ページ

2010年5月30日日曜日

The Humble Indie Bundle のその後 -Lugaru HD-

相変わらず暇なので先日書いた「The Humble Indie Bundle」の追跡調査をしてみようと思います。その前によく読ませてもらっているウェブサイトにThe Humble Indie Bundle の記事が書かれていたので紹介しておきます。1つはSourceForge.JP Magazine。ここは普段はOSS系の話題が主なのですが、時々OSS系のゲームも取り上げているのでありがたいです。特にRyzomなんかは数年前のFree Ryzomでも取り上げてましたし。

もう一つはゲーム系サイト大手の4Gamer.net。ここはOSS系はあまり関係ないですが、結構為になる記事が多いのでよく読ませてもらってます。特に今回の記事はThe Humble Indie Bundle だけじゃなくて、Ryzomも取り上げてくれているので、普段OSS系に興味のないゲームファンにもOSS、あるいはLinuxに興味を持ついいきっかけになったのではないかと個人的には喜んでいます。

前置きはそのくらいにして本題に入りたいと思います。まずThe Humble Indie BundleでOSS化が約束されたゲームは4つ(現在)あります。そのうちの3つが既に何らかの形でOSS化されています。今回はLugaru HDについて調べてみました。ひとくちに「OSS」といっても実際にはいろいろとタイプがあります。GPLやBSDといったライセンスの違いもありますし、またゲームのようなプログラムの場合、ゲーム全体のソースコードか実行エンジン部分のみに留まるのかといった違いがあります。実際The Humble Indie Bundle のゲームもいくつかのパターンにわかれているようです。

今回取り上げるLugaru HDですが基本的に2つのライセンスに分割されているようです。プログラムの実行部分は「GPLv2」。音楽やグラフィックといったコンテンツ部分、いわゆる「asset(資産)」はゲーム会社(Wolfire Games)の独自ライセンスで「無料での頒布、改変は自由だが有料での頒布、改変は禁止」というものらしいです。出来ればクリエイティブ・コモンズにしてくれるとわかり易くて楽なんですけどね。同じような条件も設定出来ましたし。といいつつ私もよく理解出来てませんけど。一応以下のような説明文が書かれていました。「Data」フォルダ以下はGPLv2ではなく独自ライセンスが適用されるって事だと思うのですけど。間違っていなければですが。
All game assets and demo data (should all be in "Data" folder
in the root of the source tree) are not under the same license
as the engine code. Wolfire has allowed the data to be freely redistributed
for non commercial purposes, but it is forbidden to use in any revenue
generating works.
肝心のソースコードですが一応、icculus.orgのツリーが本線らしいです。実際のメインはGoogle Code になってるっぽい? 説明文を読むとCMakeを使うようにしてソースコードのバグ修正とクリーン化、後は無理のない改良が目的らしい。既に3Dモニター対応とゲーム内のダメージバー表示の改良が加えられているみたいです。それとゲーム自体もライセンスに基づき無償で配布されているみたいです。Windows、Mac、Linuxとそれぞれのバイナリ形式で配布されています。

試しに私もLinux版をダウンロードして実行してみましたがなんの問題もなく動きました(Ubuntu 10.04 32bit)。今のところ、全て英語ですが、ゲーム自体はかなりシンプルなので、特に問題もなく遊べると思います。見た目もシンプルなのですが、実際にやってみると結構おもしろいです。まぁ大作という訳ではないですけど。

製作元のフォーラムを読むとBlenderでデータを弄る事が出来るらしいので自分でキャラクターを作ったりして遊べそうです。その際、元データを弄って新キャラ等を作った場合、無料配布前提なら特に問題ないですが有料配布しようとする場合はNGなので注意が必要です。逆に言えば音楽やキャラデータなんかを自分で用意すれば有料無料問わずに配布する事が可能になるのでコミケとかで売ることも可能になると思います。エンジン部分に手を加えた場合はGPLv2に従って(要請があれば)改変部分を公開する義務が生じますけど。って、そういう解釈であっていると思うのですが、当方はプログラマーでも専門家でもないので、間違っているかもしれません。

余談ですが私も最終日にThe Humble Indie Bundle に参加してみました。その際に初めてGoogle Checkout を使ってみたのですが思ったよりも簡単に支払いが出来てびっくりしました。実物がある場合は住所の確認とかで大変でしょうがソフトウェアや音楽ファイルなんかの場合なら日本だろうが外国だろうがもはやあまり関係無い世界になってきましたね。いい事なんでしょうがそれだけ競争が激しくなるって事でもあるので一概に喜べないのかも。特に日本のような国にとってはですけど。

#追記
今調べてみたらassetsの一部がライセンス変更されてました。「CC-BY-SA 3.0」で提供されるらしい! 素晴らしい。残念ながら全てのassetsが再ライセンスされた訳ではないですが、最低限のデータは使用できるようになった(と思う)ので、このassetsを使用した「Open Lugaru」のようなプロジェクトが迅速に開発可能になるでしょう。さらに言えば各Linuxディストリビューションが採用しているライセンスとも相反する事がなくなるでしょうから、リポジトリに収録もしやすくなると思います。本当に素晴らしい事です。

#Picasa
主人公をうどんげに改造……出来ねぇ。

#YouTube
Lugaru HD - Wolfire Games - YouTube
http://youtu.be/LWTxaAj5w-4



Fighting Fundamentals For Lugaru - Wolfire Games - YouTube
http://youtu.be/71Dc5oUzib8



#外部リンク
ユーザーが値段を決めるゲーム集「Humble Indei Bundle」、オープンソース化へ - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/10/05/13/1049247

4Gamer.net — Access Accepted第263回:ゲームのオープンソース化時代到来
http://www.4gamer.net/games/036/G003691/20100517007/

Lugaru HD - Wolfire Games
http://www.wolfire.com/lugaru

Portal:Lugaru - Wolfire Games Wiki
http://wiki.wolfire.com/index.php/Portal:Lugaru

Lugaru - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Lugaru

Wolfire Games Forums - View forum - Lugaru
http://forums.wolfire.com/viewforum.php?f=7

Lugaru goes open-source - Wolfire Games Blog
http://blog.wolfire.com/2010/05/Lugaru-goes-open-source

Zero-day open source contributions - Wolfire Games Blog
http://blog.wolfire.com/2010/05/Zero-day-open-source-contributions

icculus.org headlines
http://icculus.org/news/news.php?id=4590

The lugaru Archives
http://icculus.org/pipermail/lugaru/

icculus/lugaru: Summary
http://hg.icculus.org/icculus/lugaru/

lugaru - Project Hosting on Google Code
http://code.google.com/p/lugaru/

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: The Humble Indie Bundle
http://blog.minawa.net/2010/05/humble-indie-bundle_3975.html

2010年5月29日土曜日

UbuntuにSkypeがきてた

知らないうちにUbuntuの公式リポジトリからSkypeがインストール出来るようになっていたのですね。Skypeって全然使ったことがないから気付かなかった。まぁ私のようなオプソ厨は率先して使いたい代物じゃないのですが別にあっても困らないですからね。というか普通の人はあった方がいいに決まってるし。

Adobe関係と同じように「Ubuntu Partner Repository」を有効にすると使えるようになるのかな。こうやってみると、着実にUbuntuの知名度は上がっていっているのでしょうね。このままいけば、あと数年のうちに一定のシェア獲得も夢物語ではないのかも?

#外部リンク
Skype in Launchpad
https://launchpad.net/skype

“skype” package : Ubuntu
https://launchpad.net/ubuntu/+source/skype

最新バージョンのSkype for Linuxをダウンロード
http://www.skype.com/intl/ja/get-skype/on-your-computer/linux/

Repositories/Ubuntu - Community Ubuntu Documentation
https://help.ubuntu.com/community/Repositories/Ubuntu#Third-Party%20Software%20Tab

2010年5月28日金曜日

Theoraってどうなるの?

