ページ

2010年10月29日金曜日

地デジTVでちょっと残念な事

この前注文した地デジTVですが、暇なので東芝のウェブサイトから説明書をダウンロードして読んでます。といっても、以前家族が購入した「REGZA 37Z9000」の説明書が手元にあったので、だいたいは理解しているつもりだったのですが……。よく見てみると、結構違うし。

いや、ZシリーズとRシリーズでは機能が違うのは知っていましたが、個人的に私が興味があった機能が丸々削除されていたので、あてが外れてしまったのです。その機能とは「外部出力の録画機能」。これがあると、外部機器をS端子で繋いでアナログで録画が可能という機能です。おまけに、32R1には37Z9000にはあったS端子出力そのものも削除されているようです。つまり、外部録画だけでなく、アナログダビングも物理的にS端子出力を使用できないのです。これは大きな誤算でした。

普通の人なら、アナログダビングや外部出力による録画は使わないかもしれませんが、私は外への持ち出し。例えばスマートフォンで録画した番組を見たいという願望もあったのです。その為には、何とかしてREGZAの録画データから、外部へ持ち出さなくてはならなかったのです。基本的に方法は2つしかありません。基本はアナログダビングですが、以前のREGZAには外部出力の録画機能という便利な機能がついており、これを上手く活用すれば、SDかつアナログ画質に限定されますが、外部機器へのデータの持ち出しが可能になるのです。

アナログダビングでも同様な事が出来ますが、外部機器の録画機能の場合、リアルタイムでのアナログ録画が可能なので、上手く使えばダビング時に掛かる時間を大幅にカットする事が可能だった訳です。アナログダビングの場合は、一度データを保存してからのダビングになるので、30分番組のダビングに丸々30分掛かってしまいますからね。リアルタイムなら当然ゼロで同じことが可能です。REGZA側で予約する事も出来ましたし。

Rシリーズには元々付いていない機能なのかと思い、現行のZシリーズの説明書も読んでみたのですが、どうやらZシリーズでも同様に削除されてしまっているようです。本当に残念。これがあれば、外部機器のデータをPCで加工とか出来たのですけどね。SDかつアナログですけども。現行機種だとアナログダビングかつS端子も使えないので、相当画質的にも不利ですし。REGZA本体以外でのデータ活用は大幅に制限されてしまったと見て間違いないでしょうね。正直、悔しいです……。ここまで厳しく制限する必要があるのかと。いや、そもそも権利があるのかとすら思いますね……。

2010年10月24日日曜日

地デジ物語、完結編。

一週間ぶりの更新です。最近あんまりネットで調べ物しなくなってしまった。かといって何かしているのかというと何もしてないのですが。ニコニコ動画で東方関連の動画見て寝るくらいかな……。ま、いいや。この前書いたエコポイント欲しさの地デジTV購入話ですが、とうとう完結してしまいました。結論から言うと、買っちゃいましたよ。地デジ。32インチのやつ。えぇえぇ、散々迷いましたよ。この前書いたみたいに、アイ・オー・データのチューナー付き液晶ディスプレイにしようか、それとも、西友で売り出し中な安めな32インチにしようかと……。

で、今日まで散々迷った結果、辿り着いたのは「REGZA 32R1」です。正直、相当迷いました。実は西友で売り出し中のDXアンテナの「LVW-324」が3万8千円で某電気店で売りだしていたので、買いに行ったのですが、売り切れ中だったりしたのです。その時に、じゃあアイ・オー・データの液晶ディスプレイにしようかなぁなんて、また思い出していたのですが、よくよく考えてみると、やはり録画出来ないと有効活用出来ないんじゃないかという結論に行き着いて、じゃあ、録画機器はどうするって考えると、別途レコーダーは予算オーバーだしなぁと。

そこで、家族が現在使っているRegzaのZシリーズも検討したのですが、やはり値段的に折り合いがつかないし、自室の大きさを考えると、最低37インチしかないZ系だと微妙に大きすぎるしなぁと。で、消去法で残ったのが、同じRegzaのRシリーズ。値段的にLEDではない、「REGZA 32R1」に絞り込みました。

実は、家族のテレビを検討していた時にも、Zシリーズではなく、Rシリーズでいいんじゃないかという考えもあったのですが、その時のRシリーズには、録画したビデオを他へ動かす手段が全くないという欠点があり、万が一、どうしても消去したくない番組に出会ってしまった場合の対処がゼロであるというのが決め手になって諦めた経緯があったのです。で、今回、改めてRシリーズを調べてみると、現行シリーズである「R1」は、LAN経由での録画は相変わらず出来ないようですが、新たに「DLNA」対応が追加された事で、限定的とはいえ、コンテンツの移動が可能になった事も決め手でした。まぁ余程の事がなければ、ムーブする事は無いでしょうけど……。

肝心のテレビは決定したのですが、いざ購入しようと調べてみると、今月のエコポイント打ち切りの余波により、軒並み価格が上昇してしまっていました。こうなると、ネットショップは当てになりませんね。「機を見るに敏」とは、まさにこの事と言わんばかりの迅速な値上がりです。どこのネットショップを見てもほぼ横並びで上昇しており、頼みは価格コムや2chの実店舗の価格のみでした。

