には、「D21HW」と、最近出た「D12HW」。

ただマニュアルを読むと、D12HWの方は「Full Speed」って明記されているんだよなぁ。対して、D21HWの方は何も書かれていない。これをどう見るべきなのか迷います。微かな希望としてD12HWの方はSDカードリーダーの機能も付いている事。こういったカードリーダー系って、速度的にHi-SPEEDの方が普通だと思うのですけど、そうでもないのかな。

まぁ無難なのはD21HWの方ですけどね。こちらはLinuxでの使用報告があれば多分大丈夫でしょうし。というか、実機持っている人にHi-SPEED対応かどうか確かめてもらうのが一番確実な方法なんですけど(笑)。誰かお願いします。

#外部リンク
‘Mobile Broadband’ on the Pandora? @ Distant-Earth
http://blogs.distant-earth.com/wp/?p=51

データ通信カード D21HW | イー・モバイル
http://emobile.jp/products/hw/d21hw/

データ通信カード D12HW | イー・モバイル
http://emobile.jp/products/hw/d12hw/

2009年2月14日土曜日

Bluetoothの謎 A2DP編 #03

今日もしつこくA2DP。微妙ですがZaurusよりもハードウェア的にPandoraに近いであろう、NokiaのN8xxシリーズでのA2DP状況について調べてみました。その辺を適当に書いときます。某フォーラムから引用。
--Current Status--
What works:
-Playing music with mplayer and Kagu and Mediabox through your A2DP headphones!
-Scrolling in Kagu or Mediabox does not cause skipping, usually.
What's not so great:
-CPU usage is ~50% at 320MHz! That'll go through battery life pretty fast.
-No way at all to playback music through A2DP in the default media player
-Skipping can still occur during periods of high CPU usage from other apps.
-Installing still takes a little time at the command line. No need to learn vi or mess around with root privileges though.
まずは動くかどうか。とりあえずは動くらしい。ただし再生できるアプリケーションが限定されているみたいですね。Pandora的にはMplayerで動けばOKなので、その点では大丈夫みたい。Maemoだとデフォルトのメディアプレイヤーが対応していないみたいですね。どのくらい快適なのかですが、正直あんまり快適ではなさそう。

Bluez的にはSBCエンコードをソフトウェアで処理するので非力なCPUしかないSoC系では厳しそう。現にN810でも320MHz動作時でCPU使用率が50%に達する場合もあるみたい。これは厳しい。いくらBTが省電力(2.5mW)でも送り出しにこんな消費するんじゃ意味ないですね。

適当ですがN810で50%(320MHz時)と言う事は600MHz動作時のPandoraで25%。まぁARM自体のバージョンが違うので、一概にどうとは言えませんけど。ARMの話じゃARM11とCortex A8じゃ3倍くらい違うとか言っていた気がしますし。実際はそこまで差が出るとは思えませんけど。まぁ2倍くらいとして10%台半ばくらいですかね。OSとかメモリとかも換算しなくちゃいけませんけど。

希望があるとしたら、やはりDSPの使用ですかね。後はCPUのNEON最適化も。NEONは性能的に微妙らしいですが、DSPの方は結構有望だと思います。現にNokia機でもDSPの使用は試みられているみたいです。更にSBCは最適化しやすいコーデックらしいですし。勿論、そう簡単に最適化できるものではないでしょうけど、将来的にはあり得ると思います。

どちらにしろPandoraでのA2DPは音楽鑑賞や、動画再生時のみに使用するといった使い方しか出来なさそうですね。これでエミュレーターとかも併用するにはCPU負荷がかかりすぎるかもしれません。もしDSPやNEONの最適化が可能になったとしても、他のアプリケーション(PSXエミュ等)でも、同様にDSPやNEONを使用する可能性もありますからね。残念ですけど。

それと、Bluezの対応アプリケーションのリストに書いてあったのですが、XMMSとの相性が悪いそうです。やはりXMMSのデフォルトアプリ化は避けてもらいたいですね。一応、後継としてaudaciousというのがありますし。ただaudaciousって微妙に重いし、不安定なんだよなぁ。最新版はどうなのかわかりませんけどね。

#外部リンク
A2DP works, help me test it? - maemo.org - Talk
http://talk.maemo.org/showthread.php?t=13468

