ページ

2012年12月21日金曜日

HuluをLinuxで堪能する方法 Ubuntu 12.10版

Ubuntu 12.10 がリリースされた直後にHuluを試した時、残念ながら以前まで使えていた方法で文字化けが治らないと書いたのですが、久々に調べてみたら12.10でも文字化けを治す方法が発見されていたようです:-)

基本的には12.04と同じようにフォントをインストールするやり方なのですが、どうやら12.10では該当するフォントが今までの"ttf-kochi-mincho"あるいは"ttf-kochi-mincho-naga10"ではなく"fonts-arphic-uming"に変更されていたようです。

ですので、単純に以下の手順を踏むだけで文字化けは一応治ります。
sudo apt-get install fonts-arphic-uming
ただし、以前の"ttf-kochi-mincho"と同じように、このフォントだと正直言って見辛い上に一部表示不可な文字があるようです:( なので前回と同じように多少強引ですが別のフォントを上書きする方法で対処するのも手だと思います。

#Picasa
"fonts-arphic-uming"をインストールした状態


"fonts-motoya-l-maruberi"で上書き。文字化けも治っているみたい:-)


ただ、今までの"ttf-kochi-mincho"と違って"fonts-arphic-uming"は日本語のみのフォントという訳ではなく、ANDROID向けの"Droid Font"のようにCJKを含んだ複合フォントなので上書きしていると思わぬ副作用が出てくるかもしれません……。

ちなみに、この"fonts-arphic-uming"ですが、どうやら「Arphic Technology」というフォントメーカーが、"Arphic Public License"という独自ライセンスで配布しているフォントシリーズの一つみたいですね。一応オープンソースなライセンスなようです。GPLとは相容れないみたいですが。2010年? にリリースされていたようですね。全然知りませんでしたが。

しかも、この企業は現在、飛ぶ鳥を落とす勢いの「ARM」のグループ企業になっているようです。またウィキペディアによると、Windows向けフォントである"Meiryo"の制作にも関わっていたようです。全然知りませんでたが、フォントメーカーとしては、かなり有力な企業みたいですね。

今回の変更は、Huluの変更なのかFlashの変更なのか、あるいはUbuntu(OS)の変更なのか迷いましたが、家族が使っている古いUbuntu(11.10)では、現在でも以前までの方法("ttf-kochi-mincho"をインストール)が有効だったので、もしかしたらUbuntu(OS)の内部仕様が変更されたのが一番の影響なのかもしれません。私には内部の事までわかりませんけども。

#追記
書き忘れましたが、残念ながらChromeの場合は、内包されている独自のFlashプレイヤーでも文字化けは治っていないようです。以前書いた独自プレイヤーから汎用なFlashプレイヤーに切り替える方法だと、文字化けは修正可能でした。

今はこのやり方で何とかなっていますが、いずれは使えなくなる可能性もあるので、GoogleやHulu、AdobeやUbuntuの中の人達の頑張りに期待したいところです。

ましてLinuxベースの「Chrome OS」を搭載した「ChromeBook」の日本発売も、それほど遠くないみたいですしね……。

#追記
上記のChromeの件ですが、"fonts-arphic-uming"をインストールしただけだと内蔵Flashでは文字化けしますが、別のフォントを上書きすると、内蔵Flashのままでも、文字化けせずに日本語が表示されるみたいです。まだモトヤフォントのマルベリしか試していませんが、他のフォントでも大丈夫なのかな? 後で試してみます。

#外部リンク
Ubuntu日本語フォーラム / Hulu利用時の文字化けについて
https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=12017

Arphic-フォント及びフォント関連ソリューション開発・販売
http://www.arphic.jp/home.html

ArphicはARMクループとパートナーになりました
http://www.arphic.jp/news/news/090115.htm

Arphic Technology - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Arphic

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: HuluをLinuxで堪能する方法
http://blog.minawa.net/2011/10/hululinux.html

BLOG.MINAWA.NET: HuluをLinuxで堪能する方法 Ubuntu 12.04版

http://blog.minawa.net/2012/06/hululinux-ubuntu-1204.html


BLOG.MINAWA.NET: Ubuntu 12.10 雑感
http://blog.minawa.net/2012/10/ubuntu-1210.html

2012年12月17日月曜日

飯田のハチ公

"飯田市上飯田の大平街道で、一匹の犬が一週間以上も飼い主を待ち続けている。"
どういった経緯で彼が待ち続けているのか判りませんが、飼い主がいるなら早く出てきて欲しいですね。捨てられたのなら、新しい飼い主が早く見つかって欲しいものです。

#Picasa






#YouTube
飯田市 飼い主待つ犬 - YouTube
http://youtu.be/hQf27I_IAc0



#追記
ビデオ見ると、思ったよりは元気そうですね:-)

#追記
以下のウェブサイトで詳しい情報が掲載されているようです。他にも保護されているワンちゃんが掲載されているので飼い主をご存知の方、あるいは新たに飼い主になっても良い方は是非ご覧になって下さい。

動物の保護情報
http://www.pref.nagano.lg.jp/xeisei/iidaho/syokuhinseikatueiseika/nyuniku/hogojouhou.htm

#外部リンク
中日新聞:じっと座り飼い主待つ 犬が1週間以上、飯田:長野(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20121212/CK2012121202000022.html

