ページ

2011年3月20日日曜日

震災から一週間

東北、関東に未曾有の被害をもたらした地震から約一週間。ようやく日常生活も落ち着き始めた感じでしょうか。幸い私の家族含めた親戚一同、何とか命だけは無事だったようです。親の実家が宮城県、しかも栗原市だったので、正直かなり不安でした。幸い、地震の後すぐに家族の電話が通じたので無事だけは確認出来ていたのですが、その後昨日になるまで一切の連絡が取れずにおりました。

ようやく現地の電話が通じるようになったようで詳しい状況を聞けましたが。海沿いではなかったので地震による被害だけだったようです。といってもそれなりに建物の被害は出たみたいですが。栗原市以外の近隣にも何人か親戚がいたのですが、そちらも津波の被害は全く無く地震による建物の被害のみだったようです。

建物内の被害は結構あるみたいですが、電話、ガス、水道といったライフラインの供給が2,3日前まで復旧しておらず、とても心配な日々だったようです。特に老齢で一人暮らしの親戚は本当に心細い生活を強いられていたようです。無事で本当に良かった。まだまだ復興には時間が掛かるでしょうが一日でも早く元の落ち着いた生活を取り戻せるように、日本全体で取り組んでいかないといけないと思いました。未だに被災地で不自由な生活を強いられている方々も沢山居る訳ですからね。

2011年3月12日土曜日

死ぬということ

今日の地震、何とか家族ともども無事でした。ただ明日以降死ぬかもしれない。そう考えるとネットに繋がっている時に何か書いておこうかと思いました。ただの自己満足かもしれないけど、もしかしたら最後になるかもしれない。死ぬのって案外呆気無いのかもしれないなぁ。明日も生きられますように。ただの自己満足です。生き残れたら、また続けたいなぁ。