虚実入り乱れる情報から、どうやら東京の大型電気店に直接乗り込んで交渉するのが一番の得策であるらしいという考えに至り、今週末に実行してきました……。地元のヤマダやコジマでも交渉してみたのですが、全くと言っていいほど、値下げに応じてもらえませんでしたし。その結果……。結局、某電気店本店でREGZA 32R1を購入するに至りました。そして、何故かもう一台。「REGZA 32A1」も一緒に買ってきてしまいましたよ……。いや、私が東京までテレビを買いに行くって話を家族にしたら、「じゃあ、私の分も買ってきて。安いやつでシンプルな機能なやつ」って頼まれまして。まぁ結果的に2台買うことで安く済ます事が出来た訳なんですけど。何かメッチャ長くなってしまったな。

それから紆余曲折がありまして結果的には2台(32R1と32A1)合わせて、9万8千円弱という値段で買うことが出来ました。しかも2台分の家電リサイクル料金(引き取り料込み)と配送料無料、各3年と5年分の無料保証も付いての金額だから、自分でも結構安く買えたなぁと思っています。ついでに、4600円分のポイントも付きました。地元のお店じゃ、32R1が5万7800円、32A1が4万5800円のポイント無しが精一杯だったから、本当に東京の激戦区のお客さんは恵まれてるなぁと。私の場合、ちょっと電車賃が嵩みますからね。それでも、十分元が取れる値段ですけど。

2台併せて9万8千円で、なおかつエコポイントが3万円(15000 x 2)返って来るから、トータルで68000円で買えた事になるのか……。正直、かなり安いな(笑)。エコポイントさまさまって感じですが、要は税金ですからね。そう考えると、ちょっと複雑ではありますけど。何か長くなってしまいましたが、結果としては、結構満足した買い物が出来たと思います。エコポイント半減まで、あと一ヶ月ありますから、この機会に地デジに替えてみるのも悪くないかもしれませんね。店員さんに聞いたら、32インチ辺りは売れすぎてしまって、在庫が無くなりだしてるそうですし。現に、私もまだ現物は手に入れてませんし。一応、11月の10日辺りまでには届く予定ですけど。

#Amazon


#外部リンク
R1/TOP|3Dテレビ・LED液晶テレビ・薄型テレビ|REGZA:東芝
http://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/r1/index_j.htm

A1/TOP|3Dテレビ・LED液晶テレビ・薄型テレビ|REGZA:東芝
http://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/a1/index_j.htm

2010年10月18日月曜日

エコポイントェ……

お久しぶりです。相も変わらず、精神が低空飛行中な日々なんですが、一つ悩み事があります。それは「エコポイント」。ええ、あのテレビとか買う時に付いてくる? 補助金みたいな制度ですね。皆さんもご存知でしょうが、そのエコポイントが来月末でおおよそ半減してしまうらしいのです。

正直、テレビ要らないかなと思っている私なんかでも、貰えるポイントが減らされると聞くと、「じゃあ、買い換えといた方がいいのかな……」なんて思ったりして。部屋にアナログテレビが置きっぱなしですし。普通に捨てたら3000円くらいかかるらしいし。

そこで、何か安めのテレビにでも買い換えようかなぁと思い出しているのですが、これがなかなか踏ん切りがつかなくって……。以前、家族がテレビを購入した時は、東芝のレグザのZシリーズを薦めた私なんですが、いざ自分の番になると、テレビにそこまでお金だしたくないなぁなんて思ってたりして(苦笑)。いや、資金に余裕があれば、家族と同じ選択肢も視野に入ったのですが、肝心の資金が底をついている上に、テレビに対する情熱も枯れてきている現状を考えるとどうも……。

渋々考えているプランは、液晶モニタに地デジチューナーが付いているタイプ(アイ・オー・データとか)で出来るだけ安く済ませるか、あるいは西友が最近売りだした40000円の32型にしようかって感じなのですが、どちらも決め手に欠けている状態です。液晶モニタもいいんですが、メイン用は既にありますので、デュアル用くらいしか約に立たないし(まぁそれだけでも価値があるかもですが)、32型のやつは、そこまで大きなテレビを買った所で、あまり活用しないかもしれないなぁと。

まぁ買ったら買ったで結構見ちゃうかもしれませんが。でも、録画出来ないとあまり見ないかもなぁ。もはや、リアルタイムで視聴するというのが、面倒すぎて嫌ですし。スポーツ中継なんかは観るかもしれませんが……。あとはTVゲームくらいかなぁ。ただ今のところ、TVゲーム機を買う意欲もあまりないしなぁ。あぁエロビデオ鑑賞は大画面の方が愉しめるかな……。

そういえば、だいぶ前にブログに書いた「ダイナコネクティブ」倒産しちゃいましたね……。どうやら、不具合が多発して、その修理費が莫大になってしまったようで……。うーん、意外と良いかもと思ってたんで、結構残念です。やはり難しい部分も多いのでしょうね。