Questions for Nokia - maemo.org wiki
http://wiki.maemo.org/Questions_for_Nokia#Status_of_DSP_SBC_task

Huawei i-Mo HSPA modem with WiFi

寝ようと思ったらスゴいのキター! これとPandoraは最強になれる気がする。イー・モバイルは直ぐにでも買い付けに走るべきだ。

#外部リンク
Huawei i-Mo HSPA modem with WiFi - SlashGear
http://www.slashgear.com/huawei-i-mo-hspa-modem-with-wifi-1334150/#entrycontent

2009年2月12日木曜日

Bluetoothの謎 A2DP編 #02

昨日に続いて、A2DPについて調べているのですが、やっぱり難しい。手元にBT機器が一つもないというのも大きいですが、思ったより日本語での情報が無さそう。というかBTって結構複雑なんですね。プロファイルいっぱいだし。とりあえずPandoraで使うであろうLinuxのBlueZの公式ウェブサイトを見てみたら、結構興味深い事がかかれていました。以下抜粋。
This release contains mostly fixes for the audio support. The SBC encoder should now produce a much better audio quality and its performance should increase noticeably on ARM and x86 platforms.
何というタイミング。どうやら例のSBCコーデックのエンコーダー性能が向上したらしい。そのおかげでARM(とx86)環境での性能が著しく上昇しているみたい。これはおいしい。でも、SBCのエンコードってソフトウェア処理なんですね。てっきりBTデバイス(ドングル等)がハードウェア処理しているのかと思ってた。よくわからん。それともBlueZだからなのかな。

SBCのエンコードがソフトウェア処理という事は、昨日チラッと書いたオプションのMP3やAACの処理もソフトウェアで対処出来るのかなぁ。だとしたら送信側(Pandora)はどうにでもなるって事ですよね。受信側(ヘッドフォン等)は最初から対応していないと駄目ですけど。そんな単純じゃない? 謎がいっぱい。

何か私が思っていたMP3対応と違うなぁ。イメージとしてはMP3やAACに対応している場合なら送受信前の再エンコードをスルー出来る機能なのかと思っていたのですけど、単に再エンコードにSBCじゃなくてMP3やAACを使用出来ますよってだけなのかなぁ。そうだとしたらあんまり嬉しくない機能だな(笑)。単にCPU負荷が上がるだけっぽい。

そりゃ低ビットレートならSBCよりもAACの方が音が良くなりそうだけどさ。結局ある程度以上(300くらい)のビットレートで飛ばす場合、それほどの差がつくとは思えないし。ってSBCの性能がどのくらいかわかりませんけど。調べた感じだとMP3とそれほど変わらないみたい。もちろんビットレートによりますけど。

それより、気になったのはA2DPで飛ばす場合、送り出し側がSBCにソフトウェア処理で再エンコードしなくちゃならないって事です。毎回この処理をするって事は、Pandoraのような非力な機体だと馬鹿にならないコストだなぁなんて思ったりして。普通に音楽鑑賞くらいならどうって事ないでしょうけど、動画だったりゲームだったり、ましてプレステのエミュを使用しながらA2DPで飛ばすなんて事をしたら、結構ヤバい気がします。もしかしたら全然違う事なのかもしれませんけど。ザウルスでの実績を調べてみた方がいいかな。多分同じパターンだろうし。内蔵しているかどうかっていうのはありますけど。

#追記
上で書いたSBC機能の向上ですがバージョン4.28に含まれているみたいです。Pandoraで使用されるであろうAngstromのパッケージを調べてみたらOMAP3用のパッケージは現在4.29みたいです。有難い。

#外部リンク
BlueZ
http://www.bluez.org/

Bluetoothの謎 A2DP編

続いてBluetoothでの音楽鑑賞編です。調べた所、BTで音楽を聴くにはA2DPというプロファイルを使用しなくてはいけないみたいですね。それと、AV機器のリモコン機能を実現するためのプロファイルとしてAVRCP。とりあえず、この2つのプロファイルがあれば、機能的に問題はなさそうです。そのA2DPですが調べてみると意外とややこしい。基本的にSBCというコーデックでやり取りされるみたいですね。以下、某サイトから引用。
A2DP は GAVDP に依存しています。A2DP では、複雑性が低いサブバンド コーデック (SBC) のサポートが必須であり、オプションで MPEG-1 と 2 オーディオ、MPEG-2 と 4 の AAC および ATRAC がサポートされます。
なるほど。最低でもSBCというコーデックをサポートしていなくてはならず、オプションとしてMP3やAACでのストリーム送信もサポートするらしい。A2DP対応と謳っている商品でも実際にMP3やAACまでサポートしている商品はかなり少ないみたいですね。Sonyの商品はMP3対応というのもありましたが。

