ページ

2010年5月12日水曜日

The Humble Indie Bundle

今年に入ってからゲーム分野のオープンソースの動きが活発化しているようです。先日のRyzomのオープンソース化に呼応するかのようにインディーズゲームの数社が結束して行った「The Humble Indie Bundle」という一種のチャリティー企画が大成功したようです。これは全部で5つのゲーム(World of Goo、Aquaria、Gish、Lugaru HD、Penumbra Overture)をパックにした商品で、任意でいくつかの慈善団体への寄付も受け付けるという企画みたいです。

おもしろいところは商品の値段を自分が決める事が出来るという点です。単品で買うとそれぞれ10ドルから20ドルくらいかかるらしいので、例えば10ドルで買ったとしても1つ2ドルなのでかなりおいしい企画ですね。しかもすべてクロスプラットフォーム対応のゲームでLinuxでも遊べるみたいですし。

肝心のゲームですが、正直それほどメジャーじゃないものが多いですが、World of Gooのような超有名なゲームも含まれています。これだけでもかなりお得だと思います。私は体験版しかやった事がありませんけど、はまる人はかなりはまるゲームですね。これだけでも、おもしろい企画だったのですがYouTubeの紹介動画にあるメッセージが隠されているのが発覚したのです。それはもし開催期間中に売上が1,000,000 USDを達成したら、これらのゲームのいくつかのソースコードもオープンソース化するという内容だったのです。

この話を聞いたのが昨日だったのですが、その時点ではまだ800,000 USDくらいだったので、ちょっと難しいかもと思っていたのですが、今日の夕方に確認したら、なんかあっさりと達成していたようです。素晴らしい。裏情報だとどこかの紳士たちがこっそりと大金を注ぎ込んだらしい……。そんな感じで早速ガチムチのウサギさんが「不自由」という名の鎖を引き千切って自由を手に入れたようです。

#Picasa
FREEEEEDOM!

残念ながら、一番人気のWorld of Gooはオープンソース化されていませんが、それ以外のすべてのゲームが今後、オープンソース化されるそうです。素晴らしい。個人的にLugaru HDとPenumbra Overtureは3Dという事もあり、いろいろと応用出来そうな感じで期待しています。まだ始まったばかりなので、これからどう発展していくのかはわかりませんが、確実に良い方向へと進んでくれると思っています。すべての開発者にありがとう。

#YouTube
The Humble Indie Bundle - YouTube
http://youtu.be/M7Aw5C7WQ6g



#外部リンク
The Humble Indie Bundle #4 (pay what you want and help charity)
http://www.humblebundle.com/

Independent Video Games - Wolfire Games
http://www.wolfire.com/

The Humble Indie Bundle : 寄付金$1,000,000超えでソースコード公開
http://www.game-damashi.com/database/?p=4297

割れゲーマーがわずか1セントすら支払わなかった理由 - P2Pとかその辺のお話
http://peer2peer.blog79.fc2.com/blog-entry-1670.html

0 件のコメント:

コメントを投稿