ページ

2013年9月25日水曜日

SteamOS 発表!

いやぁ、昨日は怒涛の妄想ラッシュで自分でも呆れるくらい毒電波を垂れ流してしまいましたが、やっぱり発表されましたね! その名も「SteamOS」。具体的な内容はまだ判りませんが「Linux」ベースである事だけははっきりしました:-)

現在、明らかにされている内容から判る事は明確に「リビングルーム」向けって言う事ですね。普通に考えれば、大画面テレビに繋ぐ為に最適化されたUI、つまり「ビッグピクチャーモード」か、それに準ずるような既存のゲーム
機、セットトップボックスに似た操作感のUIって事になりますかね。どうしてもPCスタイルのゲームをやりたいって時にオプションで従来のクライアントのUIも選択出来るかってのが個人的に気になる所ですが……。

他に気になる特徴としては、ゲーム以外のコンテンツ、音楽や映画も取り扱うらしいですね。まぁこれは想定内ではありましたけど。それらを視聴する為のソフトが専用アプリなのか、あるいはChromiumのようなウェブブラウザー内なのかってのが多少気になる所ですかね。

話によると、既に「Spotify」は確定しているそうですが、何と言っても「Netflix」ですね。日本だと、あまり知名度はありませんが、米国だとダントツ一位の人気ですし。Netflixは「Chromebook」でもFlashと同じような待遇で特別なプラグインが用意されているくらい重要度が高いサービスですからね。

変更されていなければ、SteamクライアントもCEFというChrome(Chromium)の亜種? を使用しているので、ウェブブラウザーとしては似たような事が出来る? と個人的には思っているのですが、実際はどうなのかわかりません……。もし出来るのなら、様々なウェブアプリにも対応し易いでしょうから、意外と面白くなりそうではあります。例えばウェブアプリのゲームとか……。

一番驚いたのは「ホームストリーミング」ですね。Steam公式のアナウンスでは以下のように書かれています。
お持ちの Windows や Mac ゲームの全てを SteamOS マシーンでプレイできます。今まで通りにコンピュータを起動してSteam を実行すれば、家庭内ネットワークを経由してSteamOS マシーンでストリーム可能になり、これらのゲームをテレビでお楽しみいただけます!
うーん、これって家庭内「GAIKAI」みたいな事なんですかね? もしくはPS4の「リモートプレイ」的な? SteamOS側がクライアントになるって事は、既存のWin/MacのSteamクライアントを立ち上げてサーバー的に使うって事なんでしょうかね? PS4やWii Uのように、元から織り込み済みのハードウェアならともかく、性能もマチマチなPC用Steamクライアントじゃ、ハイスペックなPCじゃないと結構厳しい気がするんですけど……。てか、そこまでハイスペックなPCがあるなら、わざわざ貧弱? なSteamOS機なんか要らない気もしますが:-( まぁ出来ないよりは出来た方がいいですけどね。

個人的には、このホームストリーミングってのがキーワードな気がします。うろ覚えですが、元々の「SteamBox」構想って、据え置き型の「Bigfoot」とモバイル型? の「Littlefoot」の2つだった気がします。Littlefootってのは、情報が錯綜していて、一説には「ウェアラブルコンピュータ」なんじゃないかとも言われていましたしね。個人的には単なる携帯型ゲーム機? かスマホ、タブレット型なんじゃないかと思いますが……。ちなみにビッグピクチャーモードは「Tenfoot」らしいです。

まぁ簡単に言っちゃえば、PS4におけるPSPみたいな位置づけなんじゃないのかなぁと。実際、前述したリモートプレイとホームストリーミングって被ってそうですし。って、ここまで書いて思ったのですが、やっぱりSteamBoxのパートナーって「NVIDIA」なのかもしれませんねぇ。

昨日書いたNVIDIAのAndroidベースの携帯ゲーム機「SHIELD」や7インチタブレット「Tegra Note」っていうドンピシャなアイテム出してますし、特にSHIELDの方はクラウドゲーミングサービス「GRID」のデモ機でもありましたし。GRIDの真の力はGAIKAIのようなクラウドサービス向けですが、下のリンク先を見るとPCを母艦にしてH.264によるストリーミングプレイもデモしてたらしいですし……。

今はまだホームストリーミングですが、将来的にはPS4のGAIKAIのように、ある程度以上のパワーが必要なゲームや、どうしてもWindows専用しか用意出来ない大作や古いゲームなどの互換性維持にクラウドサービスとして使いたいのかも……。SteamBoxのメインターゲット的には、超弩級なゲーミングPCってのは意識してなさそうですし、昨日書いたようにSDL2.0のような性能よりも移植性を念頭に置いたライブラリーを使う方針なら、将来的にはNVIDIAが目指しているARMベースの高性能SoCに切り替える事も比較点簡単でしょうし……。

以前、Amazonが高性能コンピューティング (HPC)のウェブサービス向けに、NVIDIAのサーバーを大量に導入したらしいって話をどこかのウェブサイトで見た気がするんですが、ソースを失念してしまいました……。確かかなり安く買えたとかなんとか……。Valveも似たような条件で導入出来たらNVIDIA GRIDは結構有効な武器になりそうな気がします。まぁ今直ぐって訳にはいかないでしょうが……。

クラウドからのゲームストリーミングが出来ればリビング向けの機器は、そこそこの性能でネイティブは軽めのクロスプラットフォーム向けゲームが動けば良いって割り切りが出来るかもしれませんしね。超大作や古いWindowsゲーがやりたければ、有料? で、ストリーミングでって流れで……。

まぁ何にせよ、明日発表されるかもしれないSteamBox次第ってところですかねぇ。特に何処のチップメーカーと組んだのかって事でその後の話が変わってきそうです。てか、全然別の発表だったり?

#追記
しつこいですが、今考えても「SteamOS」って自分が以前妄想してた内容とソックリなんだよなぁ。最初に書いたの「2010年3月」ですよ? 別に何処かみてパクった訳でもないし……。自分でもビックリしますね。

#外部リンク
クラウドゲーミング – Gaming as a Service (GaaS) | NVIDIA GRID | NVIDIA
http://www.nvidia.co.jp/object/cloud-gaming-jp.html

【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】 ゲーム機に挑戦するNVIDIAのGPU仮想化
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20120529_536151.html

E3 2013: Project SHIELDにGRIDサーバ、万全の体制で挑むNVIDIAのゲームソリューションをチェック | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト
http://www.gamespark.jp/article/2013/06/16/41505.html

Netflix - Watch TV Shows Online, Watch Movies Online
https://signup.netflix.com/global

Music for every moment - Spotify
https://www.spotify.com/int/

Netflix の映画を視聴する - Chrome OS ヘルプ
https://support.google.com/chromebook/answer/1401467?hl=ja

#内部リンク
BLOG.MINAWA.NET: Steam & Source on the Linuxの可能性 #05
http://blog.minawa.net/2010/03/steam-source-on-linux-05.html

BLOG.MINAWA.NET: Steam Box の謎 その4
http://blog.minawa.net/2012/03/steam-box-4.html

0 件のコメント:

コメントを投稿