ページ

2012年9月29日土曜日

Ubuntu で音楽CDをアレコレする その1

久々に投稿。このネタを書くかどうか、ずっと迷っていたのですが、やはり書くことにします。来月になると多少? 面倒くさい事になりそうですので……。

勿体振って書きましたがUbuntuで音楽CDを快適に使うためのTIPSって感じですかね。具体的には音楽CDをリッピングしてパソコンのHDDに保存したり、個別の音楽ファイルにエンコードしたりといった感じです。

といっても単純にリッピングしてエンコードするだけならUbuntuのデフォルトアプリケーションだけで十分可能なのですが、今回はもう少し突っ込んでみようと思います。

通常、音楽CDのコピーを行う場合、デフォルトアプリの「Brasero」を使用すれば「.toc」と「.toc.bin」形式のイメージファイル化が可能です。ただ、この形式は取り扱いに難がある(と個人的には思う)ので、ちょっと使い辛いです。

またMP3やOgg Vorbisへのエンコードは「Sound Juicer」等のアプリで可能ですが、今回はもう少し体系的な使い方をしたいので使用しません。普通の使い方なら、Sound Juicerで十分なんですけどね。

これらのアプリより本格的な音楽ファイル作成をする場合、従来は「abcde」というコマンドライン型リッピングアプリが基本でした。このabcdeを使うとCDのリッピング、エンコード、CDDBを使用しての曲情報のタグ付けを一気に行う事が可能です。

また一つのCDを単体ファイルとしてリッピング、エンコードが可能なのが大きな特徴です。曲自体の分割は同時生成された「.cue」ファイルで行う事になります。Windowsだと、この一連の作業をしてくれるツールはあるのですが、Linuxだと中々ありません。

また.cueファイル(所謂cueシート)を正しく認識して分割した音楽ファイルとして扱える音楽プレイヤーもLinuxでは、そう多くありません。

この辺りの話は、かなり長くなる上に私自身あまり把握していないので今回は深く追求しません。気になる方はググるなりして見てください:-P

という事で、このabcdeを使えば一見落着のように見えるのですが、実はそうでも無いのです。私も曖昧な知識しか無いので間違っているかもしれませんが、abcdeを使ったcueシート作成では完全にはリッピングされている訳ではないらしいのです。

具体的に何が足りていないのかというとCDドライブの「オフセット値」とCDの「プリギャップ」情報がabcdeでは不足しているらしいです。

オフセット値というのは各CDドライブの持つズレを補正する値の事で、この値を合わせる事によって各環境でも均一なリッピングが可能になるらしいです。

プリギャップというのはCDにある曲間の切れ目の無音部分の事? らしいです。abcdeでも、このプリギャップを割り出せるのですがabcdeでは「INDEX 00」という値しか割り出せないようです。Windowsの「EAC」は、このINDEX 00と、もう一つ「INDEX 01」という値も割り出す事が可能です。具体的に何なのかは私は上手く説明出来ませんが……。

じゃあLinuxではWindowsでの定番アプリ「EAC」のような完璧なCDのリッピングが不可能なのか? と思いますが、実は可能です。「Rubyripper」というアプリがソレです。見た目は多少悪いですが機能的にはEACに匹敵する内容で上記の2つの値「オフセット値」と「2つのプリギャップ」も検出可能です。

またRubyripperはabcdeと同様にリッピングの後に単一のファイルにエンコード可能です。この単一ファイルをFLACでエンコードし、Cueシートも同時に作成する事が現状で一番理想的な音楽CDの保存方法だと個人的には思います。

Rubyripperで作成した「.flac」と「.cue」の組み合わせは再生出来る音楽プレイヤーが限られてしまうのが難点です。Windowsだと定番は「foobar2000」辺りになるのでしょうがLinuxでもいくつか有ります。

私がオススメするのは「Audacious」というXMMSの流れを汲むプレイヤーです。このプレイヤーを使うと.cueをそのまま読み込めます。勿論ちゃんと曲ごとに分割して再生する事が可能です。

これで再生まで可能になったのですが今回は更に一歩進めてみたいと思います。実は「.flac」と「.cue」の組み合わせを仮想CDとして使う事が可能です。通常のままでは不可能なのですが「CDEMU」というアプリを使用する事でLInuxでも仮想CDを取り扱う事が可能になります。Windowsでいう「DAEMON Tools」って所ですかね。例えが古いかもしれませんが:-(

このCDEMUは非常に優秀なアプリで、この.cue以外にもいろいろな仮想ファイルをマウント可能です。今回は割愛しますがWindowsで作成した資産を有効に使う事が出来ると思います。以前は.cueと.wavの組み合わせの仮想化しか読み込めなかったのですが、いつの間にか.cueと.flacでも仮想CDとして認識してくれるようになっていました:-P

音楽再生だけならAudaciousで.cueの読み込みが可能なので仮想化する必要性は無いのですが仮想CDとしてマウント出来ると.cueを認識出来ないアプリでの取り扱いが非常に楽になりますしね。長くなったので一度終了します。

#外部リンク
Rubyripper - Hydrogenaudio Knowledgebase
http://wiki.hydrogenaudio.org/index.php?title=Rubyripper

rubyripper - A secure audiodisc ripper for Linux and OS X - Google Project Hosting
http://code.google.com/p/rubyripper/

abcde: Command Line Music CD Ripping for Linux
http://www.andrews-corner.org/abcde.html

abcde - A Better CD Encoder [ver 2.3.99] - 暇つぶし【ソフトウェア/Linux】
http://old.ikoinoba.net/index.php?UID=1203585800

Audacious - An Advanced Audio Player
http://audacious-media-player.org/

CDEmu
http://cdemu.sourceforge.net/

0 件のコメント:

コメントを投稿