ページ

2011年11月29日火曜日

TremZ: A New Dawn

11月も残り僅かですが、また興味深い情報をゲットしたのでお知らせします:-)

先日「OpenWolfとTremulous」というタイトルでXrealの互換エンジンとTremulousからの派生ゲーム「TremZ」の紹介をしましたが、何とTremZのメイン開発者であるVolt氏からコメントをいただき、新しいTremZのウェブサイトと新しいスクリーンショットを教えて頂きました:-P

その名も「TremZ: A New Dawn」。まだ開設したばかりのようですが、なかなかお洒落なウェブサイトで好感が持てます。Thank you! Volt and Dushan.

#外部リンク
TremZ: A New Dawn
http://tremz.com/

2011年11月24日木曜日

Desura Linux Clientがオープンソース化するかも?

最近ゲームの話題ばっかりですが、またゲームの話題です:-P 無事Linux版クライアントもリリースされたSteamライクなゲーム配信プラットホーム「Desura」ですがLinux版? のクライアントをオープンソースとして公開し、有志に開発を手伝って貰うかもという話があったようです。

まだ議論の段階ですが、本当にオープンソース化されたら、いろいろと夢が広がりますよね:-P まぁオープンソース化されるとしてもクライアント側だけですが以前も書いたようにDesuraクライアントは元々組み込み向け?Chromiumがベースですしね。

それでもかなり面白い事になる可能性はあると思います。いくつか妄想混じりのアイデアを書こうかと思いましたが、実はまだ記事やフォーラムのコメントを読んでいないので自重しておきます。また何か解ったら続きを書こうと思います。

#外部リンク
[Phoronix] Desura Game Client Is Looking To Go Open-Source
http://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=MTAxNDA

2011年11月23日水曜日

Doom 3 GPL source release

ついにDoom3のソースコードがGPLv3としてリリースされました。ありがとう、カーマック先生:-P
https://github.com/TTimo/doom3.gpl Timothee Besset did most of the work of getting it ready for release – thanks!
#追記
いくつかフォーラムを覗いてみると、どうも「D3 scripts」というのが公開されていないみたい? AI等の設定ファイルが無いって事なのかな? そうだとしたら、かなり残念だなぁ。

アセット扱いで非公開なのかも。情報が錯綜しているので、もう少し時間が経たないと判らないかもしれません:-(

#追記
某フォーラムを漁ってたら面白い情報をゲットしました。もしかしたらですがDoom3のModである「Ruiner」と「HardQore 2」のソースコードも公開されるかもしれません:-P

Doom3をTPS(サードパーソン・シューティング)と横スクロールアクション風? に変更されたゲームなので、もしソースコードが公開されたとしたら良いお手本になりそうですね。

#追記
woot! ioquake3の中の人が既に「iodoom3」なるウェブサイトを立ち上げてました:-P ありがとう中の人!

#YouTube
Ruiner 2010 Gameplay Footage - YouTube
http://youtu.be/pIT9UqxC8Sg



ModPlay - HardQore 2 - YouTube
http://youtu.be/F2CVVePNFnw



#外部リンク
TTimo/doom3.gpl - GitHub
https://github.com/TTimo/doom3.gpl

Twitter / @ID_AA_Carmack: http://t.co/SZaH0jWA Timot ...
http://twitter.com/#!/ID_AA_Carmack/status/139106966357282817

iodoom3
http://www.iodoom3.org/

ioquake3
http://ioquake3.org/

Ruiner mod for Doom III - Mod DB
http://www.moddb.com/mods/ruiner

HardQore 2 mod for Doom III - Mod DB
http://www.moddb.com/mods/hardqore-2

2011年11月20日日曜日

OpenWolfとTremulous

最近オープンソースなFPSゲームの事ばかり採り上げてる気がしますが、今日もFPSゲームの話です:-P 今一番気になる話題と言えばDOOM3エンジンのオープンソース化とETXreaLの進行状況な訳ですが、最近また面白い流れが出てきたようなので紹介しておきます。