GoogleによるVP8のオープンソース化は、マルチメディアのOSS化を望んでいた人々にとっては大変喜ばしい出来事なのですが、以前からこの問題を考えていた人にとっては、少々複雑な気持ちにさせる問題も孕んでいたり……。それは今まで我々の拠り所であった、もう1つのOSSビデオコーデック「Theora」についてです。

普通に考えればTheoraよりも新しい世代のコーデックであるVP8がOSS化された時点で古いTheoraを捨てて、VP8に乗り換えればそれで済む訳ですけど、以前からTheoraを見守ってきた私のような人間からすると少々忍びないと思うのも事実でありまして。まぁお世辞にもTheoraが普及しているとは言えない状況なのでVP8がある今となっては、無理して普及させる必要性は皆無なのは私にもわかるのですけどね。無理矢理にTheoraのこれからを考えてみようかと思います。

まずTheoraの開発はこれからも続くのかという問題。答えは「イエス」。というのもTheoraの前身となったビデオコーデックはVP8と同じ開発元(On2)の「VP3」。名前からもわかるとおりVP8の以前のシリーズですね。ちなみにVP3は2000年にリリースされているようです。最新のVP8がアナウンスされたのが2008年で買収のゴタゴタがあったとはいえ、実際にリリースされたのが今年ですから、約10年前のコーデックですか。実際にはVP6で大きく変化しただけで技術的にはそこまで大きな差はないのかも。もちろん古いですけど。

そんな感じでVP8とTheoraは基本的にはベースが同じなようでMonty氏のコメントを読むとVP8からのフィードバックにより、Theoraもまた進歩する余地は十分にあるしVP8とともにTheoraの開発も進めるとつもりだと書いてあります。まぁリップサービスの可能性も十分にありますけど。

ただ既にTheoraのビットストリームは凍結されているのでVP8の技術を使って(互換性を維持しつつ)大きく変化させるという事は出来なさそう。って書いている自分もよくわかってませんけど。間違っていたらごめんなさい。その画質ですがVP8のレビューで大きな波紋を呼んでいる例のx.264の開発者さんですら、Theoraの画質はXvidに匹敵する程度になってきているし、最終的にはXvidを超えるかVC-1(WMV9)に匹敵するレベルには到達するのではないかとブログに書いてありましたし。特に今開発中の次期1.2、コードネーム「Ptalarbvorm」はx.264の開発者の助言によって更なる進化を遂げるようですし。確かSSIMについてのアドバイスをしてくれたとかどうのこうの書いてあった気が……。うろ覚えですが。

余談ですがPtalarbvormの解説サイトがあるのですが、そこに何故か「東方妖々夢」のスクリーンショットが(笑)。先日のSteamクライアントの件といい最近ワールドワイドに注目されているなぁ。なんて実際のところ東方みたいな弾幕ゲームの動画は貴重なサンプルとしてビデオコーデックの評価によく使われるらしい。「Lossless Touhou」という名前で広く流通しているらしい。なるほど、たしかに弾幕がウジャウジャ湧いているのはエンコード殺しになりそうですしね。Ptalarbvormの東方サンプルですが目視でわかるくらいに改善されてますね。

そんな感じで画質的にはXvidに匹敵するくらいにはなりそうなTheoraですが今時のハイビジョンのストリーミングは画質はともかくサイズ的に厳しいものがありそうです。逆に云うとSD画質までなら、そこまでサイズ差は出ませんしQVGAサイズなら特に問題なく使えそうな気がします。ハイビジョンも画質だけなら十分なくらい綺麗でした(Big Buck Bunnyで確認)。サイズ的にはx.264と比べると厳しいかな。BBBだとTheoraで866MB、x.264だと691MBだったので、少なくともBlenderの人達は200MBくらいの差があると判断している訳で。これを帯域料で考えたら相当な差になりますからね。特にYouTubeクラスのサイトならなおさら。素直にH.264のライセンス料を払った方が安上がりですし。

そうなるとこれからのTheoraの使われ方はストリーミングよりも、ローカルでの再生、あるいは録画の方が使い道がありそう。ストリーミングもSDクラス以下ならまだ何とかなりそうな気がしますけど。例えばP2Pでのエンコード、デコードとか。ぶっちゃけSkype的な使い方ですね。後はPCに限らない用途とか。例えば防犯カメラとか、車載カメラとか。他にもローエンドの携帯電話での再生とか。その為には画質優先の開発から低負荷でのエンコード、デコードの開発に主眼を置いた方がより現実的なのかもしれません。あとVP8はH.264のようにいくつものプロファイルを乱立させる訳ではなさそうなので同じようなライセンスで既にあるTheoraを低負荷用のコーデックとして推奨するというのもアリなのではないかなぁと個人的に思っています。

これに関連しているかはわかりませんが、私が以前書いたARM向けの最適化とTIのDSPへの最適化が最近になって話題になっていました。特にARMの最適化はGoogle自らがスポンサーになって開発を後押ししていたようです。我ながら先見の明があったななんて(笑)。この2つの最適化は幸運にもPandoraでも恩恵を受けられるので美味しいですね。まぁ今となってはあんまり使わないけもしれないけど。長い割には何が書きたかったのかイマイチわからなくなりましたが、せっかく苦労して開発してきたTheoraですから、これから先も何かの役にたってくれると嬉しいのですけどね。

#外部リンク
Theora update 20100518
http://people.xiph.org/~xiphmont/demo/theora/demo9.html

Open source codec comparison
http://saintdevelopment.com/media/

Interesting times for Video on the Web - Google Open Source Blog
http://google-opensource.blogspot.com/2010/04/interesting-times-for-video-on-web.html

Matthew Gregan — Theora On N900
http://blog.mjg.im/2010/04/16/theora-on-n900.html

Big Buck Bunny
http://www.bigbuckbunny.org/index.php/download/index.php

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: ARM向けOgg/Theora/Vorbis最適化
http://blog.minawa.net/2009/09/armoggtheoravorbis_4386.html

BLOG.MINAWA.NET: libtheora 1.1 (Thusnelda) stable release
http://blog.minawa.net/2009/09/libtheora-11-thusnelda-stable-release_7822.html

2010年5月25日火曜日

Pandora情報更新 #05/25

今週のPandora情報。って実はもうPandoraは組み立てが始まっていて既に何台か発送されている段階みたいです。何かあっけなく完成してしまった。それどころか既に数人のお客さん(コミュニティのメンバー)のところに届いていたりするみたい。現実なんてこんなもんですね。あれだけ待たされていたのに、拍子抜けもいいところです。最後に大きな波乱が起きるのを密かに期待していたのに……。何事もなく完成しちゃうなんてPandoraじゃない!

話によると今日からEd氏も組み立てに参加するらしいので、もしかしたら例のウェブカメラでのストリーミングも見られるかもしれません。ただ組み立て場所のネット環境が悪いので回線的に無理かもしれないとのこと。まぁ今更おっさん達の組立作業なんて特別にみたいとはおもいませんけど。明日以降に大量に到着報告(数十台くらい?)が入りそうなので、詳しいことは明日以降に判明すると思われます。とりあえず今日はここまで。

#Picasa
お客さんに届いたPandora 他にもたくさん写真がありましたがとりあえずこれだけ

WebMのデモサイト

WebMのデモサイトないかなぁと探していたら良さそうなところがあったのでメモ。YouTubeでも再生出来るんだけど何か分かり辛くって。そのうち簡単になるんでしょうけど。手元のウェブブラウザーだとChromiumの最新版で動きました。Chromeの開発者版ももうそろそろ動くようになるらしいのですがUbuntu用だとまだ動きませんでした。FirefoxとOPERAも動くみたいなんですけど面倒くさいので試してません。

