ページ

2011年5月29日日曜日

SteamがLinuxベースのゲーム機を計画中? しかも……

完全に釣りっぽいタイトルですが、以前Valve Corporationが運営しているゲーム配信サービスSteamがLinux向けのクライアントを開発しているのではないかという情報が実しやかに伝えられていました。その事について自分なりに妄想した長話をブログに書いたりしていたのですが、某掲示板にSteamのLinuxクライアントといった小さな話ではなくValve自身?がSteamプラットフォームが動作するハードウェア(ゲーム機?)を用意するのでは無いかというトンデモ話が載っていました……。

しかもLinuxベースのOSで、ハードウェアは何とAMDのCPU/GPU統合プロセッサ「Fusion APU」を採用したモノになるのではないかと……。おそらく「Llano(リャノ)」ベースになるのではないかとも。実際、何の確証も無い上、余りにも突拍子の無い話に思えなくもないですが、個人的には案外「アリ」なのではないかと思っています(笑)。

というか、私自身の妄想ではこの流れはかなり有るなと思っていましたし、もしそうなった場合に、採用されるハードウェアもだいぶ前から「Fusion APU」なるのではないかと思っていましたし。今言うと、嘘臭いですけど、本当にそう思っていました。実はこの妄想話を何度か書こうかなとも思っていたんです。そう思うと、この噂話の出処が、自分の妄想の中の出来事なんじゃないかとさえ、疑わしく思えてきます……。「えっ、もしかしてコレ夢の中の話なの?」って……。偶然にしちゃ上手すぎるんだよなぁ……。

あまりの偶然に、何の裏付けもなく書いちゃいましたが、まだ何の確証も無い話です。どうやら来月以降に何かあるらしいので、その時になって「やっぱ嘘でした(笑)」みたいな恥を書くかもしれません。取り敢えず誰かに聞いて欲しかった話ってだけなんです。ホント、自分でもビックリな話だわって……。

#追記
2012年現在、結局何の進展もありません。残念ながらデマだったようです:-(

0 件のコメント:

コメントを投稿