その1つが「OpenWolf」というプロジェクト。覚えている人もいるかも知れませんが実は一回このブログで採り上げた事があります。詳細はリンク先の記事に譲りますが要点だけ書くとXREALエンジンの開発が停滞していた時にオリジナルの開発者以外の有志が立ち上げた互換プロジェクトです。

その後オリジナルの開発者であるTr3B氏が復帰した為にXREALエンジン本家が主流になっていますが、どうやら細々とながらオリジナルの改良を続けていたようです。といっても基本的なエンジン部分は余り手を付けていないようです。エンジン以外の部分での改良が主な変更点みたいですね。

話は変わって2つ目のプロジェクト。こちらは「Tremulous」というFPSゲームです。実はこのゲームも一度採り上げた事があります。といってもPTSベンチマークで試したってだけですけど:-P その記事が2009年の12月。何を書いたかというともうすぐ新バージョン1.2がリリースされそうと書いていました。でも今に至ってもバージョンは1.1だったりしてます:-( ちなみに現行の1.1がリリースされたのが2006年3月ですからTremulousの開発は事実上停止したままだった訳です。

で、この2つのプロジェクトがどう係わるのか? 最近掴んだ情報ではTremulousの停滞を打破しようと一部のTremulousフォーラムメンバーが新しい派生ゲームの開発に乗り出したようなのです。その名も「TremZ」。その主な特徴は以下の通り。
What are some of the development goals?

Actual VoIP support, team based.
Achievements and awards.
New maps with a commercial feel.
Updated, modern interface.
SQL-based admin system to interface with web applications.
Updated sounds.
Awesome gameplay features.
Brand new web features.
Updated engine, client and server.
Development toolkits.
Updated install files.
Cleaning up game code.
New weapons and classes!
Female models!
Progress update, 09/21/11

The engine overhauls, finished by this coming Sunday:

Modern OpenGL 3.2 renderer, based on XreaL
MySQL relational database management system
Ruby support for system administrators
Newton game physics
Built-in IRC lobby
Dynamic OpenSSL libraries
OGG Vorbis audio decoding
OpenAL sound API support
OGV Theora compression format
In-engine VoIP support
Mumble positional audio support
Localization for other languages
Dropping of the QVM format, support for a .dll and .so architecture
よく見ると「Modern OpenGL 3.2 renderer, based on XreaL」という文字が。他にもシステム管理にRuby!やMySQLのサポートや物理演算として「Newton game physics」の統合といった、ある意味で野心的な技術目標が掲げられています。実際問題としてどの程度実現できるのかは微妙な感じがしますが、このRubyやMySQLという特徴は実は「OpenWolf」の特徴と一致してたのですよね。

で、実際フォーラムの記事を読み進めていくと、OpenWolfベースで開発しているという発言も見受けられました。開発停止になっていないようで何よりです:-P ちなみにTremulousというのは、Quake3エンジン(id Tech3)ベースのゲームで、所謂トータルコンバージョンと言われる部類のMODに該当します。この辺りの解説はまた今度したいと思います。といっても、私もあんまり詳しくはないんですけどね:-(

最後にOpenWolfの最新の技術デモの動画を貼りつけておきます。どうやらGLSLを使った海水のエフェクト?みたいですね。なかなかいい感じですね。今流行りのイチゴジャム的なエフェクトに使えそうです:-P

#YouTube
Water Effect - YouTube
http://youtu.be/bsbfX4AgMBg



#外部リンク
OpenWolf Windows, Mac, Linux, Linux64, iPad, Android game - Mod DB
http://www.moddb.com/games/openwolf

OpenWolf
http://www.splashdamage.com/forums/showthread.php/29503-OpenWolf

TremZ: development and discussion
http://tremulous.net/forum/index.php?topic=16237.0

Tremulousは史上最強のフリーソフトウェア系ゲームとの遭遇か? - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/06/07/18/0213205

GLSL - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/GLSL

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Xreal Engine 情報
http://blog.minawa.net/2010/08/xreal-engine_4491.html

BLOG.MINAWA.NET: ET-XreaL Still Alive
http://blog.minawa.net/2011/05/et-xreal-still-alive_5046.html

BLOG.MINAWA.NET: ET-XreaL続報
http://blog.minawa.net/2011/06/et-xreal_5773.html

BLOG.MINAWA.NET: Phoronix Test Suite、ふたたび
http://blog.minawa.net/2009/12/phoronix-test-suite_1260.html

2011年11月16日水曜日

DOOM3のオープンソース化に暗雲?