ちなみに、このサンプル動画はFFmpeg内蔵のVorbisエンコーダーではなくaoTuVを使用していました。流石です。判別方法は以下のコマンドが使えるそうです。
$ strings Elephants_Dream-360p-Stereo.webm(調べたいファイル名) | grep Vorbis
本家かaoTuVを使っていると、'Xiph.Org libVorbis' か 'AoTuV' が帰ってきます。ちなみに上の動画だと以下のような感じ。
AO; aoTuV b5a [20080330] (based on Xiph.Org's libVorbis)
肝心のVP8ですが、やっぱりTheora的なヌルッとしたぼやけ方がありますね。結構好みが分かれそう。あとTheoraも結構改良されているから最新のTheoraと比べると劇的な違いとまでは個人的には思わないかなぁ。まぁサイズ的には結構改善されてそうですけど。言われるほど最近のTheoraは悪くないと思うなぁ。

#外部リンク
Introducing WebM « Lachy’s Log
http://lachy.id.au/log/2010/05/webm

Experiment with video and audio accessibility
http://www.annodex.net/~silvia/itext/

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: The BBC RAD
http://blog.minawa.net/2009/09/bbc-rad_8773.html

FFmpegのVorbis品質が悪い件

WebMの音声コーデックにXiphのVorbisが正式採用されたのは嬉しいのですが、早速問題が発生しているようです。どうやらFFmpegに内蔵されているVorbisエンコーダーの品質が低くてVorbisの良さを十二分に発揮させる事が出来ていない模様。うーん、残念。余計なことを書くと怒られちゃいそうですが、昔っからFFmpegの開発者は何故かXiph関係の開発には熱心じゃないんですよね。

設計思想の違いがあるのかもしれませんが、VorbisにしろTheoraにしろ、品質よりもエンコードの速さといった部分に注力しているような節があるし。まぁ私のような素人が口を出すことではないのですけど……。問題は、この低品質なFFmpegのエンコーダーが広く使われる可能性が高いってことです。特にWebM関係で。YouTubeも今あるコンテンツをWebMに変換している最中らしいですが、おそらくこのFFmpegを使用して変換している(と思う)のでかなり不安です。

ただでさえ元ファイルからのVorbisへの再変換なので、Vorbisにとっては不利だというのに。これが元ファイルがロスレス(Flac等)なら問題はなかったのですけどね。多分AACとかからVorbisだから、かなりキツそう。まぁ仕方ないと言えば仕方がないのですけど。ただFFmpegに関しては修正出来る余地はまだありますので至急対応して貰いたいですね。WebMの評価もまだ定まっていない時期ですし。ここで下手な印象がつくとこれから先、払拭するのが大変ですからね。

既に、Monty氏(Xiph代表でVorbisのオリジナル開発者)や蒼弓氏(現在、最も優れているVorbisエンコーダー「aoTuV」の開発者)が自らのブログで、この問題について注意を呼びかけておられますのでWebMに興味がある方は目を通しておくといいかも。ちなみにaoTuVはもう直ぐ公式エンコーダーに大部分が取り込まれる予定らしいです。出来ればWebMの発表前に統合されるとよかったのですが世の中そう上手くはいきませんよね。

#外部リンク
Monty - Ogg and WebM technical alert: default FFmpeg Vorbis encoder is broken
http://xiphmont.livejournal.com/51160.html

蒼弓ノート » Blog Archive » WebMとYouTubeとVorbis
蒼弓ノート » Blog Archive » WebMとYouTubeとVorbis

aoTuV - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/AoTuV

2010年5月20日木曜日

Xiph + Matroska + Google = WebM

ふぅ。遂にこの日が来てしまいましたね。既にご存知の方も多いと思いますがGoogleがOn2のビデオコーデック「VP8」をBSDライセンスでオープンソース化し、更にXiphのオーディオコーデック「Vorbis」とオープンソースで開発されているマルチメディアコンテナフォーマット「Matroska」のサブセットを一纏めにした「WebM」プロジェクトを発表したようです。一言で言えば「素晴らしい」です。

以前から個人的にXiphのコーデックに興味があり、自分のブログでも妄想混じりに取りあげていたのですが、まさかこんなに早くオープンなウェブマルチメディア環境が実現するとは思っていませんでした。いやTheoraについてはむしろ遅すぎというか、(大々的に)普及するには手遅れかもなぁという感じはしていたのですが、VP8のオープン化がここまで早いとは正直驚きです。それだけGoogleも危機感があったという事なのだと思いますけどね。何せ仮想敵であるH.264はPC環境に限ればWindowsとMacの両方(最新OS)がデフォルトで再生可能になっている訳ですから。

話が長くなるので端折りますが、正直言ってGoogleだけで考えれば大金を払ってまでOn2を丸ごと買う必要性なんてなかった訳です。H.264はライセンス料が発生するといってもストリーミング側が無料サービスなら(今のところ)料金は発生しない(らしい)し、クライアント側(Chrome)も、法外に高い訳でもない(プライスキャップ制で上限4億くらい?)し、ましてGoogleの資金力からしたら本当に微々たる数字でしょうし、というか今でも既にH.264のライセンス料払っている訳ですしね(Chromeのみ)。

それを何故、わざわざ100億円以上の大金を払ってOn2を買収し、更にその財産とも言える最新コーデックであるVP8をオープンソース化(しかもBSDライセンス)したのか? これはもう「Googleだから」としか言えないですね(笑)。普通の企業ならまず無理かと。

ここからは素人の妄想ですが、Googleも特にVP8に拘りがあった訳ではないと思います。性能面、普及度から見れば、むしろH.264の方が(少なくとも)1枚上手でしょうし。ライセンス料だって年間4億(Chrome)なら10年でも40億円で済むし、既に円熟期に入りつつあるH.264を10年後も使い続ける可能性の方が低いでしょうしね。それをわざわざ(多少)劣るとされるVP8を100億円で購入するなんて。普通ならないですね。だって10年後には現在と同じ価値がある訳ではないのですし。その頃には新しいコーデックが主流になっているでしょうしね。

なら何故買ったのか? まぁいろいろと理由はあるでしょうが、おそらくVP8が独占的技術(とされている)だからだと思います。逆にH.264は大企業連合がオーナーだったのが問題だったのだと思います。特にマイクロソフトやアップルといった独占的企業や日本の家電メーカーといった旧来型のメーカー。そこにGoogleが参加したとしても、たいしたイニシアティブは発揮できず、大胆な行動がとれずに終わるでしょう。そうなるとH.264の次の世代も、現世代と同じようなままで開発されてしまい結局、今と同じような問題をウェブの世界に持ち込んでしまう事になるのを恐れたのではないかと邪推してしまいます。

On2の技術(VP8)は完全なプロプライエタリコーデックであり、そのせいで長年主流になれずにいた訳ですが今回のGoogleの買収により、一気にウェブの救世主たりえる「可能性」を手に入れた訳です。On2の言い分によるとVP8はMPEG系の技術とは別の技術らしいので、パテント問題も回避出来るはず……なのですが、正直ちょっとあやしいところはあるみたいです。そこをH.264系企業に突かれると少々危ない気もしますけどね。

ちょっとおもしろいのが、今回の件でついでに発表されたパートナー企業の顔触れです。MozillaやOperaといった直接関係のある企業やSorensonといったOn2のライバル的企業(VP8がBSDライセンスなので独自で開発するのかな)や、AMDやARM、MIPSやTIといったPCから組み込み系までのハードウェア企業の賛同も取り付けているようです。こうやってみると見事に家電系のメーカーがいませんね。そりゃそうか。そういった企業は既にH.264側ですからね。

ここまで手を回しているのは流石にGoogleですね。結局、今のVP8に足りていないのはこういった実際のハードウェア系との親和性ですからね。そうみるとPC環境以外に普及する可能性は思ったより大きいのかもしれません。本当はまだまだ書こうかと思ったのですが、長くなったのでとりあえず終わります。いつものように何の専門家でもない素人の戯言なので、あまり本気にしないでください。

#追記
ちょっと最後に付け足します。結局何が言いたかったのかというとGoogleは必ずしも現世代(VP8)で、MPEG(H.264)に勝利しようという気はないのではないかという事です。真の狙いは、これからのウェブ世界の重要課題であるビデオコーデック開発の主導権を従来のMPEG連合からGoogleを盟主とするウェブ派企業(旧来の家電メーカーではなく、ARMやMIPSといった組み込み系も含む)連合に移す事なのではないかなぁと。一度移せば、よほど強い利害関係が無ければMPEGに引き戻そうというメーカーも限られそうですし。