中日新聞:飯田のハチ公、保健所が保護 案ずる電話全国から:長野(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20121215/CK2012121502000182.html

東京新聞:飼い主待ち続けて 長野で10日以上、保健所が保護:社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012121502000120.html

動物愛護読本 「犬を飼うってステキです-か?」
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/eisei/d_suteki/suindex.html

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: 犬を飼うって……
http://blog.minawa.net/2005/07/blog-post.html

BLOG.MINAWA.NET: 犬ダイブ、無事救助
http://blog.minawa.net/2006/11/blog-post_23.html

BLOG.MINAWA.NET: 家族の幸せ
http://blog.minawa.net/2007/02/blog-post_775.html

2012年12月14日金曜日

FUSION IP-Phone SMART に留守番電話と着信転送が追加された

またまたお久しぶりです。気付けば、今年も残り僅か。おっさんになると、本当に1年が短く感じますね:-( この前も書きましたが、最近はどうも気になるニュースが無いというか、敢えて書こうかなと思う気力が無くなっているのですが、久々に嬉しいニュースがあったので書いときます。

以前書いた無料のSIPアカウントのレンタル? サービスである「FUSION IP-Phone SMART」が、待望の「留守番電話サービス」と「着信転送サービス」の提供を開始しました。しかも「無料で」です。いやぁ本当に素晴らしい。

だいぶ前に「G-LEX」という同様のサービスがありましたが、その時でも無料会員は050番号を丸ごと1つという訳ではなくて、あくまで内線扱いでしたからね。それでも十分有難いサービスでしたが、FUSION IP-Phone SMARTは本物の050番号を丸ごと一つ貸与してくれる上に、今回の神アップデートで「留守番電話サービス」と「着信転送サービス」まで無料で使えますからねぇ。正直、世界的に見ても近い内容なのはGoogle Voiceくらいじゃないですか? いや、全然詳しくないですけど。

SIPアカウントのみの場合、実際に使用するにはスマートフォンやPC上のSIPクライアントを各自で用意しなければ、(ほぼ)何の役にも立ちませんでしたが、今回のアップデートでアカウントのみの使用でも、十分価値が見いだせるようになったと思います。

NTTの固定電話で考えると、無料で「電話番号」と「ナンバーディスプレイ」が使えていた状態で「着信転送(ボイスワープ)」と「留守番電話」が使えるようになった訳ですからね。

特に留守番電話サービスは「ボイスメール」として任意のメールアドレスへ即時に転送する事が可能ですからね。実際試して見ましたが、ほぼ時差無しでGmailに転送可能でした:-) ちなみにこんな感じでメールが届きます

#Picasa


留守番電話は約1分間まで録音可能で、Wav形式で添付されていました。パソコンなら簡単に再生可能です。スマートフォンだと多少面倒臭いかもしれませんね。試していないので判りませんけど。

Fusionのサーバーには10件まで保存出来るようですが、メールアドレス転送後に削除する設定も選べます。私のようにGmailに転送すれば、10GBくらいまでは保存可能になりますかね:-)

正直、無料でここまでやってくれるとは思っていませんでしたがFusionとしても留守番電話を使ってくれれば、少なくとも通話はしてくれるので多少なりとも収入になる訳ですから、そう悪い話でもないのかも? まぁ微々たるものでしょうが。

後は有料会員でも良いので固定電話宛ての通話料を「050 plus」並にしてくれると嬉しいユーザーも居るかもしれませんね。個人的には発信の場合は、PCからならGmailからの通話(Google Voice)や別のVoIPサービスもあるので、それ程困らない気がしますけど。携帯向けならFusionは既に最安値クラスですからね。まぁ携帯電話同士の無料通話サービスには負けますけど。

それと、もし有料会員コースも出来たのなら是非ともG.729コーデックにも対応していただきたいですね。自宅のような固定回線がある場所なら良いですが、モバイル環境となると、やはり通信量が少ないほうが安定しますし。最近の流れだと、せっかくのLTEも5GBや7GBの総量規制が掛かっちゃいますからね:-(

ついでにもう一つ。複数のSIPクライアントを使う場合も考慮して着信の優先順位を任意に選択可能に出来たら最高なんですけどね。いや、簡単に出来るのか全然判りませんけど……。

#外部リンク
スマートフォンの通話料をトコトン安くする | FUSION IP-Phone SMART βサービス
http://www.fusioncom.co.jp/kojin/smart/

1つのスマートフォンでもう一つの050番号が使える | FUSION IP-Phone SMART
http://www.fusioncom.co.jp/kojin/smart/feature/#1212

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: FUSION IP-Phone SMARTを試す
http://blog.minawa.net/2012/05/fusion-ip-phone-smart.html

BLOG.MINAWA.NET: FUSION IP-Phone SMARTを試す その2
http://blog.minawa.net/2012/05/fusion-ip-phone-smart-2.html

BLOG.MINAWA.NET: FUSION IP-Phone SMARTを試す その3
http://blog.minawa.net/2012/05/fusion-ip-phone-smart-3.html

BLOG.MINAWA.NET: FUSION IP-Phone SMARTを試す その4
http://blog.minawa.net/2012/05/fusion-ip-phone-smart-4.html