オープンソースなゲーム愛好家達の間で、ここ数年で最大級のビッグニュースであるID Softwareによる「DOOM3エンジン(ID Tech4)」のオープンソース化ですが、どうやら一筋縄では行かない状況に追い込まれているようです。私も全体を把握している訳ではないですが、どうもID Tech4で使われている技術の一つが他企業のパテントに触れている可能性が浮上して親会社であるBethesdaの顧問弁護士から待ったが掛かっている状態らしいです。

その技術というのが所謂「Carmack's Reverse(公式にはz-fail stencil shadows)」と呼ばれる技術で、以前チラッと書いたCreative Labsが権利を所有している技術らしいです。カーマック氏自らの名前を冠する「Carmack's Reverse」という通称が付いている技術が、他企業にパテントを握られているという皮肉な結果がこのような悲劇をもたらすとは……。私が心配していた通りになってしまうとは何とも残念な限りです:-(

と普通ならばオープンソース化そのものが中止になるか、良くてパテントを握られている「Carmack's Reverse」部分が去勢された状態でのリリースになるのが通例なのですが、そこは我らがヒーロー「ジョン・D・カーマック」。何と現在進行中で「Carmack's Reverse」に相当する技術をパテントを回避しつつ新しい実装方法でプログラミング中らしいです!

さすがカーマック先生:-P 普通そこまでやる人いませんよ。彼ほど有名で一流なプログラマーがわざわざオープンソース化の為だけにパテントを回避しつつ新しくコードを書いてくれるなんて。それこそ一銭の得にもならないのに……。ありがたや、ありがたや。
Lawyers are still skittish about the patent issue around "Carmack's reverse", so I am going to write some new code for the doom3 release.
#外部リンク
Twitter / @ID_AA_Carmack: Lawyers are still skittish ...
http://twitter.com/#!/ID_AA_Carmack/status/136614459887202305

ジョン・D・カーマック - Wikipedia
ジョン・D・カーマック - Wikipedia

Creative patents Carmack's reverse - The Tech Report
http://techreport.com/discussions.x/7113

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Doom 3 オープンソース化決定!
http://blog.minawa.net/2011/08/doom-3_7846.html

2011年11月13日日曜日

ETXreaL 0.3.0 動画作ってみました

暇だったのでETXreaL 0.3.0 のプレイ動画をYouTubeで公開してみました:-P 今日初めてYouTubeアカウント取ってアップロードしたので上手くできてるのか正直微妙ですけど……。というか動画作成自体やった事無かったので色々と失敗しているかもしれません。

タイトルにもある通りUbuntu 11.10の64-bitで動かしてます。無謀にも1080pのハイビジョンです:-P 宜しければ1080pの高画質でご覧下さい。それと変な所があったら消しちゃうかもしれませんのであしからず。

#YouTube
ETXreaL 0.3.0 Ubuntu 11.10 64-bit - YouTube
http://youtu.be/JDY81vtl32I

2011年11月10日木曜日

ETXreaL 0.3.0 リリース

情報通り、ETXreaLの新板が無事リリースされたようです。といってもバージョンが「0.3.0」という事からも判る通り、まだまだ発展途上といったところでしょうか。とはいえ無事にリリースされた事を素直に喜びたいと思います。私も早速試してみましたがバージョンから連想されるよりはだいぶ安定している気がしました。