ちなみに今回の西友で売りだしているテレビはDXアンテナ(フナイ)製らしいです。フナイは個人的には好印象なんで、私個人としては品質に問題があるとは思っていません。機能的には最低限なものしか搭載されていないようですけど。高機能といっても、Google TVが出てきたら、既存の国産メーカー品では機能面では勝てなさそうではありますが。まぁ、そもそもテレビにそこまでの機能が必要なのかという疑問はありますけど。どうせやるなら、STB(セットトップボックス)みたいに独立したチューナーみたいな方が、私個人としてはそそられるのですけどね。

ということで、もう暫く地デジTVについて検討してみるつもりです。でも、あまり時間掛けてると在庫的に危険な事になっちゃうかもしれませんね。お金があれば悩むこともないんですけど……。

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: ダイナコネクティブ DY-32SDDB
http://blog.minawa.net/2009/07/dy-32sddb_5279.html

BLOG.MINAWA.NET: torne
http://blog.minawa.net/2010/01/torne_6884.html

BLOG.MINAWA.NET: TV購入
http://blog.minawa.net/2010/01/tv_6077.html

2010年10月10日日曜日

Ubuntu 10.10 Maverick Meerkat リリース!

半年に一度のUbuntuファンのお祭り、新バージョンのリリースが始まりました。今回のバージョンはUbuntu 10.10、コードネーム「Maverick Meerkat」ですね。ホントはもう少し時間が経ってからダウンロードしようと思ってたんですが、各地の盛り上がりを覗いていたら、とても待ちきれそうにないので早速ダウンロードしてしまいました。普通にダウンロードしても速いそうなのですが、せっかくなのでここはBitTorrentを使用してみました。普通に使えますね。あまり速くないADSL回線だけど、だいたい30分くらいでダウンロード完了しました。

さて、これからUSBメモリに入れてインストールするつもりですが、その前にちょっと歩いてこようかな。最近、ますますおっさん度に磨きがかかってきてますからね。健康にも気をつけようかと……。インストールする前に、少しホームも整理しとかないとな。いろいろファイルも溜まってるしなぁ。とにかく楽しみです。では。

#追記
何か上手くインストール出来ません。一応最後までいくのですが、再起動した後に画面が真っ暗なままでカーソルが点滅した状態になります。多分ビデオドライバー辺りが悪さしているような気がするのですがお手上げ状態です。これはUSBから起動させたUbuntu 10.10から書いてます。明日以降何か情報が出てくるといいのですけど。ちなみにi386のデスクトップ版で、ビデオカードはNVIDIA 9800GTです。残念。

#追記
インストール出来ました。もしかしたら再度チャレンジした時に正常になっただけかもしれませんが、一応、BIOS設定の見直しでHDDの設定を「IDE」から「AHCI」に変更したのが決め手かもしれません。本来ならAHCIかRAIDなのですが、同じPCでXPを入れたHDDと交互に使用(非デュアルブート)出来るようにした際にIDEじゃないとXPがインストール出来ないらしかったので変更したままだったのです。確信出来るレベルではありませんが、もしもUbuntu 10.10のインストールに躓いている人がいたら、BIOS設定の見直しをしてみる価値があるかもしれません。参考になればと思いメモしました。ふぅ、もう3時近いのかい。眠すぎる。

#外部リンク
Ubuntu
http://www.ubuntu.com/

2010年10月8日金曜日

pandaboard

ご無沙汰です。何か最近やる気が出ない上に風邪ひいたりして、めっきり弱ってます。なんてどうでもいい近況報告だけじゃ悪いんで、取り敢えずメモ。「pandaboard」っていうプロジェクトが始動しているようです。正直、全然調べてないんですけど一応メモだけでもと。見たところBeagleBoardのOMAP4バージョンって感じなんでしょうか? 犬の次はパンダかい? 

一瞬、「Panda」じゃなくて「Pandora」かと思っちゃいましたよ(笑)。これでOMAP4も低価格で入手出来る可能性が高まったのでしょうかね? 出来ればPandora2は、コイツをベースにしてくれると、いろいろと楽そうなんですけどね。えっ、Pandora2なんて作るのかって? 嘘かホントか、Craig達はPandora2も作る気満々らしいですよ(笑)。まぁ、少なくとも2年くらいはかかりそうですけど……。そのうちまた調べてみたいと思います。今日はこのへんで終了。

#追記
んー、ちょっとだけ調べてみたら、PandaboardとBeagleBoardは、微妙に違うみたい。BeagleBoardの方がより「オープンハードウェア」の理想に近いらしい。具体的にはまだわからないけど、WiFiチップ関係が特にそうらしい? 一部分にNDAが必要になりそう? かなりいい加減な情報ですけど。そうなると、Pandora2のベースにはあまり向いていないかもしれませんねぇ。

#外部リンク
Pandaboard
http://pandaboard.org/

pandaboard | Google グループ
http://groups.google.com/group/pandaboard?pli=1

PandaBoard FAQ - OMAPpedia
http://omappedia.org/wiki/PandaBoard_FAQ