ページ

2012年3月28日水曜日

Steam Box の謎 その3

今日もSteam Box の謎に迫りたいと思います。……妄想の世界で:-) 前回は「スタンダードなPCタイトル」の謎について妄想しました。今日は個人的に気になっているもう一つの疑問点、プロトタイプが何故「IntelのCPUとNVIDIAの外付けビデオカードなのか」について妄想してみたいと思います。

まぁ「プロトタイプ」だからって言われたら、それまでなんですけどね。でも、個人的にはSteam BoxにはAMDのCPU/GPU一体型(APU)「AMD Fusion」がベストな気がしてたのです。何故かは以前書きましたが、纏めると、既成品でありながら、(個人的に見て)初代XBOXのコンセプトに近い製品だからです。そこそこのCPUとGPUの一体型の基板が「Mini-ITX」という一般的な規格の小さなサイズで手に入る訳ですからね。

性能的には現在開発中である他社の据え置き型に比べるべきモノでは無いでしょうが、現行の機種と比べれば十分な性能でしょうし。ましてSteamは通常のWindowsプラットホームな訳ですから、そこそこのPCハードウェアであれば十分でしょうし。何といっても、新たに莫大な製作費をつぎ込む必要がないのが大きいと思います。値段的にもサイズ的にも、IntelのCPUとNvidiaのGPUを用意するより、かなり安価になると思いますし。

なのに何故「IntelのCPUとNVIDIAの外付けビデオカードなのか」? 実は、これもOSがLinuxだからなのかなぁと少し思ったりしてます:-( Linuxを使ってる人なら判ると思いますが、ぶっちゃけ、AMD(ATI)のGPUとLinuxって、あんまり良い取り合わせじゃないんですよね……。残念ながら。

少し前に発売されたWindows向けゲームに「Rage」っていうFPSがあるんですが、このゲームは珍しくOpenGLを使用しています。私のブログで何度か取り上げているジョン・カーマック氏率いるid Softwareの最新作ですね。実はこのRageが発売された直後の評判が、かなり悪かったのです。原因は色々あるとは思うのですが、主な原因はOpenGLドライバーの出来が悪すぎたっていのがあるみたいです。特にAMDのRadeonが……。以下はカーマック先生のツイートです。

#Picasa

まぁカーマック先生はNvidiaの技術者と仲が良いので、これだけだとAMD(ATI)の中の人が可哀想ではありますが、他にも「Ryan "Icculus" Gordon」氏(数々のゲームをLinuxに移植した凄腕プログラマー)も、インタビューでLinuxでゲームをやるなら、Nvidiaのバイナリドライバー一択であると答えてますしね。勿論、思想的にOKならばという条件付きでしたが:-) ちなみに彼はNvidiaのGeforce 9800 を使用してる(た)そうです。私も同じです:-)
- At the end of the day, he still recommends NVIDIA hardware and their binary driver for Linux. "If you don't have moral objections to closed-source drivers: get an Nvidia GPU."

それと、ET-Xrealの開発者もRadeonのOpenGLドライバーは、ちょっとおかしいってコメントしてた記憶が……。iD Tech系との相性かもしれませんけど……。

という訳で、残念ながら「AMD Fusion」の採用は、ドライバーの出来次第というのが現状なのかも知れませんね。あくまで、OSがLinuxならばですが:-) まぁ悪いとは言っても、最近はAMDのドライバーもだいぶ良くなってきてますからね。あと2,3年くらいすれば、かなり改善されると思いますし。その頃には、APUの性能もかなり上がってるでしょうから、もしかしたら、もしかするかもしれません:-)

ちなみに、カーマック先生は最近のIntelのGPUについても好印象みたいです。まぁ性能的にはNvidia/AMDのGPUに遥かに劣っていますけどね。ただ、最近になってMesaのOpenGLが3.0に準拠するレベルまで上がってきていますので、このまま順調に上げていけば、かなり期待できるかもしれません。何といっても、Intelの場合はドライバーがオープンソースで一本化されてますからね:-) 噂によると「Ivy Bridge」のGPUは、Skyrimのミドル設定で30FPSくらい出るらしい? ですし。あと2世代くらい経てば、軽めのゲームなら十分なレベルに到達するかもしれませんね。

#Picasa


#追記
カーマック先生でググってたら、面白いネタ記事があったので紹介しておきます。自分もあんまり知りませんが、やはり天才肌なんでしょうね。AppleII欲しくて盗みに入ったのは知ってましたが:-( ジョブズ氏が生きてた頃に、マックのイベントにゲストで呼ばれたりしてたんですよね。確かRage(iD Tech5)のネタで呼ばれてた気がしますけど。

#外部リンク
[Phoronix] New Comments By Ryan Gordon On Linux Gaming, Drivers
http://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=MTAxNjA

泳ぐやる夫シアター やるやらで学ぶゲームの歴史 外伝その7 「紅のプログラマ」
http://oyoguyaruo.blog72.fc2.com/blog-entry-4274.html

上だと紅○豚だけど、ホントはこんなにガリガリ君。
4Gamer.net ― 「RAGEはid Softwareの歴史で最高のゲーム」。id Softwareのファンイベント「QuakeCon 2011」で,ジョン・カーマック氏が2時間の基調講演
http://www.4gamer.net/games/040/G004057/20110805048/

あ、あった。コレだ。2007年だったんですね。
WWDC 2007 スティーブ・ジョブズ キーノート - Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com/2007/06/11/wwdc-2007-jobs-keynote/

0 件のコメント:

コメントを投稿