ページ

2012年10月22日月曜日

Ubuntu 12.10 雑感

めっきり秋めいてきましたね。というか、少し肌寒いくらいです:-( 最近は何故か、あんまりブログを書く気が無いというか、コレはというネタが思いつかなかったのですが、せっかくUbuntuの新板がリリースされたので、インストールした印象でも書こうかと思います:-)

本当はLTS(12.04)をもう少し使うつもりだったのですが、どうも12.04の出来がイマイチというか、Unity(Compiz)の出来が微妙だったのが気になりまして……。

調べてみると12.10はUnityのバージョンが一つ大きくなって、それなりの進化を遂げているようなので、コレは試してみないとと……。

結果から言うと、かなりイイ感じです。少なくともUnityについては、かなり改善されているように見受けられました。12.04では、ちょっと動作がモッサリしているというか、ワンテンポ遅れて反応していたのが、かなり気になっていたのですが、12.10では、そこまで気にならない印象です。勿論、まだ完璧というレベルではないのですが、感覚的なストレスは、かなり減少しました。

また、12.04ではWINEを使って「信長の野望 烈風伝」をプレイすると、Unity3D環境下でウィンドウ装飾のトラブルが発生していたのですが、12.10では今のところ、特に問題無いようです。ただ、ゲーム内のウィンドウの拡大縮小が出来ないのが残念です。12.04のUnity2Dでは出来たんですけどね:-(

実はUnity2Dの替りに導入された「LLVMPipe」というのに興味があったのですが、コレは明示的に選択出来る訳じゃないのですかね? あくまでフォールバックって感じなんでしょうか? まぁ今のところ、3Dで困るという事は無いので問題ないのですけど。

その3Dですが、今回からNVIDIAのプロプライエタリドライバーの取り扱いが改善されて、素の状態でnvidia-experimental系のドライバパッケージも導入可能になったのも、ゲームファンとしては嬉しい改善点ですね。早速、「nvidia-experimental-310」を使っていますが、今のところ問題ないようです。ちなみに、今回の変更でNVIDIAのGPUドライバーは以下のような構成を選べるようになっているようです。
xserver-xorg-video-nouveau コミュニティによるオープンソースなドライバー(デフォルト)
nvidia-current        プロプライエタリドライバー安定版
nvidia-current-updates   プロプライエタリドライバー安定版のアップデート版?
nvidia-experimental-310   プロプライエタリドライバーの実験的最新版
ふーむ、これはある意味でWindowsよりも、進んでいる? かもしれませんね:-) 贅沢にも4つから選択可能な訳ですから……。

#Picasa


他に気になった点というと"Canonical Partner"リポジトリが、だいぶ縮小している? 事でしょうか……。今のところ、AdobeのAdobe Readerが含まれていないみたいです。他にもFluendoのGStreamer向けの高品位MP3デコーダーも削除されてるみたいですね。残念ですけど。



それと、Huluの字幕が文字化けしてしまいますね。このブログで書いたやり方でも駄目なようです:-( というか、いつの間にかHuluのプレイヤーが新しいモノになっているみたいですね。もしかしたら、デフォルトで文字化け対応してくれたのかと期待していたのですが、どうやら逆に残念な結果になってしまいました:-( そのうち、対応してくれると嬉しいのですけど……。

取り敢えず、気になった点としては、それくらいかなぁ。といっても、まだ1日しか使ってませんけど:-( あぁそうだ、以前まで書いていたフォントの不具合ですが、今回は特に感じませんでした:-) インストール時には、相変わらず中華フォントみたいなのが出てウンザリしたのですが、いざインストールが完了してみると、特におかしな点は見つかっていません。あくまで1日使ってみただけですけど。

ついでに書くと、Mozcがかなり進化してますね。"Mozc-1.5.1090.2"ですね。実は12.04でも自分でビルドしたモノを使っていたのですが、かなり良くなってて気に入ってました。残念ながら、現在はソースからDebパッケージを作成するスクリプト? が廃止されてしまって、私のような素人が手軽にインストール出来る訳では無くなってしまったのですが、公式リポジトリのバージョンでも、特に問題ないと思います。

贅沢を言えば、ビルド時に郵便番号を補完してくれる機能を追加出来たのですが、公式リポジトリのMozcでは、その機能が含まれていないので使えないのが残念です:-( 

郵便番号ファイルの扱いが、問題なのかもしれませんが、一応私が調べた範囲では、自由に使えるファイルだと思うので、公式リポジトリに使用しても問題ないのではないかと思います。現に、Android版のGoogle 日本語入力にも使われているようですし。少なくとも使用リソースにクレジットされているのは確認しています。次回の更新時には是非とも追加を検討していただきたい所です:-)

あともう一つ、先日書いた"CDEMU"や"SFLPhone"、"Audacious"のシステムトレイの追加方法ですが"dconf-editor"で弄れる内部構造が変化してしまったらしく、以前書いたやり方が通用しなくなっていました。CDEMUに関しては、"gCDEmu Indicator"というアプリを起動させれば、特に何もしなくとも表示可能でした。これは以前からそうだったのかもしれません。

他のアプリに関しては、"dconf-editor"を起動させた後に、以下のスクリーンショットの場所にアプリ名を書き込むと表示可能でした。ただし、このやり方が本当にあっているのかは判りません。いずれ詳しい情報が出てくると思いますので、気になる方はそれまで待ったほうが良いと思います。



長くなりましたが、取り敢えずこんなところですかね。全体的な印象としては、Ubuntu 12.04と大きく変わりはないが、地味にながら確実に各所がブラッシュアップされているという感じですかね。正直、12.04よりは、かなり良い感じです:-) もう暫く、待ってからインストールするか判断した方がいいとは思いますけど。

#外部リンク
Ubuntu
http://www.ubuntu.com/

Homepage | Ubuntu Japanese Team
http://www.ubuntulinux.jp/home

検索機能などやクラウド対応が強化された「Ubuntu 12.10」(Quantal Quetzal)、ついにリリース - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載
http://sourceforge.jp/magazine/12/10/18/2110235

Ubuntu Weekly Topics:2012年10月19日号 Ubuntu 12.10 “Quantal Quetzal”のリリース・12.10日本語RemixのRC・Ubuntu 13.04のコードネーム決定・Juju-GUI|gihyo.jp … 技術評論社
http://gihyo.jp/admin/clip/01/ubuntu-topics/201210/19

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Ubuntu 12.04 Beta 1 を試す
http://blog.minawa.net/2012/03/ubuntu-1204-beta-1.html

BLOG.MINAWA.NET: 本家Ubuntuの日本語表示問題 Ubuntu 12.04編
http://blog.minawa.net/2012/04/ubuntu-ubuntu-1204.html

BLOG.MINAWA.NET: Ubuntu 12.10 からUnity 2D が削除される
http://blog.minawa.net/2012/08/ubuntu-1210-unity-2d.html

BLOG.MINAWA.NET: HuluをLinuxで堪能する方法 Ubuntu 12.04版
http://blog.minawa.net/2012/06/hululinux-ubuntu-1204.html

BLOG.MINAWA.NET: Ubuntu で音楽CDをアレコレする その3
http://blog.minawa.net/2012/09/ubuntu-cd-3.html

BLOG.MINAWA.NET: 自分メモ #Mozc
http://blog.minawa.net/2010/07/mozc.html

0 件のコメント:

コメントを投稿