Googleとしても後はAndroidみたいに回りのメーカーやOSSコミュニティなんかが勝手に進めてくれそうとか思ってたりして。とにかく、より自由なウェブ環境を構築して今よりもより多い人間をウェブに引き込む事がGoogleの目的でしょうしね。となるとマルチメディアコンテンツの無料(低廉)化を促進して、先進国以外の国々のウェブ依存度を高めることが重要になるでしょうし。

現状、家電メーカーとかは昔からの付き合い等でMPEG側にいる企業もありそうですし、そういったメーカーは次世代からはGoogleにおんぶにだっこした方が開発費が浮くしいいかもと思ってたりして。別に積極的にビデオコーデックの開発をしている企業なんてそんなに多くないだろうし。まぁ妄想ですけどね。

#追記
ちなみに今回の発表ですがXiphの中の人達は当然知っていて、現在Ogg Theoraを開発しているTim氏は既に数週間前からVP8のソースコードと格闘中らしいです。正直あんまりキレイなソースコードじゃないらしい(苦笑)。まぁそれよりももっと酷かったTheora(VP3)を何年もかけてキレイにしていたTheoraの人達は別に驚いてないそうですが。むしろ、そういった経験が既にあるからまだまだ開発に貢献出来ると息巻いているようです。頼もしいですね。

#追記
H.264のライセンス料ですが、むしろ、音声コーデックのAACの方が厄介(高い)らしい。

#Picasa

The WebM Project | Welcome to the WebM Project
http://www.webmproject.org/

Monty - I, FOR ONE, WELCOME OUR NEW WEBM OVERLORDS
http://xiphmont.livejournal.com/50239.html

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Ogg Theora
http://blog.minawa.net/2005/09/ogg-theora_1440.html

BLOG.MINAWA.NET: Ogg Speex
http://blog.minawa.net/2005/10/ogg-speex_1859.html

BLOG.MINAWA.NET: Ogg Theoraの新バージョン
http://blog.minawa.net/2006/06/ogg-theora_68.html

BLOG.MINAWA.NET: Democracy
http://blog.minawa.net/2006/10/democracy_7540.html

BLOG.MINAWA.NET: PenguinTV
http://blog.minawa.net/2006/10/penguintv_6955.html

BLOG.MINAWA.NET: Theora 1.0 released
http://blog.minawa.net/2008/11/theora-10-released_5300.html

BLOG.MINAWA.NET: Google Chromeが気になる
http://blog.minawa.net/2009/04/google-chrome_7060.html

BLOG.MINAWA.NET: Chromiumが結構いい感じ
http://blog.minawa.net/2009/06/chromium_9922.html

BLOG.MINAWA.NET: chromium-browser --glen
http://blog.minawa.net/2009/08/chromium-browser-glen_8161.html

BLOG.MINAWA.NET: The BBC RAD
http://blog.minawa.net/2009/09/bbc-rad_8773.html

Pandora情報更新 #05/19

寝る前にPandoraの話題。前回の更新から2週間くらい経ちましたが、舞台はいよいよ大詰めに向かっているようです。まず散々私たちを苦しめていた中国のケースメーカーがようやく1000個のケースを出荷して、イギリスのCraig氏の元に無事到着したようです。Craig氏も嬉しさのあまりか、到着した時の様子をビデオに録画していたようです。

Craig氏によると到着したケースも十分納得できる品質だったそうです。並行して組み立て予定地の掃除や補修も行われていたようです。そして本日、カナダからMWeston氏がイギリスに到着したらしい。しかも、既にCraig氏と合流して皆で組み立てを開始する(した?)段階にまで話が進んでいる模様。

今日はもう時間がないので、ここまでにしますが、話が本当ならば明日(20日)には製品版の組み立て第1号が完成すると思います。やっとここまで辿りついたか……。とはいえ今までの事を考えたらまだ安心できませんけどね。明日へ続く。

#YouTube
Pandora Delivery - YouTube
http://youtu.be/und4FMtpL7U

2010年5月18日火曜日

ニュースの向こう側

宮崎県の口蹄疫問題のニュースを聞いてふと思った事。今の話題は誰が悪いのかといった責任問題が中心になってしまっているようです。それも国から県、更には個人レベルでの戦犯探しになってきているみたい。何だかなぁ。上手く言えないけど、今やらなくちゃいけない事はそこじゃないと思うのだけど。「誰が悪い」より「どう防ぐか」でしょ。残念ながら、どう防ぐかは既に手遅れな段階になってしまっている気がしますが、とにかく今すべき事は、これ以上の拡散を防ぐ事と、どう解決していくかという事でしょう。それなのに、県の対応が悪かったからとか、最初に対応した職員のせいとか。極めつけは某日刊紙の東国原知事への記事(Twitter)。以下引用。
日刊ゲンダイ ・ 社会/東国原浮かれ知事に天罰 口蹄疫大被害と疫病神知事 お笑い芸人失格人間を知事に選んだ宮崎県民に責任があるのに国の税金で救済は虫が良過ぎないか
ふぅ。以前鳩山総理の時にも書いたけど、あんまりブログで人の悪口を言いたくはないのだけど……。ここまでヒドイ記事? は見たことがないですね。これでも新聞社なんですよね? 一言で言えば頭が悪いですね。一体何様なんですか。知事に対しても、宮崎県民に対してもあまりに失礼すぎるし、他人事過ぎるでしょう。

それに、たとえ犯人がいたとして、たった一人? で、これだけの大災害が簡単に引き起こされてしまうという時点で防衛システムとして破綻しているでしょう。責めるべきならば、そのシステム全体を責めるべきで、個人レベルで責められる問題ではないと思いますけどね。まぁ素人なので下手なことを言う訳にもいきませんけど。

何か世の中、殺伐としすぎてませんか? 事実を知ることは大切な事だけど、ニュースの向こう側にいるのも、自分たちと同じ人間であり、それぞれに人生があるという事を忘れている人が多すぎるのかなと思ったり。上手く言えないけど、情報技術が進んで、一見自動化、機械化されているように見えても、結局は人と人とのやり取りに過ぎないっていう事を忘れてはいけないと思いますね。本質的には昔と変わっていないはずなのに、何か違和感があるんだよなぁ。

2010年5月16日日曜日

Mozcいい感じです

先日導入したMozcですが、なかなかいい感じです。一番驚いているのが、かなり安定している事です。まだ発表されて間もない段階ですが、Linux(Ubuntu)でも特に問題なく動いています。変な挙動も今のところ一切無いですね。シンプルだけど、デフォルトでも十分使えます。まぁ細かく弄りたい人にはまだ満足出来ないかもしれませんが。あと、動作が少し重い時があるかもしれません。私はメモリが4GBあるので特に感じませんが、少し古いパソコンだとメモリやCPU的に多少モタつきがあるかもしれません。

私はもともと文章は短く切って変換していたので、Anthyでもあまり不自由していなかったので、Mozcのサジェストが実用的なだけで十分満足なんですが、試しに以前より長めの文章で区切ってみても、普通に変換してくれますね。WindowsでATOKを使っている人からしたら、まだまだかもしれませんが、少なくとも私のような使い方(ブログ等)なら、十分満足できるレベルだと思いました。

件の辞書ですが、デフォルトの辞書に加えて、UTUMIさんが公開して下さっている辞書が追加されているバージョンだと、かなり満足できるレベルになっていると感じました。少なくとも私のような素人には十分すぎるレベルです。というか、デフォルトの辞書だけでもかなりいい感じです。何か新しめのキーワードも入っているし(笑)。どういう基準で選ばれているのかちょっと興味ありますね。機械的なのかな。

