ページ

2013年10月7日月曜日

Steam Machines のスペック公開

先週、怒涛のように発表されたValveの3つのアナウンスですが、結局3つ目の話題は「Steam Controller」でしたね。Valveが何らかのコントローラーを開発していたのは既に漏れ伝わっていたので、特に驚きはしなかったのですが、まさかあのようなキテレツなコントローラーだとは思いませんでしたね:-)

冷静に考えれば、Steamで既にデフォルトのコントローラーとなっている「XBOX360コントローラー」が比較点安価で入手出来ますし、今更Valveが似たような安価な代替品を用意するまでもなく、ロジクール(ロジテック)がXbox360コントローラー互換の製品を発売していますからね。どうしてもというなら、このコントローラー「F710 Wireless Gamepad」「F310 Gamepad」を推奨品に認定すれば済む話ですし。コントローラーについては、また後日妄想を書こうかなと思っているので、今回は省略しときます。

今日の話題は、Steam Machines のスペックについてです。あくまで「プロトタイプ」ですが、ValveのSteam Machinesのスペックが公開されたようです。一応以下のような感じみたいですね。
CPU:Core i7-4770、或いはCore i5-4570、Core i3の何れかを搭載
GPU:Nvidia Titan、或いはGTX780、GTX760、GTX660の何れかを搭載
メモリ:16GB DDR3-1600(CPU)、3GB DDR5 (GPU)
ストレージ:1TB / 8GBのハイブリッドSSHD
電源:450W/80Plus Goldの電源を内部に搭載
サイズ:およそ12インチx12.4インチx2.9インチ(約30.5cm x 31.5cm x 7.4cm)
うーん、事前の予想と合ってるような合ってないような:-( この前のリーク? であった「AMD」製CPUというのはガセだったみたいですね。まぁ流石にアレはどうかなって思ってましたけど。ただ、インテル製のCPUになるにしても上位クラスのi7、i5、i3ってのは少々驚きましたね。もしあるとしたら、比較的安価な「Pentium Dual-Core」辺りがギリギリかなって思っていたので……。

それより驚いたのがGPUですね。まさか「Titan」まで載せてくるとは……。ご存じない方も多いと思いますが、ある意味NVIDIAの最上位機種で小売価格が「999ドル」という驚きのお値段です。他のGPUもGTX780、GTX760、GTX660とハイからミドルと言った感じで「リビングルーム」向けにしては、比較的重量級なGPUですね……。

まぁ例の「ホームストリーミング」機能がNVIDIAの技術「NVENC」を使用したモノならば、対応GPUもそれなり(650以上?)のクラスが必要らしいので、GTX660辺りというのは現実的なのかなとは思いますが……。それでも、小売価格で2万円はしますし、そう安価なGPUじゃないと思いますけど……。メモリ16GBと1TB / 8GBのハイブリッドSSHDも小売価格なら結構しますしね。電源が450Wというのも、80PlusのGoldとはいえ、TitanやGTX780クラスでは厳しい気がしますし。

比較対象として合っているのか判りませんが、一説によるとPS4のAPUのコストは「60-100ドル」らしいです。まぁ本当に噂レベルではありますが……。ちなみに「PS3はCellが89ドルでRSXが129ドル、360がXCPUが105ドルでXGPUが140ドル」なんて話もありますが、こちらも真偽は不明です。とはいえ、同じ「x86」アーキテクチャでも、AMD一社でCPUとGPUをワンチップ化で用意出来る「APU」と、ただの汎用品の寄せ集め? であるSteam Machinesでは製造コストに雲泥の差があるのは間違い無いと思います。

何となくNVIDIAは積極的な印象を受けますが、インテルに関してはあんまり積極的でも無さそう? これがARMと競合しているモバイル向けのCPUなら、もう少し愛想も良いのでしょうが、普通に売れているデスクトップ向けだと、ちょっと厳しそうですしね……。あくまで私見ではありますが。

何か本当に汎用品で作ったValve印の「ゲーミングPC」って感じですが、一応ケースは独自仕様らしい? 後でケースのデザインをCADファイルで公開するって書いてありますね。というか、ここまでValveのアナウンスを読まないで適当に書いてきたのですが、流し読みしてみた感じ、今回は「ハイエンドユーザー」向けに「汎用品」を使って「リビングルーム」に置いても違和感の無いような「小型のデザイン」を模索する為のプロトタイプらしいです。

なので、敢えて一般人が入手し易い汎用品のPCパーツを使っているみたいですね。後で自分でパーツ(マザーボードさえ)を変更出来る事を想定しているらしいです。今回の目的は、そういった汎用品で作った「ゴツい」PCを、如何にリビングルームに置いても問題の無いレベルでコンパクトに出来るかというのを念頭に置いた筐体作りが課題みたい? だから敢えて450Wの電源にしたんですかね? まぁそれでもTitanは厳しい気がしますが:-(

私の予想では、今回のような「上限」を決める事より、最低限の「下限」を決めるのが「Steam Machines」の役割だと思っていたので、今回のプロトタイプは少し残念な感じですね……。まぁ今回のプロトタイプは、あくまでSteam Machinesの一部に過ぎないらしいので、私が予想したような目的のSteam Machinesも、いずれは公開されるのかもしれませんが……。とにかく詳細を待ちたいと思います。

#外部リンク
Steam コミュニティ :: グループ :: Steam Universe
http://steamcommunity.com/groups/steamuniverse#announcements/detail/2145128928746175450

[Phoronix] Steam Machines Prototypes: Intel CPU, NVIDIA GPU
http://www.phoronix.com/scan.php?page=news_item&px=MTQ3NzQ

Valveがベータ配布を予定している「Steam Machine」プロトタイプのスペックを発表 « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト
http://doope.jp/2013/1029982.html

Steam Controller
http://store.steampowered.com/livingroom/SteamController/

Valveが斬新なデザインのコントローラ「Steam Controller」を発表。2つのトラックパッドとタッチスクリーンで,あらゆるジャンルのゲーム操作を実現 - 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/038/G003821/20130928002/

F310 Gamepad
http://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/product/f310-gamepad

The AMD's Cafe:PS4とXbox One向けSoCは$60~100,Xbox Oneだけで30億ドル以上に値? - livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/amd646464/archives/52357736.html

■■速報@保管庫(Alt)■■ : [PS4/Xone]次世代機のAPU一個あたりのコストは60-100ドルで、PS3/360立ち上げ時よりは大幅に安く上がる?
http://blog.hokanko-alt.com/archives/28723681.html

0 件のコメント:

コメントを投稿