ページ

2010年5月1日土曜日

Ubuntu 10.04リリースだけど……

今日リリースされたUbuntu 10.04を早速インストールしてみました。といってもRCとかも試していたので特別変わった気はしないですけど。とりあえず気になった事。日本語のフォントがおかしい……。うーん、残念。

以前も書きましたが、今回のリリースから日本語Remix版に限らず、本家の方もIPAフォントの派生であるTakaoフォントが採用されるとの事で、日本のみならず世界中のユーザーにも美しい日本語フォントがデフォルトで使用可能になると個人的には大変楽しみにしていたのですけど……。実はBetaの時点でTakaoフォントがデフォルトでは無く少々心配していたのです。

ようやくRCになってデフォルトで採用されたのですが、その時点で既に一部のウェブサイト等で漢字の表示がおかしかったのです。正式版までには修正されているかなぁと思ったのですが、残念ながらRCから特に変化のないままリリースされてしまったようです。まぁ漢字が表示出来ないといった致命的なバグではないので、焦る必要もないですけど、やっぱり見た目が悪いのは第一印象としては悪いですからね。

仕方がないので、同じく今回からUbuntuのリポジトリに収録された原型であるIPAフォントのOTF版をインストールしました。一応、表示のバグ? は直りましたが、何かIPAフォントも幅がおかしい? 前回の修正でTakaoフォントと同じになった訳じゃないのかな。何か全体的に残念な結果になってしまった。

IPAフォントとTakaoフォントの差分が無くなるのが一番の理想型なんですけどね。勿論、一番いいのはIPAフォント自体がより自由なライセンスになって、Takaoフォントみたいに無理にリネームしなくてもよくなる事なんですけど。まだまだ先は長いかなぁ。

気になる方は、otf-ipafont (00302-4)をインストールしてみるのも悪くないと思います。ちなみにUbuntuに収録されているIPAフォントはライセンスの関係でバージョン違いが3つくらいに別れてます。それぞれ微妙に違うので注意してインストールして下さい。最新版はotf-ipafont (00302-4)です。これだけOpenTypeフォントになってますね。後は変種としてotf-ipaexfont (00101-2)も収録されているようです。こちらは通常使用フォントというより、日本語文書作成用といった用途に使うらしい? 詳しくないのでいい加減な知識ですけど。

#追記
待てる人は、いつも通り日本語Remixが出るまで待つ方が無難かも。フォント以外にもいろいろと調整されると思いますし。GW中にはリリースされるかもしれませんし。我慢できない人は本家で遊びましょう(笑)。フォント以外はだいぶいい感じです。時々上部バーの表示がバグったりしてるけど……。

#外部リンク
Ubuntu -- lucid の otf-ipafont パッケージに関する詳細
http://packages.ubuntu.com/lucid/otf-ipafont

Ubuntu -- lucid の otf-ipaexfont パッケージに関する詳細
http://packages.ubuntu.com/lucid/otf-ipaexfont

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Takaoフォント
http://blog.minawa.net/2010/02/takao_4332.html

0 件のコメント:

コメントを投稿