ページ

2010年4月29日木曜日

Pandora情報更新 #04/29-2

続き。前回はハードウェアの話題だったので今回は主にソフトウェアの話題。まずはEd氏のビデオから。ソフトウェアで液晶画面のガンマ値を設定が可能になったというビデオとアナログスティックを通常のアプリケーションで使用可能なったというビデオですね。ガンマ値の変更は主にエミュレーターを使用した時に液晶画面の明るさ等をテレビ画面と同じように設定出来るのがメリットですかね。アナログスティックの方は使い方によってはかなり便利に使えそうです。例えばウェブブラウザーで使用した場合にスクロール等のコントロールに便利そう。多少の慣れが必要になりそうですけど。

そのウェブブラウザーですが以前はMidoriがデフォルトになるかもと書きましたが少し前の話ではGUIにQtを使用したWebkitブラウザーである「arora」に変更になるかもとの事でした。何でもEd氏の試した環境ではMidoriが結構不安定だったらしく、XFCE環境下(GTK+)だというのに、Qt製のaroraの方が安定していたらしい……。ただ他のメンバーからはAngstromにあるMidoriが少し古いやつだっただけで最新版のMidoriならそんな事もないのではとの話でした。この話からだいぶたっているので、今現在はどうなのかわかりませんが一応書いておきました。まぁ一番大きな収穫はPandoraでもデフォルトでQtが使えそうって事ですけどね。とりあえずそんなところかな。

#YouTube
Pandora: The LCD Gamma Manager - YouTube
http://youtu.be/71hehqmv5_c



Pandora: Nub-Settings - YouTube
http://youtu.be/oV_dnjBkImo



#外部リンク
arora - Cross Platform WebKit Browser - Google Project Hosting
http://code.google.com/p/arora/

Pandora情報更新 #04/29

久々にPandoraの話題。前回はWiFiのトラブルが一応解決しそうというお話で終わってました。で、その後何か進展があったのかというと。実はそれほど進んでいなかったり。あくまで組み立て関係での話ですけどね。ソフトウェアの部分ではNotaz氏やDJWillis氏のおかげで着実に進歩しているようです。

とりあえずハードウェアの方ですが、ケースを除く全ての部品が組み立て場所であるイギリス目指して発送されていたのですが、例のアイスランドのフジヤマボルケーノの影響でいつ届くのか分からない状態になっていたようです。その遅れも、ようやく解消したようで、現在ではケース以外の全ての部品がCraig氏の用意した組み立て場所に運び込まれたみたいです。といっても1000個分みたいですけどね。MB部分は700個らしい。

というのも例のWiFiトラブルが700個生産したところで発覚して、それ以上の生産はストップしていたからみたいです。その700個分の修正はMWeston氏自らがイギリスで行うらしい? これはかなりの精密作業なので、MWeston氏が所有している専用器具をイギリスに持ち込んで作業する予定らしい? ちょっといい加減な情報なので不正確かもしれませんが。で、700個以外の新規生産分は引き続きテキサスのメーカーで生産する(している?)みたいですね。勿論そちらは初めから修正された部品を使って生産するみたいです。

散々手こずっているケースですが、今までお披露目されていたケースに塗装してマット仕上げにするみたいです。これには賛否両論でしたが、一応、MWeston氏が塗装されたサンプルケースを実際に見てみて、GOサインを出した事で決着したみたいです。正直、MWeston氏を含めた数人は、いくつかの懸念材料から塗装には否定的だったみたいですけど……。

例えば中国メーカーが塗装を薦める場合は、主に手抜き(外面の汚れ等を塗装で誤魔化して不良率を下げる等)や、有害物質入りの塗料(あくまで可能性ですが)などのマイナス面が多いらしいので……。あくまで一般論であり、この中国メーカーがそうであるとは限りませんけど。後は、塗装が剥げてきた時の見た目の悪さなど。これは多分ですが、MWeston氏が手に取った時に軽く擦ったりして大丈夫な事を確認したと思いますけど。だいぶ気にしていたらしいので……。

一応サンプルとして黒とグレイとピンク? の塗装がされたのですが、上記の見た目の理由から黒色の塗装に決定したらしい。MWeston氏としてはグレイが一番良かったらしいのですが、塗装が剥げた場合に黒色に黒色の方がダメージが少ないから無難という判断になったらしい。まぁ当たり前ですけどね。ピンクは論外かな(笑)。

写真でしか見れませんが、個人的な意見としてはやっぱり塗装していた方が綺麗なのかなぁ。実際に手に取って質感を比べてみたらまた別なのかもしれませんけど。あと、こういった塗装がチートなんじゃないかという意見ですが、それほど珍しい工程ではないみたいです。Ed氏は任天堂DS(初代)も同じく使っていた手法だから、特に問題もないと何度もアピールしてましたし(笑)。ただ、フォーラムのメンバーからは、経年劣化で見た目汚くなったけどねと突っ込まれてましたけど……。まぁ仕方ないですね。長くなったので一旦終了します。

#追記
書き忘れました。肝心のケースですが、Craig氏によると、今週末辺りにはイギリスに到着する予定らしいのですが、今までのケースメーカーの対応から考えると、予定通り送ってくるかは微妙かもしれません……。ちなみに、1000個らしい。

#Picasa

MBがいっぱい(多分、700個?)