他に気になった点としては、Mozcの公式ウェブサイトに書いてあった事ですかね。英語なので間違った解釈かもしれませんが、Mozcは今までのOSS系かな漢字変換と比べて、かなりセキュリティを重視した作りになっているようですね。現段階でも、十分Linuxで動作するのですが、本来の設計思想からすると、まだ不十分で、更に私的な変換結果等に何らかの暗号化を施す事が考えられているそうです。

WindowsやMacは既に具体的な解決策が示されていましたが、残念ながらLinuxはまだのようです。というのも、もともとの対象であるChrome(Chromium) OS には不要の工程だかららしい。何故かと言うと、Chrome OS はデフォルトで暗号化対策が施されており、わざわざMozc側で対処する必要がないかららしい。なので、Ubuntu等でMozcをパッケージ化する場合は、今の状態に加えて、gnome-keyringで暗号化対策をする必要性があるらしい。なるほど、流石にいろいろと考えられているようですね。素晴らしい。そして、それを惜しげもなくOSSコミュニティに寄贈してくれるなんて……。胸が熱くなるな。いや、本当に感謝です。

デフォルトの辞書ですがdictionary0.txtとdictionary1.txtというファイルがそうなのかな? ちなみにそれぞれ40万語と40万6388語のキーワードが保存されていました。スゴイ量だ……。それに加えて、UTUMIさんの辞書が10万語と9万語も追加されているパッケージを使わせていただいています。あと郵便番号変換もありますね。これも使い勝手が良さそうです。

追加辞書で結構オタク系のキーワードも追加されていますね。デフォルトでも結構あるのですけど、やっぱり追加された方が多いですね。例えば霧雨魔理沙とかの東方系。といっても、主要キャラ全員ではないですけど。何故か博麗霊夢は登録されていなくて、「博麗神社例大祭」は登録されていたり。逆に霊夢はあるけど魔理沙はなかったり。これは霊夢自体が意味のある単語だからかな。アリス・マーガトロイドは登録されてますね。レミリア・スカーレットもあるか。早苗さんはフルネームだとないですね。何故かナズーリンはあるな。魅魔さまもある。紅美鈴もある(笑)。

#Picasa
Ubuntu用パッケージのアイコンがまた変わってました

#デフォルトの辞書? に含まれていた激アツなキーワード。
どういうことなの…

ボっ

アッー!

#外部リンク
mozc_01
http://www.geocities.jp/ep3797/mozc_01.html

ゴンさんとは (ボとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
ゴンさんとは (ボとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

2010年5月13日木曜日

Mozc使ってみました

先日、電撃的に発表されたGoogle 日本語入力のオープンソース版「Mozc」ですが、早速Ubuntu用にパッケージングしてくれた方がいらっしゃったので、有り難く使わせていただきました。まだ20分くらいしか使ってませんが思ったより安定していて使い易いです。まだいろいろな設定が出来ないので極めてシンプルな使い方しか試せていませんけど。

ただ「Google 日本語入力」で使われていたGoogle謹製の辞書が諸事情によりMozcには使われていないのでGoogle 日本語入力に慣れている人からすると少し残念な内容かもしれません。私はあまりウィンドウズを使っていないのでAnthyとしか比べられませんけど。今のところAnthyよりもいい感じです。といってもAnthyにもそれほど不満はありませんけどね。確かに時々変な変換されて困る事もありましたけど。

何より、これから先の開発を考えると実質開発が終了しているAnthyよりもこれからどんどんと開発される(であろう)Mozcの方が期待度は高いですしね。特にGoogle 日本語入力というプロジェクトとも関連がありますし。この分だとUbuntu 10.10辺りにも導入される可能性もあるかもしれませんね。デフォルトになるかはわかりませんけど。とにかく期待大です。関係者の方々に感謝です。これだけじゃつまらないので一応、スクリーンショット撮ってみました。まだまだシンプルですね。ついでに変換候補のサンプル。おっぱい先生ってどういうことなの…。

#追記
「おっぱい先生」って芸人さんのネタなのか。初めて知りました。

#追記
どうやら初期のアイコンがライセンス問題に触れる可能性があったみたいで、新しいアイコンに差し替えられたみたいです。

#Picasa


新しいアイコン。そのうちまた変更されるかもしれませんね。

#外部リンク
mozc - Mozc - Japanese Input Method for Chromium OS, Windows, Mac and Linux - Google Project Hosting
http://code.google.com/p/mozc/

Google Japan Blog: Google 日本語入力がオープンソースになりました
http://googlejapan.blogspot.com/2010/05/google_10.html

Mozc - Google日本語入力のオープンソース版 - 憩いの場
http://linux.ikoinoba.net/index.php?UID=1273605455

2010年5月12日水曜日

The Humble Indie Bundle

今年に入ってからゲーム分野のオープンソースの動きが活発化しているようです。先日のRyzomのオープンソース化に呼応するかのようにインディーズゲームの数社が結束して行った「The Humble Indie Bundle」という一種のチャリティー企画が大成功したようです。これは全部で5つのゲーム(World of Goo、Aquaria、Gish、Lugaru HD、Penumbra Overture)をパックにした商品で、任意でいくつかの慈善団体への寄付も受け付けるという企画みたいです。

おもしろいところは商品の値段を自分が決める事が出来るという点です。単品で買うとそれぞれ10ドルから20ドルくらいかかるらしいので、例えば10ドルで買ったとしても1つ2ドルなのでかなりおいしい企画ですね。しかもすべてクロスプラットフォーム対応のゲームでLinuxでも遊べるみたいですし。

肝心のゲームですが、正直それほどメジャーじゃないものが多いですが、World of Gooのような超有名なゲームも含まれています。これだけでもかなりお得だと思います。私は体験版しかやった事がありませんけど、はまる人はかなりはまるゲームですね。これだけでも、おもしろい企画だったのですがYouTubeの紹介動画にあるメッセージが隠されているのが発覚したのです。それはもし開催期間中に売上が1,000,000 USDを達成したら、これらのゲームのいくつかのソースコードもオープンソース化するという内容だったのです。

この話を聞いたのが昨日だったのですが、その時点ではまだ800,000 USDくらいだったので、ちょっと難しいかもと思っていたのですが、今日の夕方に確認したら、なんかあっさりと達成していたようです。素晴らしい。裏情報だとどこかの紳士たちがこっそりと大金を注ぎ込んだらしい……。そんな感じで早速ガチムチのウサギさんが「不自由」という名の鎖を引き千切って自由を手に入れたようです。

#Picasa
FREEEEEDOM!

残念ながら、一番人気のWorld of Gooはオープンソース化されていませんが、それ以外のすべてのゲームが今後、オープンソース化されるそうです。素晴らしい。個人的にLugaru HDとPenumbra Overtureは3Dという事もあり、いろいろと応用出来そうな感じで期待しています。まだ始まったばかりなので、これからどう発展していくのかはわかりませんが、確実に良い方向へと進んでくれると思っています。すべての開発者にありがとう。

#YouTube
The Humble Indie Bundle - YouTube
http://youtu.be/M7Aw5C7WQ6g



#外部リンク
The Humble Indie Bundle #4 (pay what you want and help charity)
http://www.humblebundle.com/

Independent Video Games - Wolfire Games
http://www.wolfire.com/

The Humble Indie Bundle : 寄付金$1,000,000超えでソースコード公開
http://www.game-damashi.com/database/?p=4297

割れゲーマーがわずか1セントすら支払わなかった理由 - P2Pとかその辺のお話
http://peer2peer.blog79.fc2.com/blog-entry-1670.html

2010年5月9日日曜日

ドコモのスマートフォン

結局、今日はドコモ関係のお店に行かなかったのですが、昨日貰ってきたカタログとネット検索で、ようやくドコモのスマートフォン(Androidのみ)についての情報が理解出来ました。……多分。結論から言うと、予算が3万円くらいあるならXPERIA、そんなに出したくないならHT-03Aで2年間我慢しろって事ですかね。調べておいて、結局それかいって感じですが、まぁそんな結論ですね。