ちなみに、このMP3対応というのもBluetoothデバイスが送受信ともにMP3に対応していなくちゃいけないのか、受信側だけでいいのかまでは調べられていません。多分、両方共にサポートされていないといけないのでしょうけど。

もしそうなら、Pandoraでは基本的なSBCのサポートしかないだろうな……。多分ですが、このMP3対応みたいなやつは、パソコンのような汎用性のあるデバイス用ではなく、iPodやWalkmanのような、家電製品向けの拡張機能なんでしょうね。まぁどちらにしろ、MP3は使いませんけどね。Ogg厨だし。

さて、肝心のSBCですが、こいつが少しやっかいそう。SBC自体はデコード負荷が少ないコーデックで扱いやすいみたいですが、A2DPで音楽を聴こうとすると、BT機器間の無線部分で、必ずSBCへのエンコード・デコード作業を挟まなくてはならないという事になります(多分)。

となると、例えばPandora内でOgg Vorbisだったデータが、BT機器間ではSBCに再エンコードされて送受信され、そのSBCデータを人間の耳で受け止めるという事になってしまいます。これは残念な事実ですね。必ず再エンコードを挟まなくてはいけなくなる訳ですから。間違っているかもしれませんが(苦笑)。

となると、PandoraでA2DPを頻繁に使う場合、元データはFLACのようなロスレスか、Ogg Vorbisでもビットレートを高めに設定したファイルにしないと、多少残念な結果になるのかも知れません……。まぁ実際に使用した事がないので、何とも言えませんけどね。

それに、A2DPの使用が限定的な場合はあんまり気にする事はないかも。電車に乗っている時とか、人混みでの使用時とか。まわりがうるさいですからね。無線の利便性を考えれば十分実用的ですし。

#外部リンク
ケータイ用語の基礎知識 第259回:A2DP とは
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/keyword/27461.html

2009年2月11日水曜日

Bluetoothの謎

最近Bluetoothについて調べているのですが、いくつかわからない所があります。もっとよく調べれば答えが出てくるのだろうけど。とりあえず気付いた点。主にPandoraで使用する場合。
#PandoraのBluetoothは何?
いい加減な推理ですが、TIのBRF6300の気がします。理由は適当(笑)。HTC DreamのBTがBRF6300だからとか、TIの製品でBTが2.0+EDRなのがこれだからとかそんなのが理由です。Pandoraのソースコードを見て理解できる人なら確実なんでしょうけどね。悲しいかな、私には無理ですからいい加減な推理しか出来ません……。

#Bluetoothの同時接続数は?
ざっと調べた所、7個というのが標準らしい。キーボード、マウス、GPS、モデム、ヘッドフォン(ヘッドセット)、ゲームコントローラー、思いつくところでこんなところですかね。まぁ同時にすべてを使うと言う事は稀でしょうから、あんまり問題はないかな。問題はPandoraのBTが、7個繋げられるかわからないという事ですが(笑)。そのうち判明するでしょう。

#Bluetoothの消費電力は?
これはこの前ちらっと書きましたけど、使用範囲によって3つのクラスがあり、Pandoraが使用するのはクラス2(10M)。消費電力は2.5mW。ただし、これが1個辺りの消費電力なのか、全体(最大7個)の消費電力なのかまではわからなかった。常識的に考えれば、1個ごとなんだろうけど。

#Bluetooth同時使用時の速度低下?
これも調べきれませんでした。1個利用時と7個利用時だと通信速度に差が出るとは思うのですが、その差がどの程度出るのかというが微妙。ただし、以下にリンクするH11Tのデータ通信とA2DPの同時使用の記事を見る限り、それ程の速度低下は無い模様。ちなみに30kbpsくらいの低下らしい。
長くなりそうなので、とりあえず区切ります。

#追記
BTの同時使用の記事ですが、良く読んでみたら同じデバイスでの同時使用ではないみたいです。別々のBT接続での混信についての記事らしい……。んー、あんまり意味ないな(笑)。同じデバイスでの同時使用だとどうなるのか、やっぱりわからん。

