ページ

2012年3月9日金曜日

Wine 1.4 & CrossOver 11 リリース!

またWineネタでございます:-P ようやく「Wine」の新バージョン(20ヶ月ぶり?)と、Wineをベースにした商用版「CrossOver」の新バージョンが揃ってリリースされたようです。最近のWineの実力は、私の駄文を見てもらえば判ると思います。いや、本当に凄い進歩ですよ。大昔にWineを試してみた時は「こりゃ素人に常用は無理だ……」と思って弄るのを止めた記憶がありますし。開発者の皆さんに感謝です。

取り敢えず、Wineの方は機能向上以外の変化は無いのですが、CrossOverの方は結構変わってますね。見た目というより、販売方法とかがですが。チラッと見た感じ、ゲーム特化型の「CrossOver Games」と、サポート&アップデート期間が長かった「Pro」が廃止されて、従来でいう「Standard」に一本化されたようです。

6ヶ月のeメールサポート&アップデートが49.95ドル。12ヶ月の期間延長版(一回分の電話サポート含む)が59.95ドル。逆に一ヶ月のeメールサポートのみが39.95ドルとなっているようです。この39.95ドル版のアップデート期間が何ヶ月なのかは判りませんでした:-( まさか一ヶ月という事は無いと思いますけど。

この変更を見て、某フォーラムでは少し議論になっていました。6ヶ月のサポート&アップデートで50ドルは少し高いかなって意見が多かったですね。正直、自分もそう思いました。CrossOverの開発チームの多くが、実際のWine開発チームである事を考えれば、開発に対する寄付という意味では妥当なのは理解出来るのですけどね。これだけのソフトウェアをオープンソースで開発、維持してくれている訳ですから。

ただ、純粋にCrossOverというソフトウェアの価値を考えると、少し高いかなって:-( 完成度の高さは間違いないのですが、エミュレーションという性質上、100%は期待出来ませんし、リアルな環境であるWindowsの値段を考えると、半年の期間で年50ドルっていうのは? と思う気持ちも正直なところです。まぁ1年間のサポートでも60ドルですけども。

更にオープンソース版のWineの完成度が上がれば上がる程、敢えて商用版を使う理由というのも低下してしまうのも事実だと思います。特に特定のゲームを動かしたいという一般人からしたら……。これが業務で使う場合ならサポートの有無は重要なファクターなんでしょうけどね。逆にそこまでクリティカルな場面をエミュレーションで行うっていうのもどうなのかなっていう話も……。Windowsのコストを考えれば尚更……。

また、普通のアプリケーションの場合は既に代替となるソフトウェアが非Windows環境でも充実してきていますしね。例えばFirefoxとVLCとかクロスプラットフォームで優秀なソフトウェアもありますし。そう考えると、Wineの存在って微妙なんですよね。技術的には、とても高度で優れたモノなのは間違いないのですが、ある意味Windowsの呪縛から逃れるのを妨げる元凶とも言える訳で……。

個人的には、やはり古いゲームが一番の使い所なのかな? なんて思います。ゲームの場合、ウェブブラウザーのように常に最新版が必要かつ、寡占が進む分野でも無いですし。似たようなゲームが幾つもあっても全然無駄じゃないですし。むしろ「ジャンル」として確立してる訳ですからね。ウェブブラウザーや動画プレイヤーなんかは、そうも行きませんしね。まぁウェブブラウザーは寡占化が進み過ぎても良くないと思いますけど:-(

そう考えると、CrossOverの前途は、残念ながらそう明るくないのかもしれません。思い切って価格を下げて薄利多売で行くか、何かしらの理由で使用しているアプリケーションを更新出来無いビジネスユーザーに手厚いサポート込みで売り込むか、あるいは……。この先は、また明日以降書こうと思います。まぁここまで書いたらゲームの話なんですけどね。ちょっと面白い話があるので、それと絡めてまた書きたいと思います。今日はここまで。

あぁ、そうだ。前回のToHeartの小ネタ。東鳩って、使用するフォントを任意に設定出来たんですね。以前遊んだ時は全然気付きませんでした。せっかくなので、例のモトヤフォント(モトヤマルベリ)で試してみました。デフォルトの「リーフオリジナルフォント」だと、少し堅い印象でしたし。やっぱり丸い感じの方が東鳩には合っている気がしますし:-P

何か不思議ですよね。10年以上前のWindowsゲームに最近オープンソースとして提供されたフォントを使用してLinuxでゲームを楽しめるなんて。10年前には思いもしなかったなぁ。よく分からないけど、少し感動しています:-P 皆さんに感謝!

#Picasa
モトヤマルベリ。丸くて柔らかい印象。解像度的にこの大きさがベストかな。これ以上大きいと粗が目立ちますし。古いゲームなので当たり前ですけど。

リーフオリジナルフォント(多分)。こちらでも特に問題は無いんですけどね。

おまけ。これ作った人、天才か:-P もっと見たいなぁ。
#ニコニコ動画
[MAD]ギャバン大葉氏とマルチのソノシート漫才 ‐ ニコニコ動画(原宿)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm633417





#外部リンク
CrossOver: Easy, Affordable Windows compatibility for Mac and Linux computers - CodeWeavers
http://www.codeweavers.com/

WineHQ - Run Windows applications on Linux, BSD, Solaris and Mac OS X
http://www.winehq.org/

0 件のコメント:

コメントを投稿