単純にXperiaとHT-03Aを比べると、基本スペックの段階で確実に1世代は違うので、これから2年間の縛りがある事を考えると躊躇する事は躊躇するのですが、私の想定する使い方で考えると既に捨て値で売られているHT-03Aに例のb-mobileSIM U300を突っ込んで音声無しのPDA端末兼テザリング要員として使った方がコストパフォーマンス的にはいいかなぁと。だって、今1円ですよ? 二年縛りとはいえ、1円はおいしすぎますね。

それに個人的意見ですが、対抗馬のXperiaも少し決め手に欠くというか、ソフトバンクから出ているHTC Desireと比べちゃうと、ちょっと劣るかなぁと思って。まぁそれでも縛りありで3万円半ばくらいらしいので、2年間使い込むなら、Xperiaの方がいいかもしれませんが。秋頃にはOSもバージョンアップするらしいし。HT-03AもOSが上がるかもしれませんが、正直、ハードウェアのスペック的についていけなくなりそうですしね。画面も小さいし。後、電池が持たないのが気になりますけど。

他に購入時で気になった点といえば、ドコモがやっている「チェンジ割」っていうMNP対策が、私が使っているウィルコムも対象らしいっていう点ですね。普通は携帯電話のみにしか適用されないのだけれど、さすが超大国ドコモです。とはいいつつ、私の場合あと1年くらいウィルコムの縛りがあるので無意味ですけど(苦笑)。もしウィルコム使いで他社に変更を考えている人がいたら、ドコモがいいかもしれませんね。他は多分やってませんし。とりあえず、購入価格についてはこんな感じです。後はランニングコストなんですが、これはXperiaでもHT-03Aでも特に変化ないですね。

貧乏人がせこく使う場合は、タイプシンプル バリューとb-mobileSIM U300を併用するのが良さそうです。その際に、b-mobileSIM U300をスマートフォンに入れて、余ったSIM(タイプシンプル バリュー)を何処かから調達した白ロムに入れれば無駄が無さそう。タイプシンプル バリュー(ファミ割MAX50)で780円、それにiモード付加機能使用料(315円)を付ければ、メール使いホーダイが使えてiモードメールが無制限で使えるらしい。……多分。通話用の白ロム調達とスマートフォンとの2台持ちがネックになるけど、せこく有効活用するのなら、この選択がベストな気がします。……多分。

何度も書いてしつこいですけど、私はあと1年間はウィルコム縛りがあるので意味ないですけどね。ただ、現状だと一年後にはウィルコムとお別れになると思うので、その頃にはXperiaが今のHT-03Aくらいの値段になっているかもしれないし、今のうちからあれこれ調べておいても無駄じゃないかもしれません。

2010年5月8日土曜日

携帯電話の料金プランって……

先日書いたb-mobileSIMが気になったので、近所のヤマダ電機まで行ってきたのですが、残念ながら置いていませんでした。ついでにドコモのスマートフォンの値段でも見ようと思ったのですが、昔と違って値段設定が複雑になってて、正直、何がなんだかわからなかった……。とりあえずパンフレットだけもらって来たのですが、肝心の値段が把握できなかったのが痛かったです。ちゃんと下調べしてから行けばよかった。

ついでに、ソフトバンクモバイルから出てる「HTC Desire SoftBank X06HT」の実物も見たかったのですが、置いていませんでした。何だかなぁ。ドコモのXPERIAとHT-03Aはモックだけ置いてありました。動くAndroidを見てみたかったのですが失敗に終わりました。やっぱり郊外はダメですね。収穫がドコモのパンフレットだけなんて……。残念過ぎる。もし行けたら明日別のお店に行ってみようかな。ドコモショップに直接行ってもいいのだけれど、近所のドコモショップって客よりお店の人の方が多いから気軽に入れないんですよね。特に用がある訳でもないし。

2010年5月7日金曜日

Ryzomがオープンソース化

私の数年来の夢の一つがようやく実現です。まさかこんなに急に来るとは思いませんでしたけど。何が来たかというとフランスのMMORPGである「Ryzom」がオープンソース化したっていうニュースです。詳しく知りたい方はリンク先を辿ってもらうか私が以前書いた駄文を読んでもらえればわかると思います。とりあえず今はここまで。うーん、それにしても素晴らしいニュースです。個人的には今年一番のニュースかも。関係者の皆様に感謝です。

#外部リンク
RYZOM.com: MMORPG, MMO, RPG, Role Playing Games (MMORPGS) :: RPG - MMO :: MMORPG
http://www.ryzom.com/en/index.html

Ryzom - Home - Ryzom Core Development Site
http://dev.ryzom.com/projects/ryzom/wiki

Ryzom - The MMORPG Ryzom goes Free Software! - Ryzom Core Development Site
http://dev.ryzom.com/news/13

商用MMORPG「Ryzom」の全ソースコードがオープンソース化 - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/10/05/07/0753238

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Free Ryzom!
http://blog.minawa.net/2006/12/free-ryzom_2701.html

BLOG.MINAWA.NET: The Free Ryzom Campaign 結果発表……
http://blog.minawa.net/2006/12/free-ryzom-campaign_8487.html

BLOG.MINAWA.NET: Free Ryzomのその後
http://blog.minawa.net/2007/01/free-ryzom_8085.html

2010年5月6日木曜日

Pandora情報更新 #05/06

久々にMWeston氏がビデオを公開した模様。内容はPandoraの実際のバッテリーについてのデモですね。消費電力を測定する機材を使ってPandora実機での一連の動作を行った時の値を測定しているようです。Pandoraのような機器が実際にどのくらいの電力で動くのが「適正値」なのか把握出来ませんが、このビデオを見ると平常運転時で約250-350mAで安定しているようです。注目すべき点は、ウェブ閲覧を行っている所です。MWeston氏のコメントによるとウェブ閲覧時はPandoraに内蔵されているWiFiチップを使用しているそうです。

実際、計測器の値に注目していると、ウェブサイトを新たに更新した時に電力消費が300mA辺りから一気に500mA辺りに跳ね上がっています。そして、ある程度経つとまた300mA辺りに落ち着きます。おそらくウェブサイトの読み込みが完了したので通常運転に切り替わったのでしょう。ここだけで推測するのも乱暴ですが、Pandora内蔵のWiFiチップ使用時の電力は200mAくらいでしょうかね。この値が適正なのかも私には判断しかねますが、少なくとも外付けUSBのWiFiスティックよりかは消費電力的に有利だと思います。

MWeston氏のコメントを読むと平常運転時で「278mA 」らしいです。バッテリー容量は4200mAh。やっぱり4200mAhなんだ。カタログスペックより200mAh多いですね。ラッキー。そんな感じで使うと約15時間持つそうです。素晴らしい。まぁ実際には上に書いたようにWiFiを使用したり、液晶画面をちょっと明るくしたり、はたまたUSBに何か繋いだりするかもしれませんので、15時間からどんどんと短くなっていくでしょうけど。特に液晶の輝度はかなり大きいでしょうね。WiFiは200mAくらいだとしても、ストリーミングしっ放しとかならかなり減るでしょうし。USBも1ポート最大で500mAも持っていってしまうので、最大で使えば半分以下の時間になってしまうかもしれませんし。まぁ幸いPandoraはbluetoothも内蔵しているので、代用できるアイテムはbluetoothを使った製品にした方が無難でしょうね。

それとCraig氏が最初の100個のPandoraをコレクターアイテムとして特別にペイントしてナンバリングし、なおかつ 800Mhzまでクロックアップしたスペシャル品として売り出すかもと言っていますね。正直、どうでもいいネタです(笑)。どこまで本気か知りませんけどね。あと、嘘か本当かわかりませんが、先日、Craig氏に届いた700個のMBなんですが、実は隣の家に放置されていた状態でCraig氏が後から気付いて、運送会社に激しくクレームをだしていたそうなんですが、その運転手さんが解雇されてしまったそうです……。うーん、確かに精密機械ですし、700個もあると総額何百万、何千万になる荷物なので、当然と言えば当然なんでしょうけど……。何か可哀想な気がしてしまいますね。単に私が甘ちゃんなだけなのかもしれませんけど。まぁ本当かどうかわからない話ですし、話によると正規社員ではなかったらしいとの事ですから、そこまで深刻な話ではないのかもしれませんけど……。他人事ながら少し心配です。

