ページ

2013年9月26日木曜日

SteamBox って結局?

さてさて、今日も妄想全開で頑張ろうと思います。何と言っても、後3時間くらい(現在、25日の夜11時)で、Valveの「2つ目」の発表が控えてますからね。一体何なのでしょうか:-) 大方の予想では、やはり「SteamBox」なのではないかと……。自分もそう思いますし。という事で、勝手にSteamBoxについて妄想したいと思います……。

ぶっちゃけ、「何で作るの?」って事ですよね……。えぇ、「NVIDIA」か「AMD」か……。大穴で「INTEL」? この前も書きましたが、ハードウェア「だけ」を見れば、AMD、というか「APU」一択だと思います。PS4もXBONEもAPUですしね。ただ、ドライバーの出来や政治的? な理由でNVIDIAなのかもなぁと漠然と思っていました。まぁNVIDIAだけでは「GPU」はともかく、「x86」の「CPU」を用意出来ないので、INTELのCPUもって事になるのでしょうけど……。

実際、ツイッターでこんな発言が話題になっています。

代表的なゲームエンジンである「Unreal Engine」の偉い人が、「NVIDIAが作ったトンデモナイもの見せてもらったよ。GPUじゃないけどゲーマーが喜びそうなヤツ(意訳)」。うーん、確かに気になる情報です……。ただ何となくお茶を濁されているような、いないような……。と思っていたら、今度はこんなツイートが……。

これは……。「AMDが今日、Linuxユーザーとゲーム開発者をハッピーにさせる発表をするよ!(意訳)」。正直、Chris Pirillo氏の事は全く知らなかったのですが、かなり有名なジャーナリスト? みたいですね。そんな人がこんな事言ったら……。もう確定してるようなモノじゃないですかね……。

まぁ別にAMD一社からSteamBoxが出るとは誰も言ってないので、NVIDIAもINTELも、もしかしたらVIA!からも……。いや、流石にそれはないかな:-( でも、NVIDIAは以前、ValveがSource EngineをどうLinuxへ移植したのかっていう発表をValveとNVIDIA共同で行った事があるくらいなんで、絶対に一枚絡んでるとは思うのですけどね。例の「togl」の解説です。

何だかんだ言って、AMDとNVIDIAの協力は絶対に欠かせない部分なので、両者とも協力を取り付けているのならば、SteamOSとしては、ひとまず成功と言えるのかもしれませんね:-) まぁあと2時間ちょいで判明する事ではありますけど……。とか言って、SteamBoxの発表じゃなかったらズッコケそうですが。

あぁ、そうだ。何故か今日になって、NVIDIAが「Nouveau」(NVIDIAのGPUドライバーのオープンソース実装)に、GPUのドキュメントの一部を開示しても良いと通達してきたみたいですね。この件で以前、リーナスさん(Linuxの偉い人)に「ファ○ク・ユー!」されちゃった事もあったもんですが……。一体何故このタイミングで?

#YouTube
▶ Linus Torvalds - Nvidia F_ck You! - YouTube
http://youtu.be/IVpOyKCNZYw



#外部リンク
2014年、Steam の世界が広がります
http://store.steampowered.com/livingroom/?l=japanese

4Gamer.net ― ValveはなぜSource EngineをLinux+OpenGL環境へ移植したのか。GTC 2013のValveセッションレポート
http://www.4gamer.net/games/107/G010729/20130322107/

Porting Source to Linux - Porting Source to Linux.pdf PDFの為、閲覧注意
https://developer.nvidia.com/sites/default/files/akamai/gamedev/docs/Porting%20Source%20to%20Linux.pdf

Nvidia seeks peace with Linux, pledges help on open source driver (Updated) | Ars Technica
http://arstechnica.com/information-technology/2013/09/nvidia-seeks-peace-with-linux-pledges-help-on-open-source-driver/

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: リーナス氏がNVIDIAに宣戦布告?
http://blog.minawa.net/2012/06/nvidia.html

0 件のコメント:

コメントを投稿