#外部リンク
Bluetooth FAQ - Android Open Source Project
https://sites.google.com/a/android.com/opensource/projects/bluetooth-faq

Bluetooth+MacでもOK:かなり優れた“Bluetoothモデム”だ──イー・モバイルの「H11T」をデータ通信端末として使いこなす (4/4) - ITmedia +D モバイル
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0804/07/news100_4.html

2009年2月9日月曜日

GP2X WIZ版Mmuhack

最近はPandoraに夢中で、あんまりGP2X関係を追っかけていないのですが、どうやらWizに動きがあったみたいです。初代GP2XでSquidge氏が開発したMmuhackをGBAエミュのgpSPやPCエンジンエミュのTemperを開発しているExophase氏がWizに移植(新規開発?)した模様。

以前GP2XでMmuhackが開発された時、あまりの性能向上により、Squidge氏はコミュニティより冗談半分で「神」の称号を与えられたりしていたのですが、今回もそれに匹敵する性能向上が見込めそうです。まだ初期段階ながら、既に以下のような性能向上が確認されている模様。ちなみにSquidge氏のコメントの引用です。55%ですか。スゴいですね。

It seems to work just like my original on the gp2x

kk = frames/sec.

Without MMU hack:
root@wiz:/mnt/sd# ./fbtest.gpe
The framebuffer device was opened successfully.
320x240, 16bpp
The framebuffer device was mapped to memory successfully.
kk = 1, time = 1199554732
kk = 101, time = 1199554733
kk = 152, time = 1199554734
kk = 153, time = 1199554735
kk = 152, time = 1199554736
kk = 152, time = 1199554737
kk = 152, time = 1199554738
kk = 153, time = 1199554739
kk = 152, time = 1199554740
kk = 152, time = 1199554741
kk = 152, time = 1199554742
kk = 152, time = 1199554743
kk = 153, time = 1199554744
kk = 152, time = 1199554745
kk = 152, time = 1199554746
kk = 152, time = 1199554747
kk = 152, time = 1199554748
kk = 153, time = 1199554749
kk = 152, time = 1199554750
kk = 152, time = 1199554751

with MMU hack

root@wiz:/mnt/sd# ./fbtestmmu.gpe
The framebuffer device was opened successfully.
320x240, 16bpp
The framebuffer device was mapped to memory successfully.
got uname location 533a8
uname backup: e1a0c00d e92dd810 e24cb004 e1a04000
uname now: e3a000a3 e12fff1e e24cb004 e1a04000
test 1: expected 0xA3, got a3
uname now: e3a000e9 e12fff1e e24cb004 e1a04000
test 2: expected 0xE9, got e9
modifying pagetable at 1d00000
hacking coarse pagetable entry mapping to 2a00000
hacking coarse pagetable entry mapping to 2a00000
[snip!]
kk = 1, time = 1199554908
kk = 186, time = 1199554909
kk = 236, time = 1199554910
kk = 236, time = 1199554911
kk = 236, time = 1199554912
kk = 236, time = 1199554913
kk = 235, time = 1199554914
kk = 236, time = 1199554915
kk = 236, time = 1199554916
kk = 236, time = 1199554917

55% improvement. Nice!

Nice work Exophase, now all we need is a kernel module

2009年2月6日金曜日

H12HWがまた気になってきた

以前考えていたH12HWがまたまた気になりだしてきました。正直、今売られている携帯電話の中で、これといった持ち味もない、というか下手したら一番劣っている機種かもしれませんが、Pandoraと組み合わせるには、なかなか良い機種かもしれないという考えが捨てきれずにいます。運良く? 明日が発売日みたいなので、明日か明後日でも近所の電器屋まで足を延ばしてみるつもりです。天気が悪かったら止めますけど。自動車は使わない方向なので。

そういえば、何故かイー・モバイルのUSBモデムに新機種が追加されてましたね。どうやら、最近書いているD02HWの後釜みたい。でも、あんまり意味ないですよね。上位機種のD21HWがたいして値段変わらないで売られていますから。でも、もしかしたら実売0円近くでパソコンとのセットで売り捌いたりするのかな。それとも、MVNO用の機種として売り込んだりするのだろうか。まぁこのD12HWっていうのはUSB2.0/1.1準拠らしいので、PandoraのEHCIの縛りが解けてそうな気もするのですけどね。詳細は確かめて見ないとわかりませんけど。