といっても、このバージョン付けは安定性よりもオリジナル度の推移といった方が正しいのかもしれませんね。今のところプロプライエタリなゲームデータが必要ですし。現在フリーなライセンスのテクスチャ等への移行作業中といったところでしょうか。これからの推移を見守りたいと思います。

とりあえず、いくつかゲーム内のスクリーンショットを撮ってみました。テクスチャに癖があるのでオリジナルと比べて、どちらが良いのかは好みが分かれそうですね。「goldrush」ステージはかなりいい感じだと思いましたけど。サイズの関係で一枚だけ1920 x 1080 のスクリーンショットを掲載しました。オリジナルのゲームだと1920 x 1080 の解像度を選択出来なかったので、何気に嬉しいです:-P

#Picasa
「goldrush」の1920 x 1080。結構いい感じですね。







#外部リンク
ETXreaL 0.3.0
http://www.splashdamage.com/forums/showthread.php/31320-ETXreaL-0.3.0

2011年11月2日水曜日

DOOM3エンジンもリリース間近?

今年も二ヶ月を切りましたがオープンソースのゲーム関連も俄に活気づいてきました。昨日はETXreal(IDTech3改)のリリースが近いと書きましたが、今日はDOOM3エンジン(IDTech4)のオープンソース化の続報が飛び込んできました。

しかもソースの出処があのジョン・カーマック氏自らの発言なので、かなり正確な情報だと思われます:-P 以下カーマック先生のツイッターから引用。
doom 3 source is packaged and tested, we are waiting on final lawyer clearance for release.
何と既に物理的な問題は解決済みで、あとはリリースについて弁護士さんのゴーサインを待つだけの状態みたいですね:-P まぁ以前から年内のリリースを公にしていましたので問題がなければもうすぐリリースされそうです。カーマック先生期待の新作だった「RAGE」もちょっと残念な出来だったみたいで個人的には少し残念です。

正直OpenGLに拘った事が大きな要因な気がするのでOpenGL派なLinuxユーザーとしてはちょっと可哀想な気もします。特にRADEONのOpenGLドライバーの出来の悪さは以前から問題視されてましたからね。それでもAMD買収後はかなり改善されてはいるのですけど。

#外部リンク
John Carmack (id_aa_carmack)
http://twitter.com/#!/ID_AA_Carmack

2011年11月1日火曜日

ETXreaL リリース間近?

時間がないので短めに。このブログで何度か取り上げているWolfenstein: Enemy Territoryのグラフィック強化MOD「ETXreaL」ですが、もしかしたらもうすぐお披露目されるかもしれません。

ズバリ11/5に:-P Mod DBの公式サイト? の開発者コメントを読むと、日付は断言出来無いようですが、一応の目標として11/5を予定しているそうです。以下引用。
We are very aware of that. We hope we make it, because there are still some things we have to work on hard. For now we are looking at the following:

* 6 playable maps (and optional backwards compatibility - recompiling is advised)
* 2 Servers (et3.kernwaffe.de and et.darkserver.it)
* new Renderer (dúh)
* new base textures for walls and certain terrains
* NoQuarter support
* Omni-bot support
* One dedicated team that wants to maintain the product they make ;)
なかなか興味深い内容です。NoQuarterというのはゲームシステムを変更するMOD? Wolfenstein: Enemy Territoryどころか普段FPSすらやっていないので良く判ってないんですけど。Omni-botは対人ボットですよね? まぁいいや。

今日は時間が無いので、また日を改めて調べてみたいと思います。最後に開発中のスクリーンショットを貼りつけておきます。「Parallax Mapping Demo」とあるので視差マッピング(parallax mapping)のデモみたいですね。

#Picasa

#外部リンク
ETXreaL mod for Wolfenstein: Enemy Territory - Mod DB
http://www.moddb.com/mods/etxreal

Main Page - No Quarter Wiki
http://shitstorm.org/noquarter/wiki/index.php?title=Main_Page

Omni-bot Forums - The Front Page
http://www.omni-bot.com/forum/content.php

Main Page - Omni-bot Wiki
http://www.omni-bot.com/wiki/index.php?title=Main_Page