何かどうでもいい話書いちゃいましたけど、そんな感じで非常にスローペースながら、物事は終息へと向かってきているようです。後はケースなんですが情報が確かならば明日中には中国からイギリスへと出荷されると思います。まぁ今までの経緯からいって、そうすんなり行くとは思えませんけどね(苦笑)。

#YouTube
Power Consumption - YouTube
http://youtu.be/gH57j7K9WSg



#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Pandora情報更新 #03/25-2
http://blog.minawa.net/2010/03/pandora-0325-2_7888.html

2010年5月5日水曜日

キン肉マン マッスルファイト

いつものようにニコニコ動画を見ていた訳なのですが、またまた素晴らしい動画を見つける事が出来ました。キン肉マンの同人ゲーム「マッスルファイト」を加工、編集した名場面再現動画なのですが、そのクオリティの高さに圧倒されっぱなしです。マッスルファイト自体は数年前から知っていたし、今回のビデオの旧作版も見たことがあったのですが、本当にスゴい出来栄えで驚きました。何ていうかキン肉マン愛に溢れた作品です。本当にキン肉マンが好きな人(達)が作っているんだろうなぁ。

今回のリメイクは7人の悪魔超人編のみですが、本当に名シーンばかり。元がゲームと言う事と、おそらく尺の関係から、だいぶ駆け足になっていますので原作(特にアニメ)を知らない世代にはちょっと分かり辛いかもしれませんが、キン肉マン全盛期のおっさん達からしたら、号泣物の出来栄えです。というか本当にちょっと涙出てきたし。だいぶ前にも書きましたがテリーマンのテーマの格好良さと相まってテリーマンのエピソードはヤバすぎですね。格好良すぎ……。

贅沢な注文ですが、是非ともこの勢いで全エピソードをリメイクしていただきたいです。キン肉マンを知っているおっさんなら絶対に見るべき動画です。

#ニコニコ動画
キン肉マン マッスルファイト -7人の悪魔超人編 前編- ‐ ニコニコ動画(原宿)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10050464



キン肉マン マッスルファイト -7人の悪魔超人編 中編- ‐ ニコニコ動画(原宿)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10050607



キン肉マン マッスルファイト -7人の悪魔超人編 後編- ‐ ニコニコ動画(原宿)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10050770



#外部リンク
マッスルファイト - Wikipedia
マッスルファイト - Wikipedia

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: 近況報告
http://blog.minawa.net/2005/05/blog-post_1910.html

BLOG.MINAWA.NET: テリーマン
http://blog.minawa.net/2005/05/blog-post_1927.html

BLOG.MINAWA.NET: キン肉マン
http://blog.minawa.net/2005/06/blog-post_9684.html

BLOG.MINAWA.NET: キン肉マンII世
http://blog.minawa.net/2005/06/ii_3935.html

BLOG.MINAWA.NET: ゆでたまごって
http://blog.minawa.net/2005/06/blog-post_5390.html

Linux Steam Client

そういえば、つい最近SteamのLinuxクライアントが開発されているというニュースがありましたね。私の妄想にまた一歩近づいた訳ですが、その時に公開された世界初のLinux版Steamクライアントの写真に思わぬネタが仕込まれていたのを発見しました。下がその写真なんですが、よく見てください。

#Picasa

わかりましたか? よく見ると「scarlet_weather_rhapsody-yuyuko.png」というサムネイルが写っているのがわかります。ええ、まさかの東方緋想天が世界デビューです。この投稿者はゆゆ様好きなのでしょうかね。よりによって全世界規模のスクープ記事に、こんな爆弾が仕込まれていたなんて。

さすが東方、やる事がワールドワイドやでぇ。ちなみに、このスクープ記事は本家Engadgetで記事になっていました。残念ながら別の写真が採用されていましたけどね。それにしても本当にLinuxにSteamがやってくる日が来るのだろうか……。

#外部リンク
[Phoronix] Here's The First Screenshot Of The Linux Steam Client
http://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=ODIwNQ

Screenshots emerge of Steam Linux client, BeOS wonders if it's next -- Engadget
http://www.engadget.com/2010/05/03/screenshots-emerge-of-steam-linux-client-beos-wonders-if-its-n/

東方緋想天 〜 Scarlet Weather Rhapsody. - Wikipedia
東方緋想天 〜 Scarlet Weather Rhapsody. - Wikipedia

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Steam & Source on the Macについて
http://blog.minawa.net/2010/03/steam-source-on-mac_1218.html

BLOG.MINAWA.NET: Steam & Source on the Linuxの可能性
http://blog.minawa.net/2010/03/steam-source-on-linux_8726.html

BLOG.MINAWA.NET: Steam & Source on the Linuxの可能性 #02
http://blog.minawa.net/2010/03/steam-source-on-linux-02_8733.html

BLOG.MINAWA.NET: Steam & Source on the Linuxの可能性 #03
http://blog.minawa.net/2010/03/steam-source-on-linux-03_4940.html

BLOG.MINAWA.NET: Steam & Source on the Linuxの可能性 #04
http://blog.minawa.net/2010/03/steam-source-on-linux-04_3697.html

BLOG.MINAWA.NET: Steam & Source on the Linuxの可能性 #05
http://blog.minawa.net/2010/03/steam-source-on-linux-05_368.html

2010年5月4日火曜日

Pandora情報更新 #05/04

今週のPandora情報。といっても、いつものようにたいして進展してませんね。肝心のケースに動きがなかったみたいです……。と書こうしてたら、ようやく動きが……。どうやら、今週の金曜日(5/7)に出荷されるみたい? 正直、これ以上遅れる場合は何らかのペナルティを考えるべきだと思いますね。無論、ケースメーカーに対してですけど。引き延ばし過ぎですし。今はきちんと送られてくると思って待つしかないですね。

#追記
Ed氏によると、ケース会社と交渉しているFatih氏が期日になっても出荷しない事に抗議したところ、ケースそのものは出来たけど、今はケースを塗装する為に別会社に持っていっていると言われたらしい……。自前で塗装する訳じゃないのか……。何か複雑ですな。

HT-03Aとb-mobileSIM U300

YouTubeでb-mobileSIM U300の動画を探していたら、実際にHT-03Aに入れてウェブ閲覧をしている動画を発見。案の定、速度はだいたい予想通りかなぁ。まぁあんまり速いとは言えないですね。ただ私的には十分許容範囲内ですけど。何せPHSで鍛えられてますからね。

b-mobileのウェブサイトを見るとスマートフォンでもWebアクセラレーターが使えるようです。これで多少はストレスは解消されそう。こういった辺りは流石に老舗ですね。ウィルコムも見習って欲しいです。って、だいぶ昔に書いた記憶が……。

#YouTube
HT-03Aで、b-mobileSIM U300 を試す - YouTube
http://youtu.be/Hs5fjMo-Ckc



#追記
よく見たら、WebアクセラレーターのProxy名が今までの違うのですね。従来のは以下の通り。
Marion(マリオン) marion.bmobile.ne.jp 32080
Michelle(ミッシェル) Michelle.bmobile.ne.jp 32080
Ian(イアン) ian.bmobile.ne.jp 32080
新しいProxy名は「mao.bmobile.ne.jp」。Yu-Naじゃないのがミソですな(笑)。