2009年2月5日木曜日

Bluetoothの消費電力

今、気になったのでBluetoothについて調べていたのですが、Bluetoothの電力消費量ってこんなに低いのですか? 以下某ウェブサイトより抜粋。
電力
最も一般的に使用される無線はクラス 2 であり、2.5 mW の電力を使用します。Bluetooth 技術は、消費電力を非常に低く抑えるように設計されています。さらに、Bluetooth 仕様では、非アクティブなときには無線の消費電力が低くすることで強化されています。
PandoraのBluetoothもクラス2だから同様ですよね。となると、電話機との通信に2.5mWという事ですよね? 参考としてUSBモデムの消費電力、最大2.5W。2.5Wって2500mWって事ですよね? 2.5mWという事は1/1000って事? あっているのかな。何かスゴいのですけど……。まぁBTの場合、3Gの通信に関しては携帯電話側でするからって事なんでしょうけど。それにしても消費電力低いですね。って本当に合っているのかな?

#外部リンク
The Official Bluetooth® Technology Web Site
http://www.bluetooth.com/Pages/Bluetooth-Home.aspx

2009年2月4日水曜日

Pandoraとモバイル事情

さて、USB問題により、イー・モバイルのUSBモデム「D02HW」が使えないとなると、どうするか? 結論としては、他のUSBモデム(D02HWはHS非対応が明記されているのに対し、他のUSB2.0モデルは書かれていない)に一縷の望みを託してみるか、USBは諦めてBluetoothに賭けてみるかという事になります。

USBモデムについてですが、残念ながら、現段階ではこれ以上探ることが出来ませんでした。実物を持っている方に聞くか、イー・モバイルあたりに問い合わせるかするしかありませんね。残念。Bluetoothの方は多分ですが、Pandoraで使用することは可能だと思います。よっぽどの変な仕様じゃなければ、ドライバーの心配とかないですからね。とかいいつつ、あんまり(全然)BTについて詳しくないですけど。

問題はイー・モバイルのBT端末の調達コストが馬鹿にならないと言う事と、BT端末としてみた場合、WindowsMobile搭載機は電池の持ちが悪い(特にイー・モバイルのスマートフォンはデザイン優先の為に電池の持ちがかなり悪そう)というのがあります。その点を考えなければ、イー・モバイルのTouch Diamond (S21HT)が一番良いのですけどね。って、この話だいぶ前にも書きましね。EMONSTER lite(S12HT)とH12HWの時に。

あーあ、本当に悩ましい問題です。総合的に見て、Touch Diamondが無難なんでしょうけどね。約4万円ですか。Pandoraと併用する場合、ちょっとオーバースペックなんだよなぁ。高いし。

PandoraとUSB #04

この前書いたPandoraのUSB問題ですが、えりおさんにコメント欄で教えていただいた二股USBケーブルをOTGで使用する事により解決かもと思っていたのですが、フォーラムの議論をよく読んでみたら、どうやらそうでもなさそうな気がしてきました。フォーラムの議論でも途中辺りに二股ケーブルによる解決策が提示されているのですが、USBに詳しそうなメンバーから待ったがかかったように見えます。ここからは適当な解釈なので、もしかしたら的外れな意見なのかもしれません。あしからず。

どうやら、二股ケーブルにより増強された電力(ここではOTGの100mAと二股ケーブルの500mAを足した600mA)がOTGに流された場合に、問題が起こる(かも)しれないようなのです。というのも、OTGというのは、もともと携帯機器向けに開発されている規格なので、100mA流す事しか想定されておらず、そこに余計に500mAもの電力を追加することは想定されていない事態ではないかという意見です。多少のマージンが考えられているでしょうが、確かにそこまでは想定していないかもしれません。

それと、OMAP3xに内蔵されている電力保護機構が、この想定外の事態をエラーと認識して、USBの使用を停止させるかもしれないかもというのも考えとしてはあるみたいです。仮に動いたとしてもUSBモデムのように長時間かつ、長期間の連続使用を続けていると、Pandoraそのものに重大なトラブルを与えかねませんしね。うーん、これは困ったかも。