本体のバッテリー裏に貼るステッカー? CEマークも書いてありますね。おまけにTux。

マット塗装したケース

問題のピンク。意外といいかも。

組み立て後


左上が無塗装。右上が黒。下がグレイ。



左が黒で右がグレイ。たいして変わんないかも……。フラッシュあり。

フラッシュ無し。

2010年4月24日土曜日

80kidz

最近、能動的に音楽を聴く事があまり無いのですが、80kidzというユニットの音楽には少し興味が出てきました。たまたま耳にした「Go Mynci」という楽曲に引き込まれてしまいました。出だしからガッツリと持っていかれた感じです。一言で言えば「カッコいい」。単純なんだけど力強いというか。私は評論家じゃないし、詳しい訳でもないので、無粋な喩えしか出来ませんので、是非とも自分の耳で感じてみて下さい。やっぱり音楽もいいなぁ。

#YouTube
80KIDZ - Go Mynci - YouTube
http://youtu.be/qRosD2IjC4c



#ニコニコ動画
80Kidz - Go Mynci ‐ ニコニコ動画(原宿)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7239871



#Amazon
Life Begins At Eighty
エイティーキッズ
ケイエスアール ( 2008-08-06 )

THIS IS MY SHIT
80kidz, ザ・シューズ, ゴーストエイプ, デイヴィッド・コックス, ヘイ・チャンプ
ケイエスアール ( 2009-04-15 )

#外部リンク
80kidz - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/80kidz

2010年4月11日日曜日

はっちゃけ早苗さん

何だろう。この写真を見た瞬間に私の中の「ナニか」が反応しましたよ。一体何かはわかりませんが……。今までフィギュアとか見ていいなと思うことはあったけど、ちょっと欲しいと思ったのはこれが2つめです。まぁこれはフィギュアじゃないそうですけど。ちょっと疲れてたりした時に、PCの隣にこの早苗さんが鎮座してたら、悩み事も吹き飛びそうな気がします。なんて表情してやがる……。さすが現人神や。

関係ないけど、「はっちゃけ早苗さん」って聞いて、ふと「はっちゃけあやよさん」ってタイトルが頭に浮かんできました……。思わず、ウィキペディアで調べてしまった。へぇ、名前とうっすらとした記憶しかなかったけど、思わず全部読んでしまった。そして、リンク先の「はっちゃけあやよさんの歴史」まで見てしまった……。更に「きゃんきゃんバニー」のキーワードに反応してしまった自分がいる。

うわぁ、メチャクチャ懐かしいし。スワティ結構好きだったし。ていうか女神様系のストーリーは大好物ですね。この話、だいぶ前にした気がしますけど。ハーレムもの大好物です。ダメ人間でごめんなさい。きゃんきゃんバニーエクストラって結構手広く展開してたんですね。私はPC版しかしらなかったけど、OVAとか出てるし。しかも結構有名な声優使ってるし。ちょっとビックリ。って日曜日の夜に何調べてるんだ……。

#Picasa


#外部リンク
【とらのあなWebSite】とらのあな 東方ソフビシリーズ13 はっちゃけ早苗さん イラスト:空木あんぐ
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/22/0005/00/13/220005001393.html

はっちゃけあやよさん - Wikipedia
はっちゃけあやよさん - Wikipedia

きゃんきゃんバニー - Wikipedia
きゃんきゃんバニー - Wikipedia

2010年4月9日金曜日

Pandora情報更新 #04/08

何か体の調子が悪いです。目はショボくれてるし奥歯は痛いし、おまけに胸の辺りも何故か痛いし。まいった。そんな感じの日常ですが、もはやライフワークとかしてきているPandora情報をお届けします。まずは前回書いたWiFiの速度問題ですが、何とか解決に向かっているようです。残念ながらソフトウェアの不具合ではなくハードウェアの不具合だったみたいです。

といっても、そう深刻な不具合ではなく、「抵抗器」という、とても小さな電子部品が原因だったらしく抵抗器を交換すれば(とりあえず)正常動作に戻るらしいです。ちなみにNotaz氏が実際の抵抗器の写真を掲載していましたが、本当に小さかったのでビックリしました。こんな小さな部品に振り回されていたのかとNotaz氏自身が呆れかえってました。俺の時間を返してくれと。

ちなみにWiFiのドライバーについてですが、いろいろとおもしろい話がでてました。まず、「TIからのドライバー(バイナリ)ってないの? それがあれば、ソフトウェア(ドライバー)の問題か、ハードウェアの問題かわかりそうなものなんだけど。」という質問が出ていました。これにたいしてNotaz氏が、「そんなものは最初から無いよ。」という答え。