#追記
mao.bmobile.ne.jpって、数年前から運用されていたのか……。この前のオリンピック関係なかったのね……。

#外部リンク
設定一覧
http://www.bmobile.ne.jp/devices/setting.html

bモバイル よくあるご質問 Webアクセラレーター
http://www.bmobile.ne.jp/support/qa/accQA.html

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: ウィルコムの高速化サービスとメガプラス
http://blog.minawa.net/2005/12/blog-post_2428.html

b-mobileSIM U300 が気になる……

最近は昔ほど携帯電話というかモバイル関係自体に興味がなくなりつつあったのですが表題の「b-mobileSIM U300」というサービス? が気になりだしています。b-mobileという名前から分かる通り日本通信の通信サービスですね。昔はMVNOと言えば、ほぼPHS(ウィルコム)一択だったのに今は3G(ドコモ)が主流なんですね……。時代の流れとは残酷なものです。と言うことで、このb-mobileSIM U300の中の人はドコモ回線なんですけど帯域制限がされていて上限300kbps(ベストエフォート)に設定されているようです。

今の時代に300kbpsはちょっとツラいかもと思わなくもないですが実際に使用している人のレポートを読むと案外そうでもないらしい。勿論、動画のストリーミングとかは快適とは言えないでしょうが出先でのウェブサイト、メール閲覧やtwitter、ブログ更新なんかの用途ならば特に問題はないようです。

それに加えてドコモならではのエリアカバー率も魅力的です。しかも月々の費用もリーズナブル。1ヶ月、半年、1年間のパッケージがあるのですが1ヶ月で約3000円。半年と1年間ならAmazonの最安価格で月2200円くらいらしい……。素晴らしい。一昔前なら考えられない安さです。

しかも従来のサービスと違って今回のサービスは携帯電話のSIMカードそのものを販売しているので上手く使える製品を探し出せれば、かなり使い勝手が良さそうです。軽く調べたところ日本で手に入る端末ではドコモのAndroid端末2機種や、個人輸入という形になりますがイー・モバイルのPocket WiFi (D25HW)の兄弟機、「Huawei E5830」等が使用できるようです。しかもHuawei E5830はオークション相場で2万円以下で買えるみたいですし。1万円台半ばくらい? 残念ながら音声端末はデータ通信のみ使用可能らしいです。

これはなかなか楽しそうなサービスです。折しも日本でもSIMフリー化の論議が話題を呼んでいますしね。今すぐには無理でも近い将来はこういった通信の自由化が日本でも定着してくれると今よりおもしろい世の中になるのですけどね。今のままじゃ絶対にドコモにはどこも勝てそうにないですし……。私の場合ウィルコムとの契約が後1年くらい残っているので今すぐにどうこうしようとは思っていませんけどね。少なくとも半年くらいは今のままかなぁ。

#Amazon


#外部リンク
b-mobile SIM U300 | SIMフリー時代のsimpleなデータ通信、誕生。
http://www.bmobile.ne.jp/sim/index.html

2010年5月3日月曜日

Ubuntu 10.04 LTS の日本語フォント

昨日書いたUbuntu 10.04 LTS のフォントですが、具体的に書くと新規インストールした状態のFirefoxで特定のウェブサイト(多分固定幅の漢字?)の漢字表示がおかしくなるのです。フォーラム等の情報を見ると、新規インストールではなくアップグレード時にフォント設定が異常になるという報告があり、またその解決策も提示されているのですが残念ながら私の事例には当てはまらないようです。ちなみに、その解決策は以下の通りです。
8.04・9.10からのアップグレード時、フォント設定が異常になる。
8.04か9.10からアップグレードを行った場合、次のような現象に遭遇する可能性があります。
* フォントがビットマップを利用して表示される
* 漢字の一部が繁体字中国語のものになる

このような現象に遭遇した場合、次の操作を行い、古い中国語フォントを削除してください。
このフォントは8.04・9.10までの中国語環境・一部のJAVAパッケージ・TeX環境などで必要とされていましたが、10.04ではttf-wqy-microheiによって代替され、不要となっています。

$ sudo apt-get remove ttf-wqy-zenhei

さらに、これまでの環境でttf-wqy-zenheiに含まれるフォントセットを直接指定していた場合(例:Emacsのフォントセット)、ttf-wqy-microheiに含まれるもの(Wen Quan Yi Micro Hei, /usr/share/fonts/truetype/wqy/wqy-microhei.ttc)に置き換えてください。
新規インストールだと「ttf-wqy-zenhei」がインストールされていないようです。試しに「ttf-wqy-microhei」もアンインストールしてみたのですが、特に意味がなかったようです。とりあえず、どうおかしいのかスクリーンショットを撮ってみました。

#Picasa

もしかして「外観の設定 > フォント > 描画の種類」あたりを弄れば直るのかな? 下手に弄ると戻せなくなるからちょっと気が引けるんですよね。それとも「69-language-selector-ja-jp.conf」の設定を弄った方がいいのかな。素直に日本語Remixまで待った方がいいか。

#外部リンク
LucidLynx/ReleaseNotes/ja - Ubuntu Wiki
LucidLynx/ReleaseNotes/ja - Ubuntu Wiki

Bug #272387 in Ubuntu Japanese Kaizen Project: “VLGothicフォントの句読点の位置がずれる”(表示例)
https://bugs.launchpad.net/ubuntu-jp-improvement/+bug/272387

2010年5月1日土曜日

Ubuntu 10.04リリースだけど……

今日リリースされたUbuntu 10.04を早速インストールしてみました。といってもRCとかも試していたので特別変わった気はしないですけど。とりあえず気になった事。日本語のフォントがおかしい……。うーん、残念。

以前も書きましたが、今回のリリースから日本語Remix版に限らず、本家の方もIPAフォントの派生であるTakaoフォントが採用されるとの事で、日本のみならず世界中のユーザーにも美しい日本語フォントがデフォルトで使用可能になると個人的には大変楽しみにしていたのですけど……。実はBetaの時点でTakaoフォントがデフォルトでは無く少々心配していたのです。

ようやくRCになってデフォルトで採用されたのですが、その時点で既に一部のウェブサイト等で漢字の表示がおかしかったのです。正式版までには修正されているかなぁと思ったのですが、残念ながらRCから特に変化のないままリリースされてしまったようです。まぁ漢字が表示出来ないといった致命的なバグではないので、焦る必要もないですけど、やっぱり見た目が悪いのは第一印象としては悪いですからね。

仕方がないので、同じく今回からUbuntuのリポジトリに収録された原型であるIPAフォントのOTF版をインストールしました。一応、表示のバグ? は直りましたが、何かIPAフォントも幅がおかしい? 前回の修正でTakaoフォントと同じになった訳じゃないのかな。何か全体的に残念な結果になってしまった。

IPAフォントとTakaoフォントの差分が無くなるのが一番の理想型なんですけどね。勿論、一番いいのはIPAフォント自体がより自由なライセンスになって、Takaoフォントみたいに無理にリネームしなくてもよくなる事なんですけど。まだまだ先は長いかなぁ。

気になる方は、otf-ipafont (00302-4)をインストールしてみるのも悪くないと思います。ちなみにUbuntuに収録されているIPAフォントはライセンスの関係でバージョン違いが3つくらいに別れてます。それぞれ微妙に違うので注意してインストールして下さい。最新版はotf-ipafont (00302-4)です。これだけOpenTypeフォントになってますね。後は変種としてotf-ipaexfont (00101-2)も収録されているようです。こちらは通常使用フォントというより、日本語文書作成用といった用途に使うらしい? 詳しくないのでいい加減な知識ですけど。

#追記
待てる人は、いつも通り日本語Remixが出るまで待つ方が無難かも。フォント以外にもいろいろと調整されると思いますし。GW中にはリリースされるかもしれませんし。我慢できない人は本家で遊びましょう(笑)。フォント以外はだいぶいい感じです。時々上部バーの表示がバグったりしてるけど……。

#外部リンク
Ubuntu -- lucid の otf-ipafont パッケージに関する詳細
http://packages.ubuntu.com/lucid/otf-ipafont

Ubuntu -- lucid の otf-ipaexfont パッケージに関する詳細
http://packages.ubuntu.com/lucid/otf-ipaexfont

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Takaoフォント
http://blog.minawa.net/2010/02/takao_4332.html