ここまで書きましたが、これは私がフォーラムの意見を勝手に推論したものです。英語の内容を誤解している可能性もあるので、もしかしたら全然違う内容かもしれません。あしからず。

2009年2月3日火曜日

イギリスポンド安すぎ

久々に某巨大掲示板のPandoraスレを見てみたら、相変わらずカオスな状態でした。何人か購入するチャレンジャーもいるみたいですね。私も買いたいところですが、まだ買いません。いろいろ理由はありますが(初物は様子見とか、お金が無いとか……)、大きな理由として、無線LANやBluetoothの絡みで日本国内での利用がグレーゾーンだからというのもあります。

ですから、このブログでPandoraの購入手順等を紹介するのは控えるつもりです。下手に書いてナンチャラ幇助みたいなのに引っかかったら困っちゃいますし(多分無いけど)。買いたい人は自分で調べるでしょうしね。まぁ黙っておけば誰も気付きゃしないのですけどね。一応ブログ等で公開もしたいし。そうなるとあからさまに書いちゃうのもマズいかなぁなんて思ったりして。一応抜け道的なものはあるみたいですけど。その辺りはまた今度書くかもしれません。

まぁいいや、そんな感じで某スレをチェックしていたら、衝撃的な記載を発見しました。以下、転載。勝手に失礼します。
Your original order was for 1x Pandora console to be shipped by
Airmail and totalled £197.77.
The price of the extra items are as follows :

1xTV out cable - £9.99
Upgrade to UPS shipping - £20

So your new total to send is : £227.76
ちょっ、これ安すぎませんか)。これって英ポンドの値段ですよね。227.76英ポンド。試しにGoogleで試算してみた結果がコレです。
227.76英ポンド = 2.89939439 万円
パネェ……。これでTVケーブルと日本までの送料込みですか。まぁこれに海外送金の値段(郵便局で2500円?)たしたとしても、3万円チョイですよね? こいつはヤバい値段だわ。一本イットいた方が良かったかも。

ちなみに、第2期募集からは米ドル基準のみになって、値段も339ドルに値上げするみたいです。これは以前も書いたメモリ増量分の上乗せ価格も含まれています(第一期募集分はサービスらしい)。それと第一期の申し込みを急いでいるのは、第一期分の振込金を原資として、ケースやMPの製造、組み立てを業者に依頼するからみたいですよ。

このお金を管理していた口座が、この前の返金騒ぎの時に凍結されてしまい、2ヶ月チョイの間、何も進展できなかったみたいです。この辺りが素人ですね。まぁ同人プロジェクトみたいなもんだから仕方がないですけどね。弁護士や法務部とかもないだろうし。甘いっちゃ、甘いですけど。値上げですが、これだけ英ポンドが暴落しちゃうと仕方がない部分ありますね。何せ部品の買付等も米ドル決済らしいので。よく見ていないので間違っているかもしれませんけどね。

#外部リンク
英国Amazonでのお買い物が危険すぎる - ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/4200

PandoraとUSB #補足

ちなみに、他のイー・モバイルのUSBモデムなら、もしかしたらEHCIに直付けする事によって動作するかもしれません。例えば「D21HW」とか……。そうだったら嬉しいなぁ……。

#外部リンク
データ通信カード D21HW | イー・モバイル
http://emobile.jp/products/hw/d21hw/

PandoraとUSB #03

と言う事で、今までの状況を軽くまとめてみます。
Pandora(OMAP35x)のUSBは2つある。その2つとは「EHCI」と「OTG」である。EHCIは3つある転送速度のうち「HS」しかサポートしていない。OTGは3つある転送速度を「全て」サポートしている。

EHCIは「HS」対応のUSBハブを併用する事によって、他の転送速度も使用する事が出来る。OTGは電力供給が100mAまでしか供給出来ない(USBの最大供給電力は500mA)。
とりあえず、こんなところですね。で、ここからが今回の本題です。

実は私がこのUSB問題について調べたきっかけというのがイー・モバイルのUSBモデムがPandoraで使えないかなぁという事だったのです。ちなみに「D02HW」。結論から言うと「使えません」でした。ご丁寧にD02HWの紹介ページに以下の文面が書かれていました。
USB 1.1/2.0準拠(※1)
※1 USB2.0Highspeedは非対応となります。
ならば次善策としてOTGに変換ケーブルをかまして取り付ければ大丈夫かもと思いましたが、今度は消費電力の方でアウトでした。D02HWの消費電力は最大 約2.5W / 平均 約1.5W (いずれも通信時) / 約 0.25W(待機時)との事でしたので、最大値での計算だとUSBの最大値500mAギリギリみたいですし(多分)。