どうやらTIからOMAP3530を購入した際に、これにあうWiFiチップという事で、同じTI製のWiFi/BTチップを薦められたらしいのですが、その際にドライバーはTIとNDA(秘密保持契約)を結んだ人物のみにソースコードを配布するという条件だったみたいです(多分)。そこで、ハードウェア担当のMWeston氏がNDAを結んでソースコードを手に入れたのですが、本来ならカーネル担当のNotaz氏にもNDAを結んで開発に参加して貰いたかったみたいなのですが、ボランティアで参加しているNotaz氏としては、勤めている会社との兼ね合いもあるし、そこまでの協力は出来ないと断ったらしいのです。まぁ仕方ないですね。あくまでボランティアなんですし。

そこで暫くWiFiドライバーの件は停滞していたのですが、ある時に例のAndroid向けのドライバーがオープンソースとして公開されたのです。これは私も取り上げたので覚えていました。ただ、そのドライバーの出来がいまいち(とりあえず動く程度)だったので、これはだいぶ手が掛かるなぁという流れになっていたところ、今度はNokiaの中の人が、オープンソースドライバーを改良したものを公開してくれたらしいのです。

これはAndroidのものよりもだいぶ改良されていたらしく、これをPandora用にNotaz氏が中心となって改良したものが、現在のPandora用WiFiドライバーらしいです。ちなみに、一番最初のNDAドライバーとAndroidのOSSドライバーは、ほぼ同じ内容だったらしい(多分)。まぁあくまで私が勝手に書いただけなので、真相はちょっと違うかもしれませんが、だいたいそんな感じの流れになっていたようです。長くなったので今日はここまでです。

#追記
抵抗器ですが、何で判明したかというと、以前作成したMB(Rev2/3)の方が、現在のMB(Rev4/5)よりもWiFiのスピードが速い事が判明し、そこから丹念に探っていくとインピーダンスの差が発覚し、更に抵抗器が変更されている事に気づいたそうです。この変更はMWeston氏への報告なしでMBメーカーが行ったものらしく、この事が判明するまでにだいぶ時間が掛かってしまったみたいです。

ただ、この抵抗器がそのようなトラブルをまねく事を事前に知らせていなかったPandora側にも問題があるので、一方的にMBメーカーを批難するつもりもないそうです。不幸な事故として処理せざるを得ないですね。何にせよ、原因がわかっただけ良かったです。しかも、思ったより早かったですしね。

#追記
もう一つ追記。実はこの問題が発覚した後に、Craig氏が元TIのWiFi専門家に助けを求めたらしい。その際に報酬として数千ポンドを支払ったらしいのですが、残念ながら解決しなかったみたいです。ハードウェアって本当に難しいのですね。そう思うとPandoraプロジェクトは本当に奇跡みたいなプロジェクトですよ。まぁ順調に遅れてはいますけどね(笑)。ガンバレ。

#Picasa
これが問題の「抵抗器」。小さいですね。

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: どう見てもPandoraです。
http://blog.minawa.net/2008/10/pandora_1923.html

2010年4月5日月曜日

Pandora情報更新 #04/05

今週のPandoraコーナー。気がつけば、もう桜の季節です。Pandoraという桜はいつ花開いてくれることやら……。まぁここまで来たら最後まで追いかけていくつもりですよ。ということで、まずはEd氏のビデオから。例のWiFiドングルがついていますね。正直、見た目は悪いですが、どうやら動作自体は問題ないようです。

後はウェブブラウジングの様子ですか。どうやらMidoriがデフォルトのウェブブラウザーになるのかな。残念ながらFirefoxは常用するには重すぎるのかもしれません。とはいってもARM環境でのウェブブラウザーはまだまだ流動的なので今現在の状況が今後も続くとは限りませんし。例えばUbuntuのコミュニティがChromiumベースのARM用ブラウザーを開発中だったり。

他にはミュージックプレイヤー「Exaile」。見た感じちょっと動作が重たそうだし、UIもPandoraに合っているとも思えませんが、AngstromのデフォルトっぽいXMMSよりはだいぶマシかも。正直古すぎますからね。ところでExaileって読み方「エグザイル」で合っているのかな。そうだとしたら、まさかのエグザイルとのコラボですね(笑)。

最後にGUI関係。何か新たに「MiniMenu」っていうGUIが出て来てますね。代わりに前回あったUbuntuの「netbook-launcher」が無くなってます。まだ流動的なのかな。このMiniMenuというのはPMenuよりも更にミニマムなGUIで本当に最小限な機能しかないみたいです。GP2XのGMenu的なもの? 他には内部のWiFiチップの不具合が解消されたらしいです。素晴らしい。まだ詳細がわからないですが一応、350 KB/sは出ているらしい。明日になれば詳細がわかるかもしれません。とりあえず今日はここまで。

#YouTube
Pandora: Surfing the Web with a tiny WiFi stick - YouTube
http://youtu.be/lRL4zi35nVU