ページ

2011年2月19日土曜日

Opus Codecのウェブサイトが出来てた

久しぶりに投稿。最近あまり体調が良くないんですよね。この季節は乾燥肌のせいか肌荒れが酷くって。どうでもいい話なんですけど。

最近、個人的に注目している新しい万能オーディオコーデック「Opus」の公式ウェブサイトが出来てました。まだ内容も薄いですが、ビットストリームもほぼ決定されたようなので、順調に進めば、もうそろそろ正式版が公開されるのではないかと思われます。楽しみです。

Opusが完成すれば、VoIPからYouTube等のビデオストリーミング、あるいはネットラジオの配信にも使える万能コーデックがオープンなライセンスで公開される事になりますからね。Opusの元になっている「SILK」コーデックはSkypeで使われている技術ですから、今まで以上にSkypeと他のVoIPサービスとの互換性が高まって、双方ともにメリットが生まれるでしょうし。無駄な変換を挟まなくて済みますし。

気になるのはGoogleの動向なんですよね。Google Voice(何故か日本では使えない……)なんかは関係してくると思うのですが、今のところどうなるのかわかりませんし。まぁSkype側がビデオコーデックとしてVP8の前身であるVP7を使用してますし、WebMのブログでもその事に触れてますので、多分問題なく使われる気もするのですけど……。早く正式公開されないかなぁ……。

#外部リンク
Opus Audio Codec
http://opus-codec.org/

VP8 for Real-time Video Applications - The WebM Open Media Project Blog
http://blog.webmproject.org/2011/02/vp8-for-real-time-video-applications.html

0 件のコメント:

コメントを投稿