ページ

2012年8月16日木曜日

gameplay By RIM

最近、だいぶゲームネタに偏っている気がしますが、今日もゲームネタです:-P 今日紹介するのは「gameplay」というクロスプラットフォームなゲームエンジンです。勿論オープンソース。まぁこれだけなら、それ程珍しくもないのですが、このゲームエンジンをリリースしたのが某企業なんですよ。

タイトルに書いちゃってますが「Research In Motion Limited」通称「RIM」。一般的な日本人には、あまり馴染みがない名前ですが、このRIMというのは、あのオバマ大統領も愛用しているスマートフォン「BlackBerry」の開発元なんですね。

そのRIMが何故? と思いましたが、最近はAndroidやiPhoneに押されてあまりパッとしていない事が影響しているのかもしれません。つい最近、BlackBerryのOSを「QNX」ベースに変更したらしいですが、OS変更による(一時的な)対応ソフトの出遅れをオープンソースなゲームエンジンで穴埋めしたいというのもあるのかも知れません。このgameplayの対応OSは以下のようになっているようです。
Supported Platforms
BlackBerry 10 and PlayBook 2.0
Apple iOS 5.1 for iPhone and iPad
Google Android 2.3+
Microsoft Windows 7
Apple Mac OS X
これらに加えて、次バージョンからは「Linux」にも対応予定らしいです:-P 正直言って、普通のゲームエンジンなら、辛うじてLinuxはあっても、BlackBerry対応っていうのは、ちょっと考えられないですからね。ちなみにこの「BlackBerry 10」というのがQNXベースの新OSらしいです。

そういった対応ソフト(今回はゲーム)の少なさを解消する為に、プラットフォーム開発元自らがクロスプラットフォームなゲームエンジンを提供して、少しでも開発者を自陣へ引き入れたいって事なのかもしれません。あくまで素人の意見ですけど:-(

まぁWindowsやMac、あるいはAndroidやiPhoneのユーザーからしたら、特に有難い訳でもないでしょうが、クロスプラットフォームなゲームエンジンが少ないLinuxユーザーからしたら、結構美味しい話ではありますね:-P 折しも、ValveのSteamのLinux進出が確定した現在では選択肢は多いに越したことはありませんから。

ちなみにgameplayの特徴は以下のようになっているようです。
Features
Full-featured OpenGL 3.2+ (desktop) and OpenGL ES 2.0 (mobile) based rendering system
Shader-based material system with built-in common shader library
Node-based scene graph system with support for lights, cameras, models, particle emitters, and physics collision objects
Declarative scene bindings (materials) and node attachments (particle emitters, physics collision objects, 3D audio sources)
Declarative particle system
Easy-to-use text and sprite rendering
Physics system (using Bullet physics)
character physics
rigid body dynamics
constraints
ghost objects
Declarative UI system with support for themeable 2D and 3D forms. Includes the following built-in core controls and layouts:
button
label
text box
slider
check box
radio button
absolute layout
vertical layout
flow layout
Fully extensible animation system with skeletal character animation support
Complete 3D audio system with OGG support
Full vector math library with 2D/3D math and 3D object culling support
Mouse, keyboard, touch and gamepad support
Lua script bindings and binding generator tool
AI state machine
先日の東方クローンゲーム「Taisei Project」にも通ずる感じな無難な構成ですね。OpenGLに物理演算エンジン「Bullet」、オーディオコーデックに「Ogg Vorbis」といったクロスプラットフォームではお馴染みのライブラリを揃えてきてますね。

まだプロジェクト自体が始まったばかりなので、具体的なデモはお披露目されていない? みたいですが、Linux対応が整う次バージョンくらいからは、具体的なプロジェクトが進行してくるかもしれませんね。楽しみに待ちたいと思います:-P

#追記
今回のゲームエンジンとは、ちょっと違いますがGoogleもクロスプラットフォームなゲームライブラリー? をリリースしてるんですよね。以前紹介したんですが、あんまり日本だと話題になっていない気が……。もうちょっと盛り上がっても良い気がするんですけどね。

#YouTube
BlackBerry 10 Sneak Peek from the BlackBerry World 2012 Keynote - YouTube
http://youtu.be/JEPYYo0-gfc



PlayNって言うGoogle開発のクロスプラットフォームライブラリー?
Introducing PlayN - YouTube
http://youtu.be/VtwUyu7UzcM



#外部リンク
gameplay - free 3D game engine
http://www.gameplay3d.org/

blackberry/GamePlay · GitHub
https://github.com/blackberry/GamePlay

Research In Motion - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/Research_In_Motion

BlackBerry - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/BlackBerry

QNX - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/QNX

BlackBerry 10 - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/BlackBerry_10

Announcing gameplay v1.4 «BlackBerry Developer Blog
http://devblog.blackberry.com/2012/08/announcing-gameplay-v1-4/

Introducing gameplay v1.2 for 3D Indie Game Developers «BlackBerry Developer Blog
http://devblog.blackberry.com/2012/04/introducing-gameplay-v1-2-for-3d-indie-game-developers/

まさかのOgg Vorbis押し:-P
Hello OggVorbis «BlackBerry Developer Blog
http://devblog.blackberry.com/2012/08/hello-oggvorbis/


PlayN — Google Developers
https://developers.google.com/playn/

playn - Cross platform game library for N≥4 platforms - Google Project Hosting
http://code.google.com/p/playn/

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: WebとGameとGoogleと……ときどき、Linux
http://blog.minawa.net/2012/02/webgamegooglelinux.html

0 件のコメント:

コメントを投稿