だったら、EHCIにHS対応のUSBハブを付ければ大丈夫なのかというと、これも微妙。何故かというと、USBハブ(バスパワード)の場合、1ポートに流せる電力が100mAに制限されるみたいですから。これも素人の憶測ですけどね。と言う事で、もしもPandoraにイー・モバイルのUSBモデム「D02HW」を取り付けようとするならば、以下のようにするしかない模様。
「HS」対応の「セルフパワー」USBハブを用意する。OTGを使用する場合は変換端子も用意する。USBハブに電力を供給できるような場所、あるいは予備電源を用意する。
という事になるみたいです。モバイル用途と考えると現実的ではないですね。うーん、残念。ちなみにUSBモデム以外にも、USBのGPSも「非HS」かつ、消費電力が100mA以上という製品が大半だそうです。まぁこちらはBluetoothの製品を使えば問題ないですけどね。

#追記
バスパワードのUSBハブは1ポートに付き、最低100mA「以上」を流せるようにしないといけないらしいので、製品によっては100mA以上の電力を供給出来るのかもしれません。でもUSBモデム級の500mAギリギリまで1ポートに流せる製品は皆無なんではないかと思います。最後に、以上の考察は完全に素人の戯れ言です。全然間違っている可能性もあります(そちらの方が高いかも)。ですので、あんまり鵜呑みにしないほうが良いかもしれません。詳しい方による、訂正もお待ちしております。その際はぜひともお手柔らかにお願い致します。

#参考リンク
データ通信カード D02HW | イー・モバイル
http://emobile.jp/products/hw/d02hw/

FAQ - Pandora Wiki
http://www.pandorawiki.org/FAQ#Will_my_old_USB_1.1_device_work_on_the_Pandora.3F

BeagleBoard - eLinux.org
http://elinux.org/BeagleBoard#USB

Usb 1.1, 2.0, Otg. What's The Diff? - GP32X.com - GP32 GP2X Pandora The Wiz - open source entertainment
http://www.gp32x.com/board/index.php?showtopic=44712&st=0

PandoraとUSB #02

先ほどはEHCIについて説明したので、もう一つのOTGについても説明します。PandoraについているOTGは、先ほどの説明で出た3つの転送速度を「全て」サポートしているようです。ですので基本的には全てのUSB機器が使用出来ます。ただOTGというのは普通のパソコン用の規格ではなく、モバイル機器向けに考えられた規格なので多少特殊な訳です。

例えばUSB端子の大きさ。先ほども書いた通り、OTGのUSB端子は通常のサイズより小さいサイズなのです。ですから、変換ケーブル等を挟まないと通常のUSB機器と接続する事が出来ません。まぁこの辺りはそれほどたいした問題ではないのですけどね。で、ここからがOTGの問題です。せっかく全ての転送速度をサポートしていて、なおかつUSB端子を変換する事で通常のUSB機器を使えるようになる訳なのですが、OTGにも大きな欠点があります。

それは「供給電力」です。どうやら仕様により、USBの最大供給電力である500mAではなく、100mAしか供給できないのです! 何てこった。といいつつ100mAあればキーボードやマウスといった通常のUSB機器は十分賄えるみたいですけどね。問題は別にあるのです。長くなったので、次に続きます……。

2009年2月2日月曜日

PandoraとUSB #01

暇なのでPandoraについての考察をひとつ。PandoraやBeagleBoardのWikiを読んでみると、USBについての疑問が浮かんできました。PandoraやBBの基本となるSoc「Omap3530」には基本的に2つのUSBポートが付いています。1つがEHCI、もう1つがOTGです。EHCIは普通のパソコンについているサイズで、OTGは携帯機器についているようなミニサイズのやつですね。

ここからが問題なのですが、どうやらこの2つには、それぞれ問題があるらしいのです。EHCIは普通のサイズなのでそのまま大半のUSB機器を挿す事ができます。そこまではOKですね。ただOMAP3のEHCIはUSBの転送速度規格である「LS」「FS」「HS」のうち「HS」しかサポートしていないのです! 参考までにウィキペディアから転送速度についての説明文を引用します。
転送速度
Low Speed(LSモード)‐1.5Mbps
キーボードやマウスなど、高速な通信が必要ない周辺機器に用いる。
Full Speed(FSモード)‐12Mbps
イメージスキャナやプリンタなど、通信速度が要求される周辺機器に用いる。G5 Laser Mouse等、ロジクールの一部のマウスでも用いられている。USB1.1まではこの速度が最大。
High Speed(HSモード)‐480Mbps
大容量ストレージなどを実用的な速度で扱える。USB2.0で新設された。
SuperSpeed(SSモード) - 5Gbps
SSD(Solid State Disk)等の高速デバイスを扱える。USB3.0で新設された。
という事で、残念ながらEHCIではUSBマウスやキーボード、更にスキャナやプリンタ等が使用できないのです……。何てこった。ただし、抜け道としてHigh Speed(HSモード)に対応したUSBハブを併用すれば、LSモード、FSモード共に使用できるようになるようです(多分)。長くなったので、一度終わります。この話はもう少しだけ続きます。

2009年2月1日日曜日

Pandora Prototype Running Angstrom

どうやらPandoraのプロトタイプでAngstromを動かしているビデオが公開されたみたいです。これはなかなか興味深いですね。意外に思ったのはアプリケーションの実行速度です。XMMS(ミュージックプレイヤー)を実行させながら、Firefox(ウェブブラウザー)とGIMP(グラフィックエディター)を立ち上げるというデモを行っていますが、重量級アプリである、この2つが起動中であるにも係わらずXMMSの再生が途切れていませんでした。最近のパソコンではあまり見かけないでしょうが、Pandoraのような携帯機だとメモリ使用量が限られるので結構驚きです。

それと、Firefoxの起動速度。私はリビングでAMD Athlon 650Mhz(K7)、メモリ256MBという骨董品のパソコンを使用しているのですが、Firefox3を起動すると、1分以上待たされます。ちなみにWindows2000です。それに比べると、Pandoraのこの起動時間はかなりのスピードだと思います。GIMPはそうでもないですけど(笑)。まぁ同時期に起動させていますからね。以前の動画でのGIMPはここまで遅くありませんでしたし。というか、私はPandoraでGIMPを使うことはないと思いますけど。画面小さすぎるし(笑)。

それと気になったのがAngstromの内容ですね。多分ですけど、これはEnlightenmentのE17ですよね? 以前もE17のデモを使用していた事もありましたけど、その後にMatchbox版になったと思ったのですけど……。まぁE17はBeagleBoardの方ではデフォルトみたいですし、そっちのイメージからの流用なのかもしれませんけどね。この辺りはどうなっているのかはっきりしてもらいたいところです。個人的にはこれくらいの速さで動くなら、MatchBoxじゃなくてもいいですけどね。

ちなみにEnlightenmentの開発者であるrasterman氏は既にBeagleBoardを入手済みで、Pandoraも予約しているそうです(笑)。そう考えると、デフォルトがEnlightenmentになる事も、将来的にはあり得るかもしれませんね。

もう1つ気になっているのが、XMMSです。正直言いまして、今時XMMSがデフォルトなのはいかがなものかと思っています。実際、既に開発はされていませんしね。それに何より、日本語の扱いがかなり悪いという気がします。今は使っていないのでどうだかわかりませんけどね。確かGTK+2じゃなくて、GTK+でしたし。まぁこの辺りは日本人(というよりマルチバイト圏)じゃないと気付かない点だとは思いますが。適当に書いたので出鱈目かもしれません。あしからず。

最後にブートタイムについて。だいたい30秒くらいですかね。流石に速い訳じゃありませんが、フル環境のLinuxを起動させるから仕方がないかもしれません。最近公開されたMoblinはかなり速いですけど(笑)。あれはIntel以外の環境でも流用できるのかな? もしそうなら、いずれは取り入れられるかもしれませんね。それに前聞いた話ではPandoraはブートは遅いけど、サスペンドとハイバネートが機能するから、普段はそちらを使った方がいいかも、とかいう流れでしたし。どうなるかわかりませんけどね。

#YouTube
Pandora Prototype Running Angstrom - YouTube
http://youtu.be/Nis0OjKmGGY



#外部リンク
News
http://www.rasterman.